FC2ブログ

攻略法(主人編)

主人ネタがたまっていたので連続で失礼します。


娘と家庭学習をしている間に主人が帰宅するといろいろ大変です。


きっと、他のお宅も同じですよね?


あと30分で終わりそうなのに〜。今日はここまでか、、、。と、主人には申し訳ないけど少しがっかり。


我が家の主人は基本オレを見て!ってタイプなので、娘の勉強には無関心なんです。(娘のことは大好きです)


先日も、、、





「あ〜今日も疲れた〜〜!すげー大変だった〜〜!」



本当は「どうしたの?」って自分の話を聞いて欲しいのだと思うけど、娘の勉強を見ている時は聞こえないフリ(笑)


構ってもらえない主人は、


「ちょっと、ちょっとごめんね〜、パパ、ピアノ弾くね〜!」


、、、と、娘が勉強しているリビングにあるピアノを弾き始めようとするので、


「はい!◯◯さーん、いま、わたしと娘は何をしているのでしょーかっ!」



◯◯さーん、なんて普段は呼びませんが、「さん」付けで呼ぶことでその後の言葉が柔らかく聞こえます!そして、静かにしてよ!と言うのではなく、クイズ形式にすることで今どうするべき状況なのか本人に考えさせます。



みなさんも、今日からやってみましょう!結構言うことを聞いてくれるかも?!あ、もう一度言いますが、これ全部主人との会話です(笑)


ここで娘が



「パパ、ピアノ弾いていいよ。大丈夫だよ!」



「やさしい〜〜!ありがと〜〜!じゃぁヘッドホンして弾くね〜♫」



カタカタ、カタカタ、カタカタカタカタ、、、



ヘッドホンしていても鍵盤を叩く音が う・る・さ・い!!



そしてしばらくすると



「ねぇ!聞いて!オレ、すっごい上手くなった!」



いま、娘が計算問題のどこで躓いているのか分析しているんですけど、、、仕方がない、、、



「うん、でもちょっと待ってて。」



「・・・・・・」



カタカタ、カタカタ、カタカタカタカタ、、、ピアノの演奏は続く。



「ねぇ、ちょっとだけ聞いて。ほらヘッドホンで!どーぞ!」



と、わたしに勝手にヘッドホンを付けてピアノを披露する主人。



もー、いいやと諦めて



「ほんとだ、上手くなったね!」



と、セリフ棒読み状態で褒め言葉を絞り出すわたし。



「でしょ?あ、まって。オレも聴きたくなってきちゃった!ちょっとヘッドホン外して。」



何をするのかと思ったら、わたしからヘッドホンを奪い取り、ヘッドホンから音が漏れるくらい大音量でピアノを弾き始める主人。



ほら、これでみんなで聞けるでしょ?って顔して、なんとも気持ちよさそうに演奏していましたが、



ん??、、、ヘッドホンは何のために付けたんでしたっけね??◯◯さん??



はい、ここで娘のプリントが終了。
あとは答え合わせですが、さぁ、少しは主人にも子育てに参加してもらいましょーか。



上司と部下って設定で(?)主人の肩をちょっと強めに「ぽんっ」と叩き、



「わたしたち風呂入ってくるから、あとやっとけよっ!答え合わせ!できるよね?!」



ちょっと乱暴な言葉使いですが、この言葉の使い分けが飴と鞭なのか??
主人は「ふふふふー」と嬉しそうに答え合わせをやってくれます(笑)



言うべきことはしっかり伝える。でもユーモアたっぷりに、がポイントです♬



ぜひお試しくださいね〜〜!
関連記事
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
9歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク