FC2ブログ

先生との面談

娘のプライベートレッスンは現在2人体制でお願いしています。


男の先生はアカデミックなレッスンが得意。1つの話を掘り下げて深く考える力をつけるレッスンをしてくれます。日記の内容、飾ってある娘の工作、ボキャブラリーカードの絵について、1つ1つ細かく「これはなに?あれはどーしてそうなったの?」と聞いてくれるので、会話も広がるしお喋り好きの娘は本当に嬉しそうです!


女の先生は処理能力がものすごく高い先生です。お願いしたことをきっちり時間内に仕上げてくれます。ササッとワークの答え合わせやボキャブラリーカード作りなどを終えて娘と遊んでくれます。粘土や工作、季節のリース作りなど、女の子ならではの遊びにも付き合ってくれて娘も大喜びです!


2人は帰国子女なので、帰国子女ならではの視点でいろいろと日本の教育に感じることがあるようです。


今日は先生と今後の娘のレッスンをどう進めていくか、小学生のうちにどんなことをやっておく必要があるか、少しお話したのでそれを記録しておこうと思います。




--




①グラマー、フォニックスについて。
今後、先生に指導いただける時間が限られているので(最長であと2年)、使用するテキストを絞らなければなりません。グラマー、フォニックスはやっておいたほうが良いのかな?とは思うのですが、グラマーは今後中学や高校でも学ぶことができるし、ある程度会話ができて本を読んでいる子だったらそのときでも十分だろう、とのこと。フォニックスは現地校でもフォニックスの授業があるわけではないから、限られた時間の中でどこまでやる必要があるのか、要検討となりました。


②ボキャブラリー強化
ボキャブラリーはコツコツ進めていくことになりました。学年があがるにつれて抽象的な意味のものが増えてきたので、現在作っている単語カード(表に絵、裏に単語)には今後例文も書くことに。

先生も帰国して英語力キープのために読書などを心がけているようですが、そのときに「???」となるのはグラマーなどではなく語彙なんだそうです。なので、まず第一に語彙を増やすことを勧められました。

また、ボキャブラリー強化のためにニュース記事を読んだり、理科や社会のテキストを使ってもいいかも、という案も出ました。読む本も物語だけではなく、サイエンスや歴史に関連するものも読むと良いかもしれない、とのこと。



③ネイティブの使う言い回しなども知っておくことが大事。
テキストに載っているような綺麗な英語だけじゃなく、ちょっと砕けたネイティブが使う言葉も知っておくと良い。テストなどでも結構出てくるがそこで他の子と差をつけられる、とのこと。

これは日本で生活している限り正直難しいですよね。映画や読書で少しはカバーできるのかな。。。



④リーディングのテキストは1学年飛ばして進める。
リーディングのテキストは、順番でいくと次はG3レベルのものに取り組む予定でしたが、少し簡単なので1つ学年を飛ばしてG4レベルのものを使用することになりました。問題文の中から答えを抜き出して書くレベルのものから、もう少し考えさせる問題にステップアップすることが狙いです。



⑤自分の意見をしっかり伝える取り組みをする。
以前、英検2級の過去問を使ってエッセイを書いたり(関連記事★)ディスカッションしたりしましましたが、そこまで難しい時事問題ではなくても、自分の意見をしっかり伝えられるような取り組みをしたらどうか、とアドバイスをいただきました。

何か意見を求められたら、yes/noか意思表示をしその理由を述べる。かつ、そこに例を付け加えるとより説得力が増すなど、ある程度テクニックがありますよね。先生方が帰国してきて、日本の学生はそこが苦手だと感じたようです。

今後はニュース記事について先生と意見交換する機会をレッスン内で作っていこうと思います。
(その後さっそく始めています。⇨News ディスカッション


⑥パソコンの操作に慣れる。
先生方が通っていたアメリカの現地校では小学生のうちにパワーポイントを使って資料を作ったり、動画や写真を使ってプレゼンしたりしていたようです。日本に帰国して、高校生でもブラインドタッチができない人がいることに驚いたと話していました。

そんな先生方はレッスン内で何かとパソコンを使うので、娘も影響されてレポートを書いたらそれをWordでまとめたり、Explain Everythingアプリで動画を作ったりして、ブラインドタッチを含めパソコン操作は随分上達しました。

パワーポイントで資料作成も、まずは紙に自分が作りたいイメージをまとめ、それを先生と一緒に形にしていく作業をしています。



---



先生方とお話ししていると新しい気づきがたくさんあります。
娘の進む中学についてもたくさんアドバイスしてくださり本当に心強いです。


関連記事
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
9歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク