5歳10ヶ月 まとめ

webレッスン(15コマ) プライベートレッスン(13時間)
webレッスンは週3コマ、プライベートレッスンは少し多めに取ることができました。


イベント
・お友達とスカイプ!今までも何回かお話したことのあるお友達^^娘は今ハマっているMr.Menシリーズから1冊本を読みました。娘は恥ずかしがってあまり話さなかったけれど、またお付き合いいただけると嬉しいです♡
・お友達の通うインターナショナルスクールのフードフェアへ遊びに行きました。お友達が踊るフラダンスがとっても可愛かった♪
・31日にはインターのお友達に混ざってハロウィンを楽しみました。


DVD(1日30分〜1時間)
DVDを見る時間は朝のみなのですが、寒くなるにつれて娘の起床時間も遅くなり。。。今は30分くらいしか時間が取れないです。「Charlie and Lola」「Sofia the first」「The cat in the hat」「SID the science KID」を観ていました。

最近は金曜日と土曜日は少し早く寝る準備をして映画を1本観よう〜というのが我が家で流行っていて、ソファーでごろごろお菓子やアイスを食べながら映画鑑賞を楽しんでいます

今月娘と観たのはこちら。

<アバター>

アバター [DVD]アバター [DVD]
(2011/12/23)
サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ 他

商品詳細を見る


<魔女の宅急便>

魔女の宅急便 [DVD]魔女の宅急便 [DVD]
(2014/07/16)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る


<ヒックとドラゴン>

ヒックとドラゴン スペシャル・エディション [DVD]ヒックとドラゴン スペシャル・エディション [DVD]
(2011/07/22)
Dreamworks

商品詳細を見る



ヒックとドラゴンは原書も読み始めました。もちろん、途中でリタイアしましたが(笑)

How to Train Your Dragon Book 1How to Train Your Dragon Book 1
(2010/02/01)
Cressida Cowell

商品詳細を見る



かけ流し(1日1時間くらい)
相変わらず娘からのリクエストは「The cat in the hat」「Mr.Men」「Sofia the first」「Sid the science KID」「The Magic School Bus」など自分の好きなアニメの音源が多いです。本の朗読CDは「エルマーの冒険」「Magic Tree House」などを楽しんでいました。


ワーク
家でやっているワークは毎日コツコツ続けていますが、レッスンで使用しているワークはフリートークが盛り上がると終わらない日も多々あり。そのためかなりスローペースで進めている状態です。

家でやるために新しく投入した「Spectrum Sight Words, Grade K」は、以前やっていた「「100 Words Kids Need to Read by 1st Grade 」の復習として取り組んでいます。100Wordsワークと同様、約100語の単語を書いたり、色を塗ったり、なぞったりするワークで、楽々進められるところがライティングの苦手な娘にちょうどいいかな、と思っています。

<家でやっているワーク>

こちら↓はほぼ終了^^

Listen, Read, and Learn With Classic Stories, Grade 1 (Listen, Read, & Learn with Classic Stories)Listen, Read, and Learn With Classic Stories, Grade 1 (Listen, Read, & Learn with Classic Stories)
(2008/04/04)
School Specialty Publishing

商品詳細を見る



Spectrum Sight Words, Grade KSpectrum Sight Words, Grade K
(2008/03/18)
Brighter Child

商品詳細を見る



<webレッスンで使用しているワーク>

Scholastic Success With Reading Comprehension: Grade 1Scholastic Success With Reading Comprehension: Grade 1
(2010/03)
Robin Wolfe

商品詳細を見る


<プライベートレッスンで使用しているワーク>

Scholastic Success With Grammar, Grade 1 (Scholastic Success with Workbooks: Grammar)Scholastic Success With Grammar, Grade 1 (Scholastic Success with Workbooks: Grammar)
(2010/03)
Scholastic Inc.

商品詳細を見る




そろばん
パッチトレーニング3の復習が終わり、パッチトレーニング4の復習に入りました。復習なので以前よりも楽しく取り組めています。そろばんのおかげか(?)日常生活では暗算で2桁の計算をすることも増えてきました。そろばんは小学生になって本人がもっと極めたい!という気持ちになれば習わせてあげたいなと思っていますが、今のところお教室に通う予定はありません。


七田プリントC(かず、もち、ちえのプリントを1日各1枚)
C-9終了、C-10開始

C-10が終わったらどうしましょう?また何も考えていません。たしか七田プリントはDもあるんですよね??そちらに進むか、カタカナや漢字、計算問題など市販のドリルを使うかで迷っています。


読書(1日1〜2時間)
1日3〜5冊のペースで読んでいました。多い日は1日15冊。絵本なども多いのですが、ちょっとした時間を見つけては読書をしています。今月は日本語の本もたくさん読みました。絵本から童話への橋渡しとなる「幼年童話」と呼ばれるような本にも手を伸ばすようになりました。また機会があれば日本語の本も紹介したいと思います^^

<今月良く読んだ本>
家にあるArnold Lobelの本10冊をはじから読みあさりました。

Uncle ElephantUncle Elephant
(1986/10/09)
Arnold Lobel

商品詳細を見る



Mr.Men Little Missシリーズを片っ端から約50冊ほど。

Mr. Happy (Mr. Men and Little Miss)Mr. Happy (Mr. Men and Little Miss)
(1997/09/29)
Roger Hargreaves

商品詳細を見る



Magic Tree Houseも読み始めました。3冊目あたりからハマりだして読みが加速してきました。現在10巻を読んでいます。

Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #1: Dinosaurs Before Dark (A Stepping Stone Book(TM))
(1992/07/28)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る



大好きなD.W.シリーズも家にある10冊一気読み。

D.W. Goes to Preschool (D. W. Series)D.W. Goes to Preschool (D. W. Series)
(2011/04/19)
Marc Brown

商品詳細を見る



娘がどうしても買って欲しいと今月買い足した本。10話以上入っている分厚い本なのですが、ものすごく娘好みの本らしく、こちらも1日で読了してしまいました。キラキラした女の子らしい世界が好きなお子さんはハマると思います。語数は1話1500語程度で文字も大きく絵もたくさんあり読みやすい絵本です。

Usborne Illustrated Fairy Tales (Illustrated Story Collections)Usborne Illustrated Fairy Tales (Illustrated Story Collections)
(2007/06/29)
不明

商品詳細を見る



Illustrated Stories for GirlsIllustrated Stories for Girls
(2006/07/28)
Various

商品詳細を見る




以上、5歳10ヶ月のまとめでした。


--


ハロウィンも終わり、娘とさっそくクリスマスの飾り付けをしました。サンタさんへ何をお願いする?と聞くと「本が欲しいってお願いする。」と言う娘。本かぁ〜。クリスマスプレゼントとして思い出に残るような素敵な本が見つかるといいけれど。。。

娘をやる気にさせること

娘はワークもそろばんもピアノの練習も毎日コツコツ続けていますが、読書のように自分から進んで「やりたい!」と言うわけじゃありません。それより遊んでいたいし、娘の場合は本を読む時間がたっぷり欲しい。


ワークなどはわたしが声かけすればやりますが、決して自分からではないです。


最近はなんとなーく「ママにやらされている」感が強くなってきた気がして、こういう気持ちで続けさせてもあまり良いことないなぁ、なんてぼんやり思っていました。


読書のように娘自身の意思で「今日もやるぞ〜」という気持ちになるにはどうしたらいいのかな〜?自分で「あ、まだワークやってなかった。遊ぶ前にやっちゃおう〜」と気付かせるにはどうしたらいいのかな〜?、といろいろ考えて1週間前から「カレンダーにシール貼り」を始めてみました。



1日にやるべきことを日付ごとに表にして終わったらシールを貼っていくというものなのですが、これ、娘には合っているようで、毎日わたしが何も言わなくても自らやるようになりました。


まず、その日にやるか/やらないかは、娘の意思に任せることにしました。今までのようにわたしから「プリントやろうか^^」と声をかけることもやめたし、どうしても今日できないと思った日はやらなくて良いよ、と伝えました。


そのかわり、毎朝「カレンダーにシール貼った?」と聞きます。そうすると娘が自分で「あ、まだ終わってなかった!」と気付き、次に「先に終わらせてあとでのんびり遊ぶのと、今は休憩できるけど後で早く終わらせなきゃって焦るのどっちがいいかなぁ?」と聞くと「いまやる!」と即答します。(ちょっと誘導してますが、一応娘は自分で選択した気分になってます)



いろいろなことを娘に任せてみると「今日はピアノをたくさん弾いて指が疲れたから、そろばんはやりたくない。」と言ってやらない日も出てきます。でも、そうするとカレンダーにぽっかり空きができるわけです。それが気になるみたいなんですよね〜。今まで毎日頑張ってぎっしりシールが貼られているのに1つだけぽっかり空いているのはなんか嫌。だから「昨日はやらなかったけど、やっぱりその分も今日やってみる!」と言って結局全部シールで埋めるように頑張っていました。(その日にできなくても後日その分頑張ればシールを貼れるルールです)



-----



この表を作る時に特に気をつけたのは「娘の能力以上のものはやらせない」ということです。いや、娘の「できない」という気持ちをちゃんと受け止める、かな?


今まで娘が「できない!キーー!!」となっているとき、わたしからすると本当に小さな失敗で何でそんなに怒ってるのか理解できないことも多かったんですよね。だからいつも「上手にできてるよ!なんでそんなに怒るの?もう一回やってごらん。」と一生懸命励ましていました。でも、娘からしたらどんな小さな失敗であれ「できてないものは、できてない!」のだと思うし、わたしの励ましの言葉は「自分の気持ちを受け入れてもらえていない。できないって言ってるのに『頑張ればできる』なんて、わたしの能力以上のものを求めないで!」と感じているのかも?とフッと思いました。



そんなこと、娘に言われたわけじゃないんですけどね(笑)でも、もしかしたらそのくらい大げさにわたしの言葉を捉えているかもしれないな〜と。。。



本人が「できない!」と言うことに対して少し強引に進めることで成功する場合もありますが、たまには引いてみるのもいいかな〜と思っています。「できない」と言われたら、同じゴールを目指しつつも本人が「このやり方ならできる!頑張れる!」と思える他の道を探してみる。


きっと、気持ちの問題なんです。どうしたら娘の「できない」という気持ちを和らげることができるかに焦点をあてて考えることも時には必要だなと思うようになりました。


たとえば「そろばん」。明らかに一人でできるでしょ〜という簡単な問題でも疲れている日は「できない!」と半泣きになることもあります。そんな日は「ママも一緒にやるよ〜」と言って最初の計算の数字を入れてあげます。こうしてあげると、励ましてあげたり、やり方を教えてあげたりするよりもよっぽど早く気持ちが回復し、そのうちわたしの手を払いのけて最後は一人で終わらせてしまいます。一緒にやるとテンポよく進むし、ゲームみたいで楽しいんですよ!娘の場合、本当にできないわけじゃないんですよねぇ。その日の気持ちがただ頑張れないだけ、なんですよ。



「ピアノ」も上手に弾きたい気持ちが強すぎて、1つ音を間違えただけで「全然できてない!もうやらない!」と怒りだします。でもそのあと「ママ、さっきは怒ってごめんね。本当はピアノ嫌いじゃないのに怒ると嫌いっていっちゃう。上手に弾きたいの。」と言ってくるんです。そんな娘に今までは「上手に弾きたいなら気持ちを切り替えて練習するしかないよ。できないって思っているからできないんだよ。」と伝えていたのですが、ピアノに関しては本人任せにせず、絶対にできることからチャレンジさせることにしました。まず新しい曲を始める時は、わたしが弾いているところを見せるところからスタートします。次はわたしの演奏に合わせて一緒に音符を読む。最後に自分で弾けそうだなと思ったら弾いてごらん、と伝えます。そうすると、娘が「いまなら弾ける気がする!」と言ってピアノを弾く頃にはほぼ間違えずに弾けるようになっているんですよ。



決して「できないことはやらなくていい」と教えたいわけじゃないし、失敗しないような手助けをしたいわけじゃありません。毎日コツコツ続けることは大切だし、失敗しても何度もチャレンジできる人になってほしい。でも、いまは娘が自分で受け入れられない小さな小さな失敗をわたしが受け入れ続けてあげることで、いつか娘自身も自分の失敗を受け入れてそれでも頑張ってやってみよう、と前向きになれるんじゃないかな〜なんて思います。娘自身が「できない」と思っていることは、実はちょっと気持ちを切り替えただけで乗り越えられることも多いんだってことに気付いてくれるんじゃないかな〜と期待しているのですが、どうかな?


日本語の絵本もシリーズで♪

娘は日本語優位ですが、自分で読むことだけは英語の方が進んでいます。日本語の絵本も読み聞かせだと英語と同じレベルの児童書を楽しめるのでこちらの自分読みは小学校に入ってからグンと伸びることを期待して、今は本人に任せています。


図書館に連れて行くと自分で適当に選んでくるので、自分で読むのが難しい物はわたしが読み聞かせ、簡単な絵本は自分で読むように勧めています。


英語の本と同じように、好きな作家さん、好きなシリーズの本を好んで借りてきますね〜。「これなら読める!」と安心できるのだと思います。


ちなみに、今娘が読んでいる下記くらいのレベルの日本語の本だと音読しています。英語の本も絵本や10分程度で読み終わる本だといまだに音読することが多いです。


最近読んだ本やお気に入りシリーズを紹介します♪



読み聞かせ編


はれときどきぶた (あたらしい創作童話 13)はれときどきぶた (あたらしい創作童話 13)
(1980/09/05)
矢玉 四郎

商品詳細を見る



幼児のためのよみきかせおはなし集〈1〉幼児のためのよみきかせおはなし集〈1〉
(2000/10)
西本 鶏介

商品詳細を見る




自分読み編


しんせつなともだち(こどものとも絵本)しんせつなともだち(こどものとも絵本)
(1987/01/20)
方 軼羣

商品詳細を見る



くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)
(1975/05)
ドン=フリーマン

商品詳細を見る



うんちっちうんちっち
(2011/11/14)
ステファニー ブレイク

商品詳細を見る



かあさんになったあーちゃんかあさんになったあーちゃん
(1997/07)
ねじめ 正一

商品詳細を見る



ねずみくんのたんじょうび (ねずみくんの絵本 6)ねずみくんのたんじょうび (ねずみくんの絵本 6)
(1978/06)
なかえ よしを

商品詳細を見る



ものすごくおおきなプリンのうえでものすごくおおきなプリンのうえで
(2010/04)
二宮 由紀子

商品詳細を見る



こぐまちゃんいたいいたい (こぐまちゃんえほん)こぐまちゃんいたいいたい (こぐまちゃんえほん)
(1984/01)
森 比左志、わだ よしおみ 他

商品詳細を見る



ことりのゆうびんやさん (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)ことりのゆうびんやさん (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
(2009/03/15)
ニコライ スラトコフ、松谷 さやか 他

商品詳細を見る



んふんふ なめこ絵本 すてきなであいんふんふ なめこ絵本 すてきなであい
(2013/05/30)
Beeworks SUCCESS、 他

商品詳細を見る



りんごかもしれないりんごかもしれない
(2013/04/17)
ヨシタケシンスケ

商品詳細を見る



ころわんのおるすばんころわんのおるすばん
(2003/03)
間所 ひさこ

商品詳細を見る




こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)こんとあき (日本傑作絵本シリーズ)
(1989/06/30)
林 明子

商品詳細を見る



はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)
(1984/06/20)
林 明子

商品詳細を見る




--



英語の本と違い、日本語の本は周りと情報交換する機会がほとんどありません。幼稚園で「いまどんな本を読んでる?」なんて話題になることがないし、本に興味のあるママさんも少ないかな。

わたしも英語育児をしていなかったら、ここまで本を読むことに興味がなかったかもしれませんね。英語育児をしていると、子供が読むにはどんな本が読みやすいとか、興味を持たせるにはどんな工夫をしたらいいかとか、つい考えちゃいます^^


読書、年齢相応ではない

先日、インターに通うお友達が面談で「5歳でMagic tree houseを読むのは年齢相応ではないね。」と言われた話を聞きました。


聞いていたわたしや他のお友達の反応は「そうだよね、そりゃ年齢相応じゃないね。」でした。


実はその日集まった子供たち全員が5歳でMagic tree houseやRainbow magic、Magic school bus などを読み始めているのですが、母親達は皆「これは年齢相応じゃない」と分かってて子供の好きなようにさせているんです。きっと内容を100%理解できてはいないだろうし、背伸びしている部分もある。読めるからといって全部理解できているわけではないだろうね、と。


娘は今は何でも読む時期。読めること自体がただただ楽しいのだと思います。だから、男の子が好きそうなCaptain Underpantsから、女子色の強いRainbow Magic、探偵物のNate the Great、もちろん絵本も大好きだし、かと思えば絶対理解できてないでしょ?と思うような難しそうな本も読めちゃう。


何でも読む娘をみていて2歳のころを思い出しました。2歳のころ「はじめてであうすうがくの絵本」が大好きだった娘。何度も何度も読み聞かせをねだられていました。当時は絶対分かってないでしょーと思っていましたが、好きなら読んであげようと2歳児相手に読み聞かせしていたんですよね。この本は今でも大好きで未だに読み聞かせの本に選ぶことが多いです。


その経験から子供が本に興味を示したときは親はあまり制限せず何でも読ませてあげることも大切なんじゃないかなと思っているんです。わけも分からず読んでいるうちに、分厚い本、字の小さな本にも抵抗がなくなり、年齢が上がると更に幅広い分野の本を楽しめるようになるのではないかな〜、と

良く分かってないのに読めちゃう時期ってそう長くはないのでは??と勝手に思っています。例えば赤ちゃんはママが話す言葉や見るもの全てが分からない物だらけ。何も知らない、分からないのが当たり前だから、分からない=楽しくないなんてことも思わず何でも楽しく興味を持つ赤ちゃん。何も分かっていないからこそ何でも面白い。いま娘はそういう時期だったりするんじゃないかな。本人はちゃんと分かってる!簡単だもん!と言いますけどね。


「分からないところもあるけど読めちゃう」がずーっと続いてしまうのも困るので、年齢相応と思われる絵本やチャプターブックにも興味を持たせるよう工夫もしていますが、今後も簡単/難しい、分かる/分からない関係なく、いろいろな本に手を伸ばしてほしいなぁと思っています。



---



最近の娘は、Magic school busのチャプターブックを3〜4日かけてじっくり読んだ後、Captain UnderpantsやRainbow Magicを一気読み、という生活を送っています。


少し背伸びした本を読んだあとは今まで読んできたチャプターブックがすごく簡単に感じるようです。


Magic school busを読む時は、ちょっと中断して絵本を読んでみたり、簡単なチャプターブックを読んでみたり、ところどころ寄り道しながら読んでいます。少し難しいのでしょうねぇ。でも途中で投げ出すことはないし、本人は楽しんでいるようです。

5歳10ヶ月 娘の視力

娘の視力を1年前に眼科で測ってもらったとき、両目共0.7と診断されました。
そのときはまだ4歳ですし、先生も「このくらいの子はきちんと視力を測れないこともありますから様子をみていきましょう」とおっしゃっていたのですが、やはり心配でその後はかなり気をつけるようになりました。



本を読む時は必ず明るい場所で読む。
本は目から離して持つ。
必ず椅子に座り姿勢を正して読む。
テレビを観るときは3m以上離れる。
テレビはできるだけ1時間以内にする。
目が疲れてきたら休む。



その他、webレッスン以外ではパソコンやiPadはできるだけ使わせないようにしました。
本を大量に読むので視力を守ることは難しいかもしれませんが、本人が気をつけていても視力が下がってしまった場合は仕方がないし諦めもつきます。


さて。
先日、娘の逆さまつげの診断で久しぶりに眼科へ行きました。
眼科では毎回必ず視力を測るのですが、今回は「右目1,5 左目1,2 両目1,5 左目もレンズを入れると1,5まで戻る」という結果でした。


初めて1,5という数字を聞きました。
今まで視力が上がっても1,0でしたから少しずつ安定してきているのかもしれません。


とりあえず、ここ最近読書量が半端なかったので良い結果が出て安心しましたちなみに、逆さまつげもギリギリではありますが、今後よくなる可能性が高いということで特に治療はせずに済みそうです。こちらも、ホッとしました

プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク