7歳10ヶ月 まとめ

Webレッスン8コマ、プライベートレッスン21時間
11月からプライベートレッスンの先生が2人体制となりました。これを機にwebレッスンはしばらくお休みすることに。
当面はプライベートのみにする予定です。


プライベートレッスンでは女性の先生にはフリートーク中心のレッスン(ワークの答え合せ、ブックレポート、お話作り、調べ学習の準備、クラフト)をお願いしています。女性の先生はワークの答え合わせをしながらも、娘のおしゃべりを優しくあいづちを打ちながら聞いてくれます。会話を通してブックレポートで娘が書きたいこと、お話作りのアイディア、調べ学習でリサーチしたい事などを上手に引き出し、ライティングでは娘の書いた内容をより自然な表現に直してくれています。


男性の先生にはアカデミックなレッスン(ボキャブラリー・ライティングワークの解説部分、調べ学習の確認、お手紙交換)をお願いしています。ボキャブラリーやライティングのワークでは、しっかり集中して1つ1つ内容を理解してから次へ進む必要があるので、レッスン中は娘の集中が途切れぬよう先生も緊張感のあるレッスンを心がけてくださっているようです。


男性の先生はじっくり確認するタイプなので、今までワークの答え合わせにもとても時間をかけてくれていました。今は女性の先生(彼女)がサポートしてくれているので、「自分の教えたいことをじっくり時間をかけて教えられる!」と嬉しそう(笑)


女性の先生とはアウトプットの時間、男性の先生とはインプットの時間って感じかな。


女性の先生と会話しながら自分の考えをまとめ、男性の先生から教えてもらったライティングのルールや様々な情報を取り入れながら文章を書く。


レッスン外に本やニュースを読んだり、お友達と会話をしたりする中でも2人の先生方のレッスンが生きてきているなぁと感じることが多々あります。


それにしても、娘が何が得意で何が苦手なのか、過去の取り組みも理解した上で、娘が家で取り組んだ内容をしっかり見てくれる相手がいるというのはなんとも心強いです。理解不足の箇所は次回に持ち越して再度一緒にやり直してもらえるというのも、webレッスンだとなかなかできないのでありがたい。


先生方もいつ忙しくなるか分かりませんし、レッスンをしていただける間は家でもできる限りのことをしていきたいと思っています。



(今月使用したワーク)
Reading for the Gifted Student(Grade2) と Grammar and Puntuation(Grade3)が終了。今月から新たに下記のワーク(主にG3)に入りました。





playdate
お友達とSkypeでクラフト遊び、英語でロボットプログラミング、お友達の英会話教室のハロウィンパーティー、映画「BFG」鑑賞、31日には都内でTrick or treatingをしに行きました。

その他、娘の習い事のステージにプライベートレッスンの先生方が遊びにきてくれたり、前のプライベートレッスンの先生と恒例のランチ会、ワークが1つ終わったのでお祝いに先生とレッスン後にアイスを食べに出かけたりと、今月も皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。




国語、算数

(算数で使用したテキスト)
考える思考力GTシリーズ算数 9級(今年4月に中断したものを再開)


(国語で使用したテキスト)



映像
今月観た映画はこちらです。


邦画だとこれらを観ました。


映画「君の名は」も娘と観に行きました〜!
日本のアニメ、邦画アンチの方にもぜひ観て欲しいです(笑)



かけ流し
「スパイキッズ」をちょこっとだけ。あまり掛け流しは出来ませんでした。



ライティング 
先生と交互にお話作り、先生とお手紙交換、ブックレポート4つ、エッセイ2つ、日記をやりました。その他、いろいろ知りたいことをノートに書き出して自分でGoogleで調べてまとめる(調べ学習)、ということをやりました。


動物に関しての質問はあまりにも多かったので、10月末には先生と動物園へ行き、実際に動物を観察したり、飼育員さんや動物園の常連さんに質問したりしながら答えをまとめました。



読書
(今月読んだ洋書で面白かったもの)




(今月読んだ和書で面白かったもの)




音読
先月と変わらず、ラズキッズ(レベルO)の音読を進めています。大きな声で、ハッキリ音読するように声はかけていますが、、、あまり変化はないかなぁ。

Animal Questions

何がきっかけだったか忘れましたが(笑)、動物についてあれこれ質問してきたので「自分で調べてノートにまとめてみたら?」と提案してみました。


14650670_982146855264618_557644388900098292_n.jpg


こういうQ&Aをまとめるのが娘は大好き
変な質問もあって面白かったので、ご紹介しますね〜


ワークや宿題ではなく自由に書いているものなので、表現が不自然なものや答えが的を得ていないものもあるかもしれませんが、どうぞご了承ください。


きりんのページ
Q. (娘が考えた質問)How come it does not get eaten by predators such as lions when it has a huge and long body and yellow and brown spots?

A. (娘が調べたもの)It has a very powerful kick which can kill a lion. They are yellow and brown because they camouflages.


にわとりのページ
Q. Why does it cry with a silly voice? Nobody will wake up!

A. The internet doesn't say but I think they can't cry in another sound.


Q. Why do they have tails?

A. They help with balance while they walk or run.


さるのページ
Q. Why didn't all monkeys became humans?

A. Monkeys didn't become humans. Instead, we both evolved from a common ancestor.


Q. How do monkeys use their tails?

A. They use it's tail to climb and keeping the hands free for carrying. Some species use it for holding food items.




14563359_982146908597946_8728266912472389571_n.jpg14731232_982146948597942_4284292434057440739_n.jpg



まだまだ続きます。


「どうしてウサギの耳は長いの?」「どうして赤い目のウサギと茶色い目のウサギがいるの?」「なぜパンダは白と黒の色をしているの?」「パンダはどうして美味しいフルーツじゃなくて竹を食べるの?」


いろいろ気になるのですねぇ


答えはあったりなかったり。見つかったとしても、子供には難しいものや本当に正しい答えなのかどうか判断できないものもありました。


でも、専門家、お医者さん、動物園の飼育員さんのお話であっても、それが本当に正しいかどうかなんて、大人だって判断が難しい場合があります。


いろいろな人の意見を聞いて、最終的に何を信じるかを決めるのは自分なのですよね。


そんなことを娘と話しました。




Grade3のワークの進め方

ライティングとボキャブラリーのワークをGrade3に進めることにしました。





アメリカの学校に通っていたら2年生の娘。
Grade3のワークを見てみると、やはりGrade2のものよりは難しくなりますね。


新しくGrade3のワークに進む前にどう進めていくかを先生と話し合いました。




まずライティングのGrade3は、課題1つ1つをグッと掘り下げて取り組むことになりました。


今までは「トピックを決める」「より具体的な言葉を使って文章を作る」「詳細を書き示す」などの指示があっても、娘1人で考え、なんとなくできてしまっていました。


でも、何も考えずにただ問題を解いていただけで、本当にそれら1つ1つの課題の意味をキチンと理解し、自分のものにしていたかというと、そうではありません。


Grade3では、まず新しい課題に入る前に問題を見ながら先生としっかり話し合います。何が求められていて、何の練習をするための問題なのか、それをレッスン中にしっかり説明してもらった後、1人で問題を解きます。


理解できていなかった部分に関しては、先生からワーク外の別の課題が出され、再度別の角度から理解を深めていきます。


Grade3のワークではGrade2の復習をしつつ、しっかり娘の力になるような取り組みをしていきたいと思っています。





ボキャブラリーのGrade3では、今まで以上に「お勉強」として語彙を学ぶ努力が必要になりそうです。


Grade2では8割はすでに知っている単語だったため、単語のスペルもすぐに覚えることができたのですが、Grade3では1度先生から説明してもらっただけでは単語の意味を理解しきれないものもあるんですよね。


単語カード(表に絵、裏にスペル)作りでも、Grade3に入ってからは娘の描く単語の絵に曖昧なものが増え、そこからも単語の意味が理解できていないことが分かります。


Grade2のボキャブラリーワークは3〜4ヶ月でサラッと終わりにしてしまいましたが、Grade3はもう少しゆっくりペースで進めるつもりです。


ワークが終わる頃には単語のスペルも8割は書けるようになっていることを目標に取り組んでいきたいと思っています。



---



こういう取り組みは、プライベートレッスンの先生がいるからできること。本当にありがたいですよね。



じっくり取り組むことで、娘の日記や手紙、ブックレポートなど、ワーク以外の取り組みでも成長が見られれば、そのときこそ本当に力がついてきたと言えると思いますが、、、



気長に見守っていきたいです。


お話作り ちょっと面白い話

グラマーやリーディングのワークで「絵を見ながら話を作ってみよう」とか「この話の続きを書いてみよう」という問題があります。


今日は、ここ最近娘が作ったお話で先生ウケの良かったものをいくつかご紹介したいと思います!



問題文
Give the two characters below a name. Then write what they might be saying to each other. Be sure to use question marks.

娘の考えた回答
(猿の絵にMike、シマウマの絵にZuse という名前をつけていました)
Hi Zuse. How ya doing?" asked Mike. Zuse said,"Hi. I'm fine but the bugs think my stripes are food and they are bugging me." "Haha. That's funny! Bugs are bugging you, get it?!" Mike said. Zuse was a bit confused.



---



問題文
Write your own ending to this story.

Christopher and I were playing in his basement. It was dusty and smelled like moth balls. We were playing cops and robbers. I was the cop and had to find Christopher, who was hiding in the shadows of the basement. I could barely see, but I saw an old lamp on a table. I plugged the lamp into the wall. When the room lit up, Christopher and I were amazed at what was revealed.



娘の考えた回答(上の話の続き)
We were at a desert! Then A big camel came so we said "We are thirsty." Then the camel talked! It said "Sure. Then put a straw in my back and drink all you want!" I thought I didn't have a straw but there were two in my pocket. We drank and drank until we were tired and slept. When I woke up, we were back in the basement. But I still had the straw is my hands.





今まで娘の作るお話は単純明快なものが多かったのですが、最近の話は少し捻ったものが増えてきました。



日本語の本を読み聞かせしていても、今までにはなかった捉え方、感じ方をしているのが分かるので、それがライティングにも現れてきているのかな?



現在は先生と共同でお話を作ったり、動物に対する質問をまとめた本などを書いたりしています。また完成したら紹介したいと思います。
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク