7歳7ヶ月 まとめ

Webレッスン15コマ、プライベートレッスン10時間
Webレッスンは、疲れている日はフリートーク。何も用意しなくても適当にペラペラ話すのでスピーキング強化くらいの気持ちでやらせています(笑)

頑張れそうな日はDOGO Newsなどから記事を用意してそれを元に話してもらったり(フリートークと大して変わりませんが)、娘の日記のチェックをしてもらったり。でもニュース記事はまだ知らない単語も多く、難しいようですねぇ。


プライベートレッスンではワーク、日記のチェックと残った時間で遊んでもらっています。先月から開始したボキャブラリーのワークは、1週間に10単語ずつ進めていて、単語カード作り&スペルテストまでやっています。

あとはいつも通り、リーディングとライティングのワークのチェックをしてもらっていますが、先生、どのワークでも細かくチェックしてくれるし、ワークや日記、先生とお手紙交換している手紙などから、どんどん話を膨らませていくので、レッスン中に全てのチェックが終わらない(笑)先生が必死でチェックしているときでも全く気にせず喋り続ける娘にも原因あり。。。

ただ、ワークは答え合わせをしたら「ハイ!終わり!」じゃなくて、本当はそのあとの会話がすごく大事だなぁと思うんですよね。間違えたところの確認はもちろん、文章を読んでどんなことを考えたか、知らない土地の名前が出てきたらGoogleで画像を調べてみる、ボキャブラリーワークで習った単語を見つけてみたり、特に興味がある話題がでてきたらその後レポートを作成してみたり。

わたしが英語ができる親だったら、こんなことを一緒にやってあげたいな〜と思うことを先生がやってくださるので、本当にありがたいです。


(今月使用したワーク)
Daily 6-Trait Writing(G2)が終了しました。

次に進む前に、Evan-Moorの「Grammar and Puntuation: Grade 3」 をやることにしました。こちらはとても簡単なので復習程度にサラッと流して終わらせて、またライティングのワークに戻る予定です。





playdate
7月後半から夏休みが始まり、学校のお友達と校庭へ遊びに行ったり一緒に盆踊りに出かけたり、ときどき男の子も交えて遊んでいました。

英語のお友達とも映画を見に行ったり、実験イベントに参加したり!新潟へ引越ししてしまった仲良しのお友達とも久々の再会を果たすことができました〜!

久しぶりに会えたお友達が他にも何人かいたのですが、やっぱり直接会えると嬉しいですね!娘も嬉しいだろうけど、わたしだって嬉しい!!時間を作ってくれたお友達、本当に本当にありがとう。



国語、算数プリント
6月中旬から七田の小学生プリントはストップ。これを機会に他の問題集に取り組んでいます。

我が家は先取りはちょこっとだけです。
算数だったらもうすぐ習う「水のかさ(ml,dlなど)」と「かけ算」、国語なら漢字の読みだけ2年生の分は終わらせました。

あとは今までの復習に力をいれています。
算数は1年生のときに間違えたものをもう一度やってみたり、国語も今まで習った漢字を3~4日置きに何度もテストを繰り返しました。漢字は学校のテストで毎回100点を取ることが目標ですね。


(算数で使用したテキスト)
算数全国標準テスト 小2(半分まで終了)
きらめき算数脳1、2年生(終了)
算数脳ドリル立体王はじめてのてんかい図(終了)
最レベ算数1年生(復習)




(国語で使用したテキスト)
考える思考力GTシリーズ国語 9級(半分まで終了)
論理エンジン2年生(終了)
音読プリント(中級まで終了)





映像
お友達と「ファインディング・ドリー」を観に行きました!
あとはNetflixでいろいろ自由に観ています。Netflixを始めてから動画を観る時間がかなり増えました。気楽にiPatで観ることができるし、子供用に設定することもできるし、オススメです。



かけ流し 
クラッシックを聞くことが増えました。Netflixを見るようになってから動画の視聴時間がグンと伸びたので、かけ流しは自由に好きな音楽を聴くように。。

たまぁに、ロアルド・ダール原作の「BFG」の映画公開に向けて朗読CDを聞いたりしました。



ライティング
プライベートレッスンの先生が日記や手紙へのお返事で「次はこのことについて教えてね。」とか「こんな順で書いてみたら?」「この話、もっと詳しく教えてよ!」などと書いてくれるので、最近では日記や先生への手紙がレポートのようなものになってきています。

N.Yについて調べたこと、読んだ本のレビューを①Character/Setting ②Plot/Story ③Opinion/How you felt.の構成で書いてみたり、面白いニュース記事を見つけたら要約してみたり。

いろいろ楽しく書く機会を作ってもらえてありがたいです。



読書
本は常に読んでいます。起きてすぐ「眠いから本を読んで良い?」と言うところが、さすが。本好きってそういう発想になるの?わたしには理解できません。

今月はMagic Tree HouseやORTのMagic Keyシリーズを読み返していました。これらのシリーズ、もちろん全部購入済み。本だけはお金をかけています。





音読
Raz-KidsのレベルM

今月は"o”サウンドを意識した音読を心がけました。そして、口を金魚のようにパクパクあけて、声をお腹から出す。せっかく音読をするなら、と、先生と相談しながらいろいろ試しています。

vocabulary カード作り

今月から始めたvocabularyのカード作り。以前、ブログでも紹介しましたが、娘はWORDLY WISE 3000のワークを使用しています。


Book1から開始して、先月からBook2に入りました。




このワークの進め方は、まず①プライベートの先生に各単語の説明をしてもらいます。1レッスンで10単語あります。先生は身振り手振りで、時には一緒に絵を描いて全10単語を使ったショートストーリーを作ったり、寸劇をしたりしながら解説。

13645139_913170058828965_9055686979727712471_n.jpg



この単語の説明がいちばん大事なところですね。どれだけ単語のイメージを膨らませることができるか。どれだけ面白おかしく、そして的確な説明ができるか。先生の腕が試されます(笑)


レッスン後、娘一人で②カード作りをします。表に絵、裏にスペルを書くだけ。先生の説明が頭の中に残っているうちにカードを作成するのがポイント。


13606585_909961059149865_6018284182806150317_n.jpg



「先生がね〜、クルって後ろ向いてね〜、ズボンのポケットをパタパタさせながらFlapって言ったんだよ〜!キャー男の人のお尻〜!って目隠ししたの〜。」などの③一件どーでもいい話を聞くことも大切(笑)ここで話ながらカードを作成することによって、さらに単語のイメージが頭に残ります。


①〜③を終えた頃には、娘は自分で書いたカードの絵を見れば単語のイメージを鮮明に思い出すことができるようになっています。先生の説明が頭の中で映像化されているので、カードを見ればその時の映像が蘇ってくる感じ。


後は④絵を見て単語を発音する⑤絵を見てスペルを書いてみる、を毎日やります。


ボキャブラリーのワークは子供が8割理解できているレベルのものを使うことが大切だと思います。我が家ではすでに知っている単語のカードも作っています。知っている単語のカードもあるから達成感が味わえて楽しいんです。④と⑤は楽しくないと毎日できませんものね。


最後、できたら⑥お友達へのお手紙や日記を書くときにこれらの単語を使ってみます。この時、使えそうな単語は私から提案。「この日、雨宿りしたよね〜。だからshelter from the rainとか使える?」「お猿さんがさ〜毛づくろいしてたよね?groom each otherとか言うかな?」というように。


こういう言い方があるかは、私には分からないのですが、、、(汗)一応提案してみると娘は適当にアレンジして書きます。


---



このやり方で、1週間で10単語ずつ覚えています。1週間後にはスペルも完璧になっていますよ。④〜⑥は娘一人でもできますから親の負担はそう大きくありません。


*追記*
こちらのワークは最初の単語の説明の後、単語クイズ、長文を読んで質問に答えるライティングの問題、クロスワード形式の問題があるのですが、娘には初日のカードを作り終えた3日後あたりに一気に問題を解かせています。20分もあれば全部解き終わり、正解率も高いです。


実はボキャブラリーはもっと苦戦すると思い今まで敬遠してきました。わたしが上手に説明してあげることもできないし、ワークによっては答えもない。そうなると娘一人で淡々とお勉強しなければならず、それは嫌がるだろうから多読でなんとかならないかな、と思ってて。。。


でも、プライベートレッスンの先生が「今後のためにボキャブラリーを増やそう!これから絶対に役立つし覚えるのは楽しいよ!」と娘を説得してくれて、毎日のチェックリストも作成し、ボキャブラリーカード作りを薦めてくれました。
13626363_909960195816618_7521149134476057971_n.jpg



娘もいざやってみたらカード作りやスペルテストが楽しいようです。


想像力が豊かなお子さんにはカード作りが向いているかもしれません!是非お試しください〜!


---



では最後に、WORDLY WISE 3000(BOOK2)のLesson1で出てきたボキャッブラリーを使って書いた日記を参考までにご紹介しますね〜。娘が書いたものをそのまま載せています。いろいろ直す所はあると思うのですが、日記や手紙は自由に書かせているのでご了承ください。


(Word List→calf, claw, couple, cushion, flap, groom, share, shelter, yard, zero)


Today I went to ♡♡♡ Zoo. First, I went to see the panda. It was 10 years old but he was very big. Next, I went to see the monkeys. I was really scared that they were going to pee on me. But luckily I was safe. The mommy monkey was grooming the baby monkeys fur. Then I went to ride on the Monorail for the first time. So I was excited. Next, I went to eat lunch. I had shaved ice, fried potato and grape soda. I shared the shaved ice with my mommy. It was a very hot day so I was happy that I got shelter at last. Then, I went to see the penguins. I was surprised that they flapped their tails very fast when they swam. Next, I went to see the flamingos. They flapped their wings but they can't fly so I wondered why. I also found out they eat pink shrimps so they are pink. Yuk!! Then, I went to see the okapis. They live in the forest and are part giraffe. I saw a okapi when I was in kindergarten and went to another zoo with my best friend named ☆☆. Next, I went into the Vivarium to see frogs. The kind of frog I saw was false tomato frog. It is named that because it looks like a false tomato. It always closes it's eyes when it eats and it gets water from it's skin. Then, I went to a place where I could pet animals. First, I petted the rabbits. I loved the on that had brown spots on white like a cow because it was very fluffy. Next I petted the ducks and the roosters. The ducks were really silky and the roosters were soft and silky. Then I held the mouse. It was soft too but I wondered why it didn't have some fur on it's tail. Last, I held the guinea pig. It was pretty big and was a little bit hard kind of soft like the rooster. Next, I went to see the capybara. It was sleeping so I couldn't see much but I was hoping to see the calf but I couldn't. Too bad. Then I went to see the lions. There was zero males so I was sad a little. Last, I saw the tigers. The tigers claws were very sharp.
It was very fun at the zoo so I want to go in a couple of days!!

P.S. I got a rabbit ear headband somewhere in this diary.


シャドーイング

ライティングの記事が続いていますが、6月から音読にも力を入れています。


いま挑戦しているのはシャドーイング。


シャドーイングの正しいやり方は、文字を見ずに音源だけを聞いて数秒遅れて真似をする、というものですよね。そんなことを娘にやらせたことがなかったので、最初は嫌がっていましたが、視覚よりも聴覚派の娘は聞いた音をマネすることは実は得意とするところ。


一度やってみたら思っていたより上手にできたのが嬉しかったのか、今では毎日楽しくシャドーイングしています。


普段は一人でやらせていますが、私も3回に1度は娘のシャドーイングを聞きながら文章を目で追って大きな間違えがないか確認をするようにしています。


使用している音源はRaz-Kids。
レベルはLです。あまり長すぎても疲れてしまうし、このレベルがちょうど良い♡


Raz-Kidsは音読の後にクイズがあるので、内容を把握しているか確認できるのもいいですね。


お話作り The Skeleton and Kevin

今日ご紹介する娘の書いたお話は、The Skeleton and Kevinです。主人公のケビんが保健室にいたガイコツと友達になるお話です♡


本当のお話の主人公の名前は娘のプライベートレッスンの先生のお名前なのですが(笑)、ここはケビンとさせていただきます^^


まずはお話を書く前にParts of a storyStorylineを書き出しました。


Parts of a story
Characters
Kevin
Steve(skeleton)

Setting place/time
nurse's office

Conflict=problem
Kevin wants to be friend with skeleton
But
mom says no

Resolution
skeleton helps mom


Storyline
Kevin trip on rock + hurt knee

go to nurse's office

no one there

skeleton talks

conversation

go home with skeleton early

Kevin's mom is surprised + scared won't let him play with skeleton

Kevin is sad

mom drops ring + can't find

skeleton - no eyes
mom - glasses / bad sight

Kevin finds it

But can't reach

Skeleton helps

mom is happy

skeleton + Kevin became friends

the end


これらのメモを参考にしながら書いたお話がこちらです。

The Skeleton and Kevin

Once upon a time, there was a boy named Kevin who was scared of the skeleton in the school nurse's office.
One day, Kevin tripped on a rock and hurt his knee so he went to the nurse's office. Then, when he opened the door, no one was there so he called "Hello. Is anybody here?" Then the skeleton said "Hi!! My name is Steve. From now on I will be your nurse. Today, I am open so lets go to your house and play!!" Kevin was surprised for a moment but he said "OK." at last. They both thought the class will be scared if they saw a moving skeleton so Steve hid and when Kevin told his teacher that his knee still hurt, his teacher told him he could go home early. So, Steve and Kevin went home together. When they got home Kevin's mom was also surprised and a little scared so she didn't let them play with each other! So Kevin became sad and pleaded his mom but she still said no. Them, she separated Kevin to his room, and Steve to the bathroom. Still Steve to wanted Kevin's mom to like him so he started to wash the bathroom. Kevin's mom heard the scrubbing noise and went to the bathroom to see what Steve was doing. When she saw what he was doing, she grabbed the soap and sponge and got soap on her hands. The soap went on her ring and slipped off into the bathtub's hole!! "Oh no!" said Mom. " I lost my precious sending ring!" She looked in the bathtub's hole and found something glittering and tried to reach it with her finger but couldn't reach it. Then Steve said " I could help." and posed his left hand off his body and reached in the hole of the bathtub... and got the ring!!! Then Kevin's mom was so happy that she said "Yay!! you were a really good skeleton. I will let you play with my Kevin now. " she got Kevin and said " Steve, you can came play only on Saturday night at twelve O'clock so you wouldn't scare the people on this street. OK? Say Kevin after you come into the house." and from that day Kevin was never scared to go to the nurse's office and they played happily ever after.

THE END



13680816_909508379195133_8524352113336099661_n.jpg



---



どうでしょう?
わたしはskeletonのSteveがお風呂を掃除してママの機嫌取りをするところがお気に入り(笑)


正直、Storylineを考えてから書くと今までの倍時間がかかるんです。。。けれど、ストーリー展開は面白いお話が書けますね。


まだまだライティングには時間がかかりますが、慣れてくればもっとスラスラ書けるようになるだろうし、娘が楽しんでいるうちはもう暫くお話作りを続けてみようと思っています。

独り言の言語は?

一人っ子の娘、あまり一人で黙々と遊ぶタイプではないので私も遊びに付き合わされることも多いのですが、それでも一人で遊ぶこともあり、そんな時はブツブツ独り言を言いながら遊んでいます。


さて。小さい頃(2〜4歳)の娘の独り言は英語でブツブツ言うことも多かったのですが、最近はどうなのでしょうか?


現在7歳、娘の独り言は英語と日本語、半々です。


一人で何者かになりきってブツブツ言いながら(誰かに話しかけるように?!)遊んでいます。


言語的には日本語の方が圧倒的に強いとは思うのですけどね〜。だって、学校でも家でもずっと日本語ですから。


でも、独り言は英語のときもあるって、なんだか少し不思議です。


プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク