8歳9ヶ月 読書記録(和書)

久しぶりに娘が読んでいる和書を紹介したいと思います。


1年前の読書記録(和書)はこちら♪
7歳9ヶ月 読書記録(和書)


最近は学校の図書室を利用することも増えてきました。
いま読んでいる本はこの辺り。



春頃から毎日1〜2分ですがその日読んでいる和書を音読してもらっています。


早く終わらせようと早口で読みつつも登場人物によって声を変えたりしていて、聞いていると面白いです!


洋書と比べると和書は少し遅れている感じもしますが、特に洋書の方が読みやすいということはないようなので、この調子で洋書も和書も楽しんでくれたらいいなと思っています。

ボキャブラリー強化(聴覚タイプ)

数週間前から娘がハマっているのがPercy Jackson


、、、の朗読CDを聞くこと(笑)



※10時間で1600円だなんてお得♪



Percy Jacksonは、表紙が男の子っぽいんですよね。


嫌がるかな?と思い、本を見せる前に朗読CDを聞かせたら、先入観なくハマりました。


もう、すっごい面白いみたいです!


あまりにもハマって「お風呂の時間も聞いていたい!」と言いだし、


防水対応のワイヤレスポータブルスピーカーをお風呂場に持ち込んでまで聞いています。






娘にいろいろなジャンルの本を勧める理由は、ボキャブラリー強化のためでもあります。


ただ、1つだけ気になっていることが。。。


それは、周りのお友達と同じレベルの本を読んでいるにも関わらず、娘の語彙が乏しいこと。


どちらかというと、娘の方が量は読んでいると思うのですが、読んている割にはボキャブラリーが定着しません。


そういえば、周りのお友達は視覚タイプの子が多いけど、娘は聴覚タイプなんですよね。


もしかしたら、耳からの方がボキャブラリーが定着するかもしれない!


なので、試しにPercy Jacksonはこのまま朗読CDを聞き続けようかなと思います。


ちなみに、ハリーポッターは現在5巻目。


ハリーポッターがある程度楽しめるようになったらPercy Jacksonもいけますよん♪

そろそろ通塾します

夏から少しずつ娘と塾巡りをしています。


入塾テストを受けたり、模試を受けたり、体験授業を受けたり。


ある先生から


「どの塾も体験授業は上手いので、大抵は初めに行った塾を子供が気に入ってしまうことが多いです。なので初めから親が子供に合っていそうな塾に連れて行ってあげることをおすすめします。塾の特徴と子供の性格を考えて選ぶのがポイントです。」


とアドバイスをいただいたので、下調べをしてからまず近所の大手塾Aに連れて行きました。


いくつか模試を受けた中でその大手塾Aの結果が飛び抜けて良く、塾の方針が娘にあっているのかな?と思ったからです。


ところが娘はあまりピンとこなかったようで「わたし、この塾だと頑張れない。」と、体験もせずに帰ってきてしまいました。。。


その後更に隣駅にも範囲を広げていくつか回ってみたところ、


突然、娘が「ここに通いたい!ぜったいここ!!」と言う塾が現れました。


決め手は子供達と先生が醸し出すクラスの雰囲気だそう。


先生曰く、賢い男の子が何人かいて、その子達がいるととても活気のある授業になるらしい。


こちらの塾で評価が高いのは算数の授業なのですが、娘は国語が特に楽しかったようです。


え?これが勉強?ってくらい楽しかった!みんなでテキストについてずっとおしゃべりしてただけだけど、先生が一緒にふざけながらも上手く導いてくれた感じ!!こんなに楽しくて良いのかな〜〜♡


と言って教室から出てきましたから(笑)


あと、いろいろ回っている中で同じ学校のお友達がいない塾の方が、学校も塾も両方楽しめる!と感じたようで、徒歩圏内ではなく隣駅の塾というのも決め手になったようですね。


娘は今すぐにでも入塾したいようですが、主人から「塾は今通っている体操教室での目標が達成できてからにしなさい。」と言われたようなので、


それらがクリアになってからの通塾となりそうです。


ということで!!


今は逆上がりとクロール、頑張っています^^

アイドルは諦めたようです

つい数ヶ月前、主人が寝ている娘の隣で添い寝しながら


この子には辛い思いさせられないよ!やっぱりアイドルは無理だ!ね〜〜。


と話しかけているではありませんか。


あんなにアイドルアイドル言っていたのに、やっと気づいたか!と思ったら


どうやら、もも○ロのコンサートの舞台裏?の映像を見て、アイドルが影で大変な努力をしているってことに気づき、、、


それを見たら辛くなって泣いてしまったようなんです(笑)


(ど ん び き!)


そして、慌てて娘の隣で添い寝して先ほどのセリフを言い出した、というわけでした。


---


そんなに娘が可愛いなら、ヤングアメリカンズでソロをもらった娘の姿はそれはそれは喜ぶだろうと思っていたのですが、


会場に入ったなり


・・・何この空気?え?これ何の集まりなの?なんか、なんか変な空気流れてる!


と、「し〜〜〜〜〜っ!!!!!」って言いたくなるようなセリフを連発する主人。


ショーで娘が30秒歌を歌い終わったあとも(ちびっこがもらえる歌のソロにしては少し長かったんですヨ)、


あ、、、もしかして終わり?おれ、これ見にきてた?


もっと他に言うことありますよね?見るとこ、そこじゃないですよね??


なんだかな〜〜お友達に聞いていた他のパパ達の反応との違いにびっくりです。


---


今日も主人は朝からご機嫌でした。


いま俺、こんなデカイ仕事してるんだっ!!」と言うので


「へー、、、すごいね。どんな内容?」と家事をしながら半分上の空で返事をすると、


じゃぁ、コーヒーでも飲みながら詳しく説明しよっかなっ!!」と、コーヒーを準備する羽目に。。。


(主人が家を出たら速攻お昼寝する予定だったのに・・・)


1時間ベラベラ話し続け、先ほどウキウキで出かけていきました。


うん、もうね、他のお家のご主人が素晴らしく見えて仕方がないけれど、自分の仕事を楽しく頑張ってくれたらそれでいいですよ。


主人にも娘にも求めすぎてはいけませんね。

成績の動き

3月から本格的に受験を意識して家庭学習を進めてきました。


さて、そろそろ半年が経とうとしていますが、娘の学力はどう変化していったのでしょうか。


あまり個人が特定されるようなことは書きたくないのでぼんやりした表現になってしまいますが、


まず今年3月に受けた模試では、なんと!!!偏差値の十の位に3と4がちらつく、驚愕の偏差値をとってきた娘(笑)


もー、びっくりしました。


今までそれなりに算数も国語も取り組んできたつもりだったので、落ち込みました(わたしが)。


そこからなんとか体制を立て直し、1からやり直す決意をしたのですが、


6月に受けた同じ塾の模試ではやっと偏差値の十の位に5の数字がつくように!


低レベルな話ですみません。。。


そして更に3ヶ月後の9月。


偏差値の十の位に(しつこい?)やっと6がつくようになりました。


3月の偏差値は、テスト慣れしていなかったから点が取れなかったとは、わたしは思いません。


ただ、わたしも娘も意識がかなり低かったですね。


まぁ、なんとかなるでしょう、という気持ちがどこかであったので。


漢字や計算、一行問題などの基礎をボロボロ取りこぼしているのに、それでも大丈夫だと思ってました。


娘の家庭教師の先生には


受験までの間に多くの経験をしてくださいね。そして、何度もどん底を見ておいてください。もちろん、本番前に。そのかわり、本番でしっかり合格しましょう。


と言われています。


どん底かぁ。


いま、わたしたちはどの辺りにいるのでしょう?



プロフィール

ルロ

Author:ルロ
9歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク