FC2ブログ

計算、基礎からやり直し(1ヶ月後)

先月から計算を基礎からやり直している娘。(関連記事→計算、基礎からやり直し


就学前のお子さんたちが使うレベルのテキストを使用して再スタートを切ったのですが、その後の経過をご報告したいと思います。


(使用したテキスト)

プレ百ます計算
天才脳ドリル数量感覚
計算基本トレーニング(12級)


(やったこと)
計算が遅い理由を突き止める。
効率の良い計算法を身につける。
※最初は1日200〜300問、慣れてきたら1日500〜1000問


--



例えば繰り上がり。
5+8を計算するには
①8はあと2で10
②5から2をとって3
だから答えは13。

基本トレーニング 計算(12級)は単元ごとに上記のような計算の仕方が記載されていて、かつスモールステップで計算力を鍛えていけるので、娘にはぴったりのドリルでした。

娘は独自の複雑な計算の仕方をしていてそれが計算が遅くなっていた原因の1つだったのですが、娘にはどの計算方法が合っているのかタイムを計りながら試行錯誤を繰り返しました。

スラスラ問題が解けなかった単元については、コピーして何度も反復。

スラスラ解けているかどうかは「鉛筆が止まることなくスラスラ計算できているか」で判断しました。

100マス計算では何度も同じ問題をコピーして反復したのですが、同じ問題を繰り返すと当たり前ですがどんどんタイムが縮まるんですよね。

それによってモチベーションが上がる!というのが、この100マス計算の一番の効果なんじゃないかな、と思いました。自信がつく、タイムが速くなる、すると1日の計算に当てる時間も短くなり、やればやるほど楽になる。

こうなると、計算プリントをこなすことが苦ではなくなり、むしろ今日はどこまでタイムが縮まるかゲーム感覚にもなってくるんです。

何度も反復することで数字を見ればパッと答えが頭に浮かぶようになったのですが、これは暗記ではなく頭の中で高速で計算しているように思います。

この1ヶ月で足し算、引き算、掛け算、割り算はとりあえず計算ミスはなくなりました。

たかが計算、されど計算。
計算は正確さが一番ですが、スピードもとっても大事だなと思いました。

数字に触れる時間が長くなればなるほど算数脳が鍛えられる気がします。

計算って奥が深いですね。。。


関連記事
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
9歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク