FC2ブログ

大量計算の弊害?

よく計算プリントをやる必要はない!という声を聞きます。
計算プリントばかりやっている子は文章問題が苦手だ、とか。


娘はいま、1桁の足し算プリントを毎日やっています。その日の調子を見ながら100〜500問。


毎日同じ足し算プリントです。


タイムは100問で1分30秒。
もう少ししたら、あと10秒くらいはタイムが縮まるのではないかな?と予想しています。


さて、大量計算ってどのくらいの量を言うのかわかりませんが、娘は足し算プリントを100〜500問やってから、


更に2〜3年生で習う範囲の計算を5〜6枚やっています。掛け算や割り算の筆算、時間や重さの計算などです。


更にそのあと、トップクラス問題集や最レベなどの問題を解いています。


わたしが思うに、最近は結構計算に取り組んでいる方だと思うのですが、どうでしょうか?


弊害とか出てくるのかな??


-----


いろいろ試してみて思ったのは、計算って思っている以上に奥が深くて、観察しているといろいろなことが見えてくるなぁということです。


まずタイムを計って計算をすると、今まで気づかなかった娘の躓きポイントが見つかるんですよね!


足し算でも掛け算でも、ゆっくりやればできるけどタイムを計って負荷をかけると見えてくる苦手な部分があるんです。


それに、計算を必死にやっている姿を見ていると、ただ暗記してパッパと答えが出てくるというよりは、ものすごい高速で頭を回転させ、答えをだしているのがわかります。


6+7を見たら「5(と)5(で)10。1(と)2(は)3。(答えは)13」を超高速で!


これはすごい頭の体操だなと思います。
なので、算数を勉強する前にこの準備体操をすると集中力が増す気がします。


足し算プリントをやって、その他の計算プリントもやって、更に算数の問題集をやって、、、と言うとすごい時間をかけてやっているように聞こえますが、


計算が速くできるようになると、これらの量をそんなに時間をかけずに終わらせることができるようになるんです。


毎日こなせる量がグンと増えるんですよね。


大量計算の弊害でよく耳にする「計算ばかりやっている子は文章問題が苦手だ」というのは、確かにそうだろうなーとは思います!


「計算だけ」で今日も算数がんばりました!って気になっていたら、それは、、、確かに文章問題などは苦手になるんじゃないかなー、、、と。


だから、計算だけじゃなく、他も程よく取り組んだらいいんじゃないでしょうか。


計算=弊害ではなくて、計算だけっていうのが問題なのかも?


----


計算ともっと上手に付き合っていけたらいいですよね〜。


計算をやるなら、まずはタイムを計って普段は見えてこない苦手箇所を見つける。


そして、速く正確に解けるようにする。


タイムが上がり毎回100点が取れるようになると、子供も算数に自信がもてるようになる。(実際は計算だけでは算数得意とは言えませんが、その気持ちが大事)


速く正確に、が身につくと同じ時間でその他の算数の問題をこなす余裕が出てくる。


そして、計算が完全になると模試でも文章問題にじっくり時間がつかえるようになる。


--


計算ができるようになるとメリットがたくさんあります。


でも、計算だけでその日を終わりにしていたらダメだなーって思いました。


もちろん、少し前の娘のように計算をサボって文章問題だけをやっていてもダメですねぇ。


だから、計算も文章問題も満遍なく、毎日回すっていうのが一番いいんだろうなと思います。


それには計算がパッパとできないと時間が足りなくなるので、やっぱり計算は大事ですよね♬
関連記事
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
9歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク