FC2ブログ

先取り学習について(2)


以前、先取り学習について(1)という記事を書きました。


娘は知らないことをどんどん学ぶことより、今知っていることをじっくり考える方が得意。なので、今後も先へ先へは進まずに1つ1つの単元をしっかり習得していきたい、という内容でした。


そんなことを思いながら、3年生になってからの学習計画を立て、テキストを取り寄せているところなのですが、、、1つ大きな間違えというか、気づきがあったのでここで訂正させていただきます。



--



わたしが思う「1つ1つの単元をしっかり習得していきたい」というのは、基礎問題から難易度の高い問題までしっかり解けるようになってから次へ進みたい!という意味なんですね。


「1、2年生では基礎固めをしっかり」という気持ちが強く、1、2年生の問題であれば、たとえ難易度の高い問題であっても基礎は基礎なのだから、そこがクリアできないと次へ勧めない、なんて考えていました。


けれど、3年生のテキストの準備をしているなかで「あ、あれ?この3年生の問題、娘が今やっている1、2年生のテキストよりも簡単なんじゃないの?」なんて思うものも多々あって。。。


例えば今娘がやっている「トップクラス問題集 算数小学2年生」の難易度の高い問題は、「全国標準テスト 算数3年生」などの教科書レベルの基礎問題をやってから取り組んだ方がスラスラ解けるんですよね。
 



今更だけどやっと気が付きました。尊敬する先輩方がおっしゃっていた「難易度が高い問題にこだわるより、幅広いジャンルで基本問題が解けるようになる方が学力の向上が見込める」という意味が。。。


そうか、教科書レベルで良いからとりあえず算数に苦手意識を持たないためにも、簡単にかつ着実に解ける問題を先取りして、そのあと難易度の高いものにチャレンジしたらいいんだ!、、、と。


娘に先取りは向いていないと思ったのは、わたしが難しい問題への理解にこだわっていただけで、確実に解ける基礎問題のみを先取りするのだったら、むしろ今よりサクサク進むはず。


--


なんだかとっても気が楽になりました♫
こういう先取りなら気負いなくできそう!


ある程度先取りをしていきながら、週末などに難易度の高い問題に少しずつチャレンジしていこうかな。


3年生の家庭学習もやっと先が見えてきました〜〜!



*このブログはできるだけひっそりと続けていきたいと思っているので、コメント欄は閉じさせていただいているのですが、個人的なお付き合いのある方々からときどき「ブログ見てるよー。今回の記事よかったよー。」と個別にメールをいただくのが大きな励みになっています(笑)みなさんの顔を思い浮かべながら記事を書いています。いつもありがとうございます!
関連記事
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
9歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク