6歳7ヶ月 まとめ

Webレッスン15コマ、プライベートレッスン4時間
webレッスンで出会った新しい先生が娘ととても相性が良く、先生が用意してくださったワークをやりつつ、本を一緒に読んだり、ゲームをしたりして楽しくレッスンを進めてもらっています。また、プライベートレッスンでは夏休みということもあって少しレッスン時間を長くしてもらい、日々のワークの確認後、先生と一緒にクッキー作りを楽しみました。レッスンでは変わらず家で終わらせたワークの確認を先生にお願いしていますが、先生に見てもらえることが励みになるし、ちょっとした疑問にも先生が丁寧に答えてくださるのでとても助かっています。

(終了したワーク)
・Scholastic Success With Grammar, Grade 1
・Scholastic Success With Reading Comprehension, Grade 2

(現在使用しているワーク)
・Spectrum Writing, Grade 1
・Reading for the Gifted Student Grade 1
・Brain Quest Workbook Grade 2


サマースクール 午後のみ2日間
7月はサマースクールに2日間通いました(残りは8月に4日間あり)。少人数制のスクールだったのですが、スクールでの効果がジワジワきています!!初めはあまり期待していなかったのですが、やっぱり通ってよかった!先生方がアカデミックな指導を得意とし、本の精読(約5000語の本を使用)、音読、辞書引き、語彙強化、スピーキングをみっちり鍛えていただきました。スクールで他のお友達と一緒だったからこそ頑張れたのだと思います。遊ぶ時間はまったくなかったにも関わらず、娘は毎回「楽しかった〜。先生優しかった〜。」と笑顔で帰ってきました。確かに先生方、素敵な方ばかり!!っと思ったら、偶然にも知り合いの先生もいらっしゃったりして、、、なんともご縁のあるスクールでした!また機会があれば短期で通いたいなぁと思っています。紹介してくださったお友達、本当にありがとう!!素敵なスクールでしたよ〜。



英語のお友達とのイベント
アメリカから帰国したお友達と数年ぶりに再会!同年代の女の子を集めて女子会をしました!娘のお友達のはずなのに、なぜか一番人見知りをしていた娘。。。新しい仲間にお友達を紹介して上手にエスコートして欲しかったのに、、、そんな母の思いは虚しく、いつものように優しく社交的な周りのお友達に助けられていました。こんな娘なのでもうお友達からお誘いはないかもしれないけれど(涙)、また近いうちにみんなと再会できますように。。。その日を励みに今後も英語、がんばります!遊んでくれたお友達、楽しく幸せな時間を本当にありがとうございました!



国語、算数プリント
7月前半は今までと変わらず「しちだ小学生プリント(現在国語、算数ともにvol.6)」と「徹底反復音読プリント」をやっていましたが、ちょっと飽きてきてしまった娘。。。

そこで後半の夏休みに入ってからは今まで週末のみやっていた学林舎の「成長する思考力GTシリーズ(国語、算数)」を毎日進めることにしました。あとは学校の宿題「ひらがな」「計算」「音読」をやっていました。



映像 
海外のコメディードラマにハマりました〜。夏休みはDVDを借りて映画もたくさん観ています♫
「天才学級アント・ファーム」
「ブログ犬 スタン」
「オースティン&アリー」
「うわさのツインズ リブとマディ」
「ハンナ・モンタナ」


かけ流し
サマースクールで使用した本の朗読CDと、「My Weird School」の朗読CD、Toy storyやNight at the Museumの映画の音源も良く聞いていました。掛け流しは1日でトータル2〜3時間ですね(学校のある日は1時間あるかないか)。掛け流しをするとそれに気を取られて他のことが手につかなくなってしまうので、あまりできません。



ライティング
「Spectrum Writing, Grade 1 」があと少しで終わるのですが、だんだん書く問題が増えてきて進まなくなってきました。「何かの作り方について書いてみよう!」「好きな動物の話を作ってみよう!」など何を書いたらいいのか迷う〜と最初は戸惑っていましたが、少しずつ慣れてきたような?!こちらのワーク、一度書いた文章を自分で見直して再度書き直しをさせるページも多いんです。自分でどこを直したらもっと良い文章になるのか、ヒントを見ながら考えて書き直す。これが結構良い練習になっていると思います。日記も細々と続けています〜。



読書
夏休み、和書を読むことも多く(宿題の作文用、感想文用に)、洋書は思ったほど読みませんでした。小学生になるとつい英語以外もやらせなくちゃ!と英語が後回しになりがち。夏休み後半はもう少し読書に力を入れていきたいなと思っています。

この夏は音読を頑張ります

この夏、ひっそりと音読を頑張っています。
ひっそりと、、、って書いた意味は、本当はそんなに頑張るつもりがなかったから(笑)なんとなーくスラスラ読めればそれでよし!と思っていました。


ところが、プライベートレッスンの先生に音読の取り組みについて相談してみたら「今後今以上に英語を上達させたいと思うのなら、もう少し音読を頑張ってみましょう!」と後押しされてしまって、、、


でも、そう簡単に人に言われたことをやってくれる娘じゃありませんから、ここはあれこれ作戦を練らなければなりません。


わたしが音読しているところを見せてみたり、朗読CDも早いものや遅いものいろいろ聞かせてみたり、すごーく簡単な絵本の音読を進めてみたり。


やらせようと頑張れば頑張るほど拒む娘(笑)


そんなとき、「これなら頑張れる!」と娘が自分で本を選んできました。それは、、、






こ、これは。。。おバカ系のくだらない本として有名な本じゃないですか!!


うーん、確かに朗読CDも持っているしね、じゃぁこれでやってみよう、と娘頑張って音読しています。この本、くだらなくて面白いんですよね。キャプテンアンダーパンツよりもわたしは好きだな〜。


ちなみに、朗読CDはめちゃくちゃ早いです。それでも自分で選んだ本ですから、CDを聞きながら聞き読みしてみたり、CDと同時に音読してみたり、いろいろやっています。


娘を一番やる気にさせたのは、実は「わたしが無関心のフリをし、簡単には褒めなくなったこと。」かも。。これにはいろいろと理由があるのですが、書き出すと長くなるのでまた記事にしたいと思っています^^


サマースクール

夏休み、サマースクールは行きたくないと言っていた娘ですが、近くで少人数のスクールだったら行ってみたいと言うので、急遽近所のスクールに申し込んでみました。


こちら、みっちりお勉強系のスクール。楽しく遊ぶ時間はまったくなく、数時間机に座りっぱなしでリーディング、ライティング、スピーキング、リスニングをみてもらえます。


体験に行ってみたら「すっごい楽しい!お姉さんみたい!」と娘も気に入ったようす。
7月に2日、8月に4日の計6日間で、さっそく先週から始まったのですが、お迎えに行ってみたら課題がすべて終わって他の生徒さんも巻き込んで先生とかくれんぼをしている娘(笑)


先生も娘にコソッと「1年生の子は、まだ何時間も机に座りっぱなしの身体にはなっていないから、疲れたら今日みたいに身体を動かして遊ぼうね。」と言ってくれました。


スクールでは周りのお兄さんお姉さん達よりも進んだテキストを使わせてもらっているようで、娘が音読するたびに「わ〜すごい〜!」と褒めてくれる周りの生徒さんたち。娘も「あれ、わたしってちょっと出来るのかな〜?」と自信がもてたようです。普段、スクールに通っていないと他の子と比べる機会がありませんから、今回は自信をつけるにはいい機会になったかもしれませんね。


宿題には語彙強化のプリントや音読が出されています。がんばろう♫



サマースクール、何かを学んできてほしいというよりは楽しんできてくれたらそれでいいかな^^



---



サマースクールや英語イベント等に「ここで何か学んできてほしい」とは思わなくなりましたね〜。
英語のお友達と遊ぶ時間も同じ。


それより、楽しい体験をする、好きなお友達と楽しく遊ぶ、それがたまたま英語だったらいいな、と思っています。


結局は家で毎日何をしているか、ですものね。


夏休み、娘は去年と同じく読書の夏になりそうです!

英語が必要な環境

娘が2歳の頃に開始した英語育児。
英語が話せるようになるには「英語が必要な環境を作ること」が一番の近道だと言われていましたが、海外で生活しない限りなかなかそういう状況を作るのは難しいと思っていました。


ところが最近、娘の周りの環境も少しずつ変わってきたように感じています。


「英語が必要な環境」
これがほんの少しずつではあるけれど整い始めたのではないかな?と。



娘が英語を話す必要が出てくるのは、まず英語のお友達と会うとき。
サマースクール、イベントなどを通じて出会った英語を話すお友達と3〜4歳のころから交流が始まりました。お友達の中にはアメリカへ旅立った子もいれば、インターへ進む子もいて、今では子供達自身が「この仲間とは英語じゃないと!」という意識がはっきりと芽生えてきたように思います。

娘はお友達が日本語も話せることはもちろん知っています。外で遊んでいるといつの間にか知らないお友達も一緒に遊んでいて、そういうときは日本語で会話していることもあるんです。

でも、少しするといつもの英語のお友達とはカチッと英語に切り替わるんですよね。



もう1つ、娘が英語を話す必要が出てくるのがプライベートレッスンでお世話になった先生と会うときです。3年間お世話になった先生ですが、本当に娘を可愛がってくれていて、今では先生のご両親も交えて家族ぐるみでお食事することもあります。先生はバイリンガルで英語も日本語も話せますが、どちらかというと英語が優位なんですよね。なので先生と会うときは娘も英語です。

先生と娘は、わたしや先生のご両親と話すときは日本語、先生と娘で話すときは英語と切り替えて会話しています。



まだ6歳ですから、これから娘の英語力がどこまで伸びるかによって「日本語が話せる人とは日本語で話したい。」に変わってくるかもしれません。


でも英語のお友達やプライベートレッスンの先生との会話は、もう親から「英語を話しなさい」と言われて頑張って話す相手ではないんですよね。一緒にいると楽しいからまた会いたい!そのときに英語が必要だから英語を話す!それだけなんです。


今仲良くしているお友達とは、いつか子供達が中学生、高校生くらいになったとき子供達だけで集まって、あーだこーだ学校や親の愚痴が言い合える仲間になってくれたらいいなぁ。


プライベートレッスンの先生とも娘が大きくなっても今の関係が続いていて欲しいです。娘が高校生くらいになったときには先生は今のわたしと同じくらいの歳になっているはずですから、親とはまた違った目線でいろいろアドバイスをしてほしい。


「昔さー、ピーピープープーどうしようもない物語作ってたよね!」「レッスン中に胸にボールを2つ入れて『おっぱい!』って現れたときはびっくりしたよ。。。」などなど、きっと娘の恥ずかしい話で盛り上がることでしょう。


その時のネタ作りのためにも?!今後もくだらない話題を記録に残していこうと思います。


日記

ある日の日記。
「プライベートレッスンの先生が大好き。いつもわがまま言ってごめんね。」という娘の気持ちがよく現れた日記です。


この日はボールを持って先生と公園へ遊びに行ったんですよ。でも、10分後にはムッとした顔で帰ってきて、、、さて、何があったのでしょう〜??


11539609_710135089132464_4253659600360666367_n.jpg
11539631_710135125799127_287190193910634960_n.jpg
11702907_710135149132458_3303137462828493856_n.jpg

Dear Diary,
Today I played with T after a long time. Mommy and I thought he would say "Long time no see." I knew he would say that. After he checked my Diary, we played balls. I made a rule but T made another rule but I thought it was too hard so we didn't use his rule. So I thought thank you but I couldn't say it. After that I wanted to go to the park to play ball so we went to the park but there was some boys playing at the park so we couldn't play but T said "There is an empty space so let's play." But maybe the boys might be playing ball so I was scared so I said " I don't want to play there." to T. Before that I found a black cat but T said "Watch out for cars." so I lost the black cat. I was very sad. Actually he protected me from cars. He was very kind. So I want to say sorry to T. Last it was fun because T taught me how to play Tic-Tac-Toe and I did it with Mommy and I won!! So that's why it was fun at the end. I was happy when I met T. I like T because he is kind.




この日は1ヶ月ぶりに先生にお会いしたんです。娘はこの日をとーっても楽しみにしていたんですよね。何度も何度も「まだ帰らないよね?」って先生に確認していました。学校から帰ってきてすぐのレッスンでしたから、油断すると寝てしまいそうな勢いでしたが、先生がずーっと遊んでくれたおかげで楽しい時間を過ごすことができたようです。



---



先生、男性なんですけど本当に優しいんですよね。そんな先生の優しさに甘えて娘はわがまま言いたい放題なので良く注意はしているのですが(日本語で。。)娘は「ただ遊んでいるだけだもん!先生も怒ってないもん!」っていうし、先生も「僕も大丈夫です!!子供大好きなので!」っておっしゃるので、どこまで叱って良いのかわからず。。。


先生が本を読んでくれると「そのキャラクターはもっと変な声で話すんだよ!もう一回読んで!」と何度もやり直しさせたり、突然CDをかけて「ねぇ、テーブルの周りをくるくる回りながら踊って!」とリクエストしたりするんですよ。(先生やってくれます 笑)


この間なんて先生と電話ごっこして遊んでいる時に「前の先生(先生と幼馴染みの女性の方)と話したい!」と娘が言ったら、先生「ハロー!久しぶり!仕事が始まって朝早く起きるの大変だよ。」って前の先生のマネして可愛く答えてくれました。途中で「T(今の先生)のレッスンはどう?」って自分のことを娘に質問したのですが、、、


娘「・・・・・」


無言!!!その後、何もなかったかのように前の先生のモノマネを続ける先生。。。(さすがに悲しかったようで、幼馴染みの前の先生に「スルーされた」って寂しそうに報告していたそうです)


あぁ、かわいそう。。。毎回何かの罰ゲームでも見ているようでヒヤヒヤです。


プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク