6歳10ヶ月 まとめ

webレッスン27コマ プライベートレッスン2時間
今月もプライベートレッスンの時間があまり取れそうになかったので、思い切ってwebレッスンをドーンと増やしました。1回2コマのため毎日レッスンしたわけではありませんが、少しだけスピーキングが滑らかになったかな?

プライベートレッスンでは新しい先生(弟さん)とのレッスンが始まりました。穏やかで優しい先生ですが、ワークの理解度やスピーキング・リスニングレベルなどを細かく見てくださり、とても頼もしいです。娘はさっそく先生に昔書いたおバカな本を披露して、先生を驚かせていました(かなり引いていた、、、と思う)。

(現在使用しているワーク)
毎日下記ワークのうち2冊を1〜2ページずつやっています。少し簡単かもしれませんが、娘が一人でやるには丁度良いレベルです。




Playdates
今月は友達のインターのフードフェア、Halloweenには仮装してディズニーシー、そして31日は都内のお宅を巡るTrick or Treat、あとは夏にアメリカから帰国した娘のクラスメイトと都内の国立大学文化祭に遊びに出かけたり、近所のHalloweenフェスタに出かけたり、今月は英語率の高い月となりました♫ クラスメイトのお友達とは学校でも英語です。他のお友達がいるときは日本語ですが、それでも二人で会話するときは英語に切り替わったりしています。周りのお友達に嫌な思いをさせないように英語と日本語をうまく使い分けてね、と伝えています。



国語、算数プリント
漢字と計算プリントを1日1〜2枚やっています。

漢字は2年生に入りました。漢字は1つテキストを終えたら「じゃぁ、次!」というわけにはいかず。。。アプリを使ったり、プリントをやらせたり、何度も何度も繰り返してやっと8割定着したかな?というところで学校でも夏休み明けから漢字が始まったので、家では2年生の漢字を始めることにしました。まずはサラッと全部の漢字に慣れさせていこうと思います。






映像
プライベートレッスンの先生が借りてきてくれたニモとティンカーベル!そして、2015年10月といえばBack to the Future2の年ですね!もちろん、娘と1〜3まで見ました♫ 





テレビで好きなのは下↓の5つ!中でも「オースティン&アリー」は今月よく見ていました!

「天才学級アント・ファーム」
「ブログ犬 スタン」
「オースティン&アリー」
「うわさのツインズ リブとマディ」
「ジェシー!」






掛け流し
友人が11月に「Diary of a Wimpy Kid 」の作者Jeff Kinneyのサイン会へ行く!と聞いて、久しぶりにこちらのCDを掛け流ししてみました。うーん、面白いらしい!そして本も読み始めました!ちょっと分厚いけれど読んでみるとそこまで難しい本ではないようですね。小学生になったからわかる部分も多少増えたのかもしれません。




ライティング 
最近娘が書いているお話、タイトルは「The Magic Unicorn Zoo and the Fairies」です。
12140618_763158220496817_828345453772244515_n.jpg
Once upon a time there was a fairy. Her name was Bluey. One day, she went to the secret zoo. Then she met a unicorn. She said "Wow, look at the unicorn! Can we buy it?" Then her father said "OK." Then when they got home she said "Hello. Wellcome to your new home." and she gave her a name "Princess Pink Heart”. Princess Bluey took princess Pink Heart to her fenced yard. There was a beautiful lake nearby. The next day princess Bluey brought princess Pink Heart some breakfast. She brought her some hay. She is a unicorn so she can speak. "Thank you." she said. After they ate there breakfast, they decided to play in princess blue's garden. In the garden, there were many pretty flowers. In her garden she has sunflowers, roses, and tulips. "What a nice garden!" princess Pink heart exclaimed...

まだ続くのですが、こんな感じで自由に書き続けています。スペルミスもなくなってきましたが、よく”There"を"Ther"と書き間違えます



読書
夏以降は安定して毎月20万語読んでいます。今月は再読も多かったのですが、新しいシリーズにもチャレンジしました♫初読で読んだ「Magic Animal Friends」シリーズは、「Rainbow Magic」の作者Daisy Meadowsの新しいシリーズなんです。また同じ感じの話のようですが、やはり娘には大ヒットでした!

(再読)


(初読)




音読
音読も夏から続けています。ちょっと最近飽きてきて(私が)続ける必要があるのかどうか英語仲間に相談したりしているのですが、娘自身はちょうど軌道に乗ってきたようで楽しんでいますね。娘の発音、周りからは「全然問題ない!」と言われるのですが、どうもわたしには滑らかに聞こえないというか、、、本当に大切なのは発音なんかじゃない!っていうのは分かっているのですが、やっぱり頭のどこかで「せっかく小さい頃から英語をやっているのだから、発音も綺麗にしてあげたい」と思ってしまう自分がいます。英語の発音は口の筋肉も影響してきますよね。音読で口の筋トレを続けることで少しは変わってくるかもしれませんね〜。長い目で見守ろうと思います。


6歳10ヶ月 1日のスケジュール

今日はそこそこ上手に時間を使えた日でした。タイムスケジュールはこんな感じです。



 6時00分 起床
       DVD (Back to the Future)
 7時00分 朝食
       かけ流し(英語コメディードラマの音源)
 7時20分 漢字、計算プリント1枚づつ
 7時30分 読書(My Father's Dragon)
 7時45分 登校

15時10分 帰宅、おやつ
15時30分 webレッスン2コマ(My Father's Dragon精読)
16時30分 学校の用意、宿題
17時00分 DVD(Back to the Future2)
18時00分 読書(Marvin Redpost #5、Cam Jansene #5)
19時00分 夕飯
       かけ流し(Blume Tales Of A Fourth Grade Nothing)
19時30分 英語のワーク
       音読(英語2冊、日本語1冊)
       ピアノ練習
20時00分 お風呂
       ドライヤー中に読書(In Aunt Lucy's Kitchen)
21時00分 読み聞かせ(こども新聞)
       就寝



---



今日のように帰宅してからwebレッスンをするのは珍しく、普段15時〜17時はお友達と遊んだり、家で工作したりすることが多いです。そういう日はDVDが削られますね。


学校では帰国子女のお友達と二人の時は英語なので、登校や下校のときに英語で会話なんて日もあるようです。まぁ大抵は3〜4人で行動することが多いので、そういう日は少ないとは思いますが^^


小学生になってお友達と勝手に遊びに行ってしまう日は帰宅してからバタバタなのですが、夏休み明けからは朝の支度や食事の時間が短くなったり、友達と遊ぶ前に宿題やワークをサッと終わらせるようになったりで、少しずつメリハリついてきたかなぁと思います。




算数の取り組み

お友達と算数の取り組みについて話題になったので、我が家でやっていることを書き出してみました。娘は自分がやりたいことには持っている力を存分に発揮できるのですが、やりたくないことになると「どうしたの?」と心配になるくらい途端に何もできなくなってしまいます。。。


学校の宿題など自分の好きなことは自らすすんでやりますが、家のドリルはまったくやる気なし。なので、読んでいる本に「1906年サンフランシスコ地震では死者3000人」と出てくれば、サンフランシスコの場所を地図で確認し、3000人とは例えば自分の学校の生徒数の何倍になるのかパパッと計算したりするのですが、ドリルだと「10−2=・・・?」となることもしょっちゅう。決して算数が得意とは思えません。


そんな感じなので、できるだけ娘が興味を持てるものを、と考えるとドリルではなくこんな取り組みになってしまうのですが、いつかこの取り組みが生きてくる日がくるのか、、、。



図形
先日紹介した(関連記事★)hexaflexagonやストローで多面体などの工作。紙に自分で展開図を書いてサイコロや正4面体作りなどもたま〜に。



時間の感覚
時計を見ながら、「朝起きてから家を出発するまでに何をやらなきゃいけないんだっけ?それは1つ1つ何分かかるの?じゃぁ、ご飯を食べるまでの⚪️分の間にこれとこれを終わらせないといけないね。あと残りは何分?その時間でできることってなんだろう?」などと聞く。

時計は読めても時間感覚はまだあやふやな娘なので、1時間ってどのくらい?その時間でどんなことができる?など、日々時計を見ながら確認するようにしています。時間感覚がしっかりしてくると自分で計画を立てられるようになるし、生活リズムも整ってくるのではないかな?と期待!また、「あと何分残ってる?いまどのくらい時間が経った?」などの問いかけも計算の練習になりますよね〜。



ゲーム
花札、アルゴ、トランプなどで遊び、最後の点数計算などをする。花札、アルゴなどはこのカードを揃えたらプラス⚪️点!などの特別ルールなどもありますよね。結構良い計算練習になっていると思います。



水の量
200ccの計量カップや大さじ、小さじなどを使ってお料理をしながら量を計って遊びながら、こんな会話をしています。水限定ですけど、実際にキッチンで遊ばせたりしています。

「計量カップ200ccは200mlでもあるよ。ペットボトルは2000mlだって。1000mlは1Lだから、2000mlは何L?このジュースは230mlって書いてあるね。たくさん入っているように見えるけど、実はコップ一杯分しか入っていないんだね。」

「小さじは5ml=5ccでしょ?それじゃぁ小さじ何杯で200ccの計量カップはいっぱいになるんだろうね?計算が合っているかどうか実際にやってみよう。小麦粉とお水、同じ量を計量カップに入れたら、重さも同じなのかな?」

我が家はお風呂場にも500ccと1Lの計量カップを置いてああります。なのでお風呂では、レモネード屋さんごっこをしながら、レモネードを1L作ったけど、いまコップ2杯分売れちゃったから、あとどのくらい残ってるのかな?などと質問したりします。計量カップには10dl=1L、1dl=100mlと書いてdLにも触れるようにしています。



身長
「従姉妹のKちゃんはいま80センチだって。あなたは110センチだから、何センチ違うのかな?100センチ=1メートルでしょ?それじゃぁ110センチは何メートル何センチになるの?」


--


娘は小さいころから安野光雅さんの「はじめてであうすうがくの絵本」が大好きでした。いまでも夜の読み聞かせの絵本に選ぶことがあります。今だからこそ分かることもあるのでしょうね。





今は家でやるドリルの計算が異様に遅いので(やりたくない!と思っているから)それがちょっと心配です。

工作&実験

たまに娘と無性に工作にハマって作り続けてしまう日があるのですが、先週がまさにそんな週でいろいろ作ったり実験したりしていました。


他の方のブログで見かけたhexaflexagon
口ではうまく説明できないのですが、コレものすごく不思議で面白いです。作った紙を裏返すと新しい面が出てくるのですが、ひっくり返すごとに別の面が出てきて、計6面違う面が存在するんです。その6面に色を塗ったり絵を描いたりすると、ちょっとした手品のようで子供達は盛り上がります!youtubeでいろいろ動画があるのでよかったら検索してみてください^^
12109185_757477534398219_3234437079047119070_n.jpg




ストローと輪ゴムで多面体作り
(参考:ガラクタ倉庫
自分で手作りした多面体は記憶に残りやすいですね。娘と一緒に作って楽しく学ぶことができました。そして置物としても美しい!写真は透明のストローとカラフルな輪ゴムを使って作ったものです。
12109319_757594731053166_2657164575306740982_n.jpg




ひとりでに進む不思議なボート
(参考:サントリー水の自由研究
表面張力の働きを利用した実験です。発布スチロールトレイで作ったボートに接着剤(うちではボディーソープを使用)を付けるとひとりでにボートが進みます。簡単だし家にあるものですぐできる!失敗も少ないのでオススメです。

12038453_757457507733555_1018069653568230086_n.jpg




むしめがねカメラ/写生マシン
(参考:キャノン光のじっけん室
下の2枚目の写真、何が写っているかわかりますか?タワーマンションが逆さまに写っているんですよ!太陽の光のように強い光があたる場所じゃないと景色がはっきりと映らないのですが、夜に半信半疑でむしめがねカメラを作って、翌朝太陽の光の中、このマンションが写し出された時はとても感動しました!!昔は、写生画の下書きを描くためにこのような道具が使われたようです。

12108802_757457501066889_2840935681241739140_n.jpg
12107843_757457497733556_8623242091089492625_n.jpg




--



他にもブレスレットを作ったり、ハロウィンの工作をしたりして遊びました。






世界地図

先日、娘とMagic Tree Houseでアニーとジャックが旅した国を世界地図にまとめてみました。



本の表紙を印刷して切り抜き、それを世界地図の周りに貼って、その表紙の絵とその巻で旅した国を線で繋ぎました。
12112278_758729417606364_4623676022033199509_n.jpg




世界地図、少しずつ慣れ親しんでほしいなぁとは思っているのですが、実際に行ったことのない国だとイメージしづらいんですよね。世界地図を眺めているだけじゃ「ふーん。」で終わってしまうし。



そこでMTHで出てきた国をまとめてみたところ、本の中に出てきた国は頭の中にイメージとして強く残っているようで、「アニーとジャックが⚪️⚪️した国」と、よく説明してくれるようになりました。



例えばこんな使い方をしています。
先月、MTHでリンカーンの巻(Magic Tree House #47: Abe Lincoln at Last!)を読んだので、せっかくなら日本語でもリンクさせてみようと和書でもリンカーンの伝記をいくつか読み聞かせしました。すると、伝記の中でワシントン、ニューヨーク、ルイジアナ州、イリノイ州、ペンシルベニア州、ミシシッピ川などが出てきたんですね。



MTHの地図で見ていくと、#36ではニューヨーク、#42ではルイジアナ州のニューオーリンズとミシシッピ川が、#47ではワシントンD.C.が出てくるんです。地図を見ながら話していくと娘の頭の中で点と点が繋がっていくのがよくわかります。



別にこれを機にじっくり覚えて欲しい、とまでは思っていないんです。なんとなーく記憶に残れば良い。地図を見て「この辺りにそんな名前の川があったかも?」、本を読みながら「この国の名前、場所は分からないけど聞いたことある。」その程度でも、また別の機会で同じ土地の名前に出会った時、そこから興味がわくかもしれませんから。



勉強ってちょっと興味が出てくると「人にやらされていること」から「自分から調べてみたい、やってみたいこと」に変わるんですよね。勉強だけじゃなく、学校のクラスでのお仕事も、自分からアイディアを出して周りに呼びかけると途端に楽しくなる!



いつもちょっと視点を変えて、どんなことでも自分から楽しめる子になってくれたら良いなぁと思います。




プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク