FC2ブログ

経験を積む

この夏、娘はいろいろなことにチャレンジしました。


まず1つ目は「ヤングアメリカンズ」。

ヤングアメリカンズでダンスや歌のソロを勝ち取るには、自らキャストにアピールしなければなりません。


100人近くいる同年代の知らない子達の前で、自分から挙手をしてダンスを踊り、アカペラで歌を歌う。


その勇気が認められるとソロをもらうことができるんですね。


そんな厳しい世界だったとは知らず、「英語が話せたら楽しめるかな?」と軽い気持ちで送り出したのですが、


娘は引っ込み思案なので英語が話せることを上手にアピールできるわけもなく、、、


でも「人に認めてもらうには自分から行動しないとだめだ!」と、緊張しながらもしっかりアピールして歌のソロを2回も貰っていました。


ちなみに、Taylor Swift の「22」や「Shake It Off」を歌ったようです。Shake It Offのラップ部分でキャストも大盛り上がりだったとか♪


キャストは「みんなの前で歌ったり踊ったりしたらソロをあげるわ!」とは言いません。


あくまでも「ねぇ、みんなの前で歌ってみたい子いる?踊ってみない?みんなに自分の歌や踊りを披露しようよ!!!」と呼びかけるだけ。


その呼びかけで、自信のある子がどんどん前に出て踊ったり歌ったりするんです。


その様子を実はキャストはしっかり見ていて、リハーサル中に自分が気に入った子をこっそり舞台袖に連れ出し、ソロの個別指導をしてくれます。


いやー、これ、娘にしてはものすごく頑張ったと思います。


学校では本ばかり読んでいるような奥手な子ですし、英語が話せることをキャストが知ったのは役に選ばれた後だったようですから、武器の英語は使わずに頑張ったのだなぁと感心しました。




もう1つ、娘にとって大きなチャレンジだったのが「英語のスピーチ」。


実は夏休み中、数十名の中から選ばれ、近所の小さな野外ステージでスピーチする機会をいただきました。


調べたいことに対して日本には資料がなかったので、イギリスから本を取り寄せ、自分で本を読んだりネットで調べたりしながら情報収集して原稿を書き上げました。


自分でTEDを見ながら観客への質問を取り入れてみたり、ジョークを入れたりして出来上がった娘のスピーチ。


娘が動画を撮って練習していたので見せてもらったら、普段の娘の言葉で語られたすごく自然で可愛いスピーチだったんですよね〜。


そこに大人の手を加えてしまったら台無しにしてしまう気がして、今回はわたしも英語の先生もノータッチで静かに見守ることにしました。


当日、スピーチの大まかな流れを崩さなければ、あとは自由にその場で思ったことを話していいんだよ!と伝えて送り出しました。


小さな小さなステージでしたが、何の縛りもなく自由にやらせていただけて、本当に楽しかったです!


これをきっかけに、ただ英語が話せる、書ける、読めるところからどんどん自分の世界を広げていって欲しいです。


--


いろいろ経験しても、上手くいくこともあれば、思い通りには進まないこともある。


どちらかというと、娘は最初は悔し泣きすることが多いかな。


そこから歯を食いしばって這い上がるタイプ。


今まで見てきて思ったのは、本番で確実に力が出せる人というのは、事前にできる限りの努力や準備をしているものです。


下調べから始まり、練習時間、メンタルの持っていき方、全てが周りとは桁違い。


だから、本人達からしたら上手くできて当たり前なんですよね。


歌やダンスのオーディションなんかは、その場で相手が何を求めているのか瞬時に判断してそれを表現しなければならないのだけど、


しっかり練習を積んでいる人はそれを掴むのもめちゃくちゃうまい。


そういう方々をみて「あぁ、ここまでやっている人がいんだ!わたしはまだ努力が足りなかったな。」と学ぶことがたくさんあるし、その方達の努力はとても美しく感じます。


ただ、それは同じように努力してきた人だけが感じることができるもの、、、


娘にも、まずは日々目標に向かって努力をするのは大前提で、何事にも挑戦してみる勇気、更に本番に自分の力を発揮できるメンタルの強さや自分の心の持っていき方を身につけて欲しいなと思い、この夏はいろいろな場を作ってみました。


小さい頃からいろいろな体験をさせているつもりですが、


娘には成功と失敗、どちらにしても「あの時、経験しておいて良かったね!あれから更に成長できたし、思い返せばいい思い出だよね!」と、


最後は必ずそう思える経験にしてあげたいと思っています。


そして、その経験を必ずまたどこかへ繋げていきたいです。

関連記事
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
9歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク