5歳9ヶ月 まとめ

webレッスン(16コマ) プライベートレッスン(3.5時間)
今月はプライベートレッスンの先生と予定が合わずますます夏休みと比べると英語を話す機会が激減してしまいましたが、今のところスピーキングに大きな衰えは感じていません。娘の英語を話すスピード、英語で説明しづらい素振りはないか、レッスンを楽しめているかなどが判断基準となるわけですが、いずれも良好です。お友達のママにも娘のスピーキングの成長を褒めていただけて嬉しかったです。

今月レッスンでやったことは、webレッスンではお絵描きしながらストーリー作り、Convesation questions、英語で算数。プライベートレッスンでは学校ごっこをしながら、ワーク、本の音読、精読、折り紙、show and tellなどをしています。

どちらも娘はお絵描きや学校ごっこをして遊んでいるだけなのですが、先生が上手にいろいろなアクティビティを取り入れてくださるので助かります。



イベント
丸善の読み聞かせ会
英語のお友達と公園&水遊び



DVD 1日30分〜1時間
DVDの時間は朝のみなので遅く起きた日は見ることができません。今月は幼稚園の行事が多く疲れが溜まっていたからか、起床時間が遅くなる日が多く、DVDの時間も少なくなってしまいました。

DVDは昔から好きなキャラクターのものを繰り返し見ています。オズワルド、カイユー、カイラン、ドーラ、ブルーズクルーズ、ドック、ソフィア、The cat in a hat、Magic school bus、Sid the Science Kid 、Wild Kratts、peep and the big wide world、Mr Men、Leap Frogなどを今月も万遍なくみました。



かけ流し
娘が読書している間はかけ流しをしないのですが最近読書時間が増えているため、かけ流し時間は激減。。。唯一、食事の時間はかけ流ししていますが、1日1時間あるか、ないかですね。

よく聞いているのは上記DVDの音源です。あとは娘が読んだ本の朗読CDを聞くこともあります。



ワーク
ワークはやーっと娘にちょうど良いレベルのものが分かってきました(関連記事★)下記ワークは本当に楽しく取り組んでいます。


終了したワーク
SCHOLASTIC 240 Vocabulary Words G1(2014/8/中旬〜2014/9/下旬)

240 Vocabulary Words Kids Need to Know, Grade 1: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective240 Vocabulary Words Kids Need to Know, Grade 1: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective
(2012/05)
Kama Einhorn

商品詳細を見る


継続中のワーク
SCHOLASTIC Grammar G1(プライベートレッスンで使用)
Listen, Read, & learn G1(夜読み聞かせ時に娘の音読用の本として)

Scholastic Success With Grammar, Grade 1 (Scholastic Success with Workbooks: Grammar)Scholastic Success With Grammar, Grade 1 (Scholastic Success with Workbooks: Grammar)
(2010/03)
Scholastic Inc.

商品詳細を見る



Listen, Read, and Learn With Classic Stories, Grade 1 (Listen, Read, & Learn with Classic Stories)Listen, Read, and Learn With Classic Stories, Grade 1 (Listen, Read, & Learn with Classic Stories)
(2008/04/04)
School Specialty Publishing

商品詳細を見る




ライティング
日記を中断しているので(娘がどうしても書きたいと言う日のみ書く)ライティングの取組みが出来ていないのですが、今月はRyimingに興味を示したり、ワークをやるときもWord Bankを見ずに自分で書くことも増え、少しずつ成長しているように感じています。しばらくはこの調子で本人のやる気に任せるつもりです。



そろばん
パッチトレーニング6に入る前に再度パッチトレーニング3に戻って復習。ゆっくりペースですが楽しく取り組んでいます。



七田プリントC
C-8終了、C-9開始



読書(1日1〜2時間)
今月は236,495語読みました。語数だけみても良く分かりませんよね。冊数で見ると124冊読んでいました。
特に喜んで読んでいたのは、やはりRainbow Magicシリーズ。こちらはSpecial Editionという1冊で完結する本を古本屋で見つけては読んでいました。また、Arthur、Flat stanley、Magic school busのチャプターブックにも挑戦しました。絵本も図書館から借りていろいろ読みました。


Emma the Easter Fairy (Rainbow Magic Special Edition)Emma the Easter Fairy (Rainbow Magic Special Edition)
(2011/01)
Daisy Meadows

商品詳細を見る




Holly the Christmas Fairy (Rainbow Magic)Holly the Christmas Fairy (Rainbow Magic)
(2007/10)
Daisy Meadows

商品詳細を見る



Arthur and the No-Brainer: A Marc Brown Arthur Chapter Book 26 (Arthur Chapter Books)Arthur and the No-Brainer: A Marc Brown Arthur Chapter Book 26 (Arthur Chapter Books)
(2002/09/01)
Marc Brown

商品詳細を見る



Flat Stanley's Worldwide Adventures #2: The Great Egyptian Grave RobberyFlat Stanley's Worldwide Adventures #2: The Great Egyptian Grave Robbery
(2009/04/21)
Jeff Brown

商品詳細を見る



The Search for the Missing Bones (Magic School Bus Chapter Book)The Search for the Missing Bones (Magic School Bus Chapter Book)
(2000/01)
Eva Moore、Joanna Cole 他

商品詳細を見る



---


小学校入学までとうとう半年を切りました。
幼稚園での行事も増え忙しくなりそうですが、残りの幼稚園生活を思いきり楽しみたいと思います。

WebレッスンでMath

いつもはwebレッスンでお絵描きしながらお話を作ったり、おままごとをしている娘ですが、先日は珍しく算数をやっていました。

わたしがWebレッスンでお勉強しなさい〜って言ったんじゃないんですよ本当はこの日、最近読んだMagic school busの本の話でもして欲しいな〜と思いさりげなく机の上にチャプターブックを置いておいたのですが、もちろん思い通りにはいかず、娘は「これ先週読んだよ〜」と本を見せて終了。。。


そのあとなぜか「今日は計算出しあおう!」と言って遊んでいました。
あとでチャットボックスを見たらこんなやり取りをしていました。



example: 6 + 6 = 12
2 + 7 = ____
13 + 21 = _____ 34
10 + 10 = 20
100 + 100 = 200
1000 + 1000 = 2,000




ちょっと桁数が増えてきたところで娘は「難しい問題はやめて。まだ5歳なんだから。」と、お気に入りのウサギのお人形を持っておままごとを始めたのですが、先生はそれを利用してまた算数の問題を出してくれました。


(娘の名前) has many toys. She has 4 rabbits. She has 2 bears. She has 20 baby dolls. How many toys does she have?
4 + 2 + 20 = 26


(わたしの名前) wants to make cookies. She needs to make 5 cookies for (娘の名前). She needs to make 8 cookies for grandmother. She needs to make 14 cookies for dad. How many cookies will she need to make?
5 + 8 + 14 = 27



問題を解く途中、急に「ふぎゃー、ふぎゃー」と大きな声を出すので何事かと駆けつけると、おままごとの続きでお人形が泣いているフリを娘がしてミルクをあげていたり、何かと騒がしいレッスンでしたが、楽しそうでしたよ


---


読みも進んできたので、そろそろワークのレッスンもできると思うのですが、フリートークはそれはそれで楽しそうなんですよね。悩みます。。

ワークは一人でできるものを!

いろいろやっているワークなんですけど、最近は「子供が一人でもできるレベルのもの」を選ぶように心がけています。


いま毎朝やっているプリント類は「しちだプリントCかず、もじ、ちえ」「そろばんパッチトレーニング」「Vocabulary Words Kids Need to Know G1」の3つ。


パッチートレーニング 3―そろばん学習用教材パッチートレーニング 3―そろばん学習用教材
(2010/11)
不明

商品詳細を見る



240 Vocabulary Words Kids Need to Know, Grade 1: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective240 Vocabulary Words Kids Need to Know, Grade 1: 24 Ready-to-reproduce Packets That Make Vocabulary Building Fun & Effective
(2012/05)
Kama Einhorn

商品詳細を見る



隣で見てあげた方が良い時期もあると思うんです。たとえば文字を書き始めた時期は書き順やえんぴつの持ち方などをさりげなく隣で注意してあげることも大事だし、そろばんも新しく習うところは教えてあげないとできませんからね〜。


娘は英語も日本語も自分で問題文を読めるようになり、そろばんも足し算引き算は一通り教え終わったので、一人で出来る〜という日が増えてきました。わたしが隣に座っていない方が集中して取り組むし、一人で「できた!」ことも誇らしげ。


一人でできるワークというのは、娘にとってちょっと考えれば解けるもの、簡単すぎず難しすぎず、程よい達成感が得られ自信をつけてくれるもの、なんじゃないかな〜と思うのです


最近は、レベルが合っているか、進み過ぎていないかよく観察するようになりました。
ちゃんと問題が解けていても苦戦して時間がかかり過ぎていたり、すぐに集中力が途切れてしまうワークはレベルを見直すようにしています。


そろばんは、先月パッチワーク5が終了したのですが、問題を解けば正解はするけれど、今までのようにパパッと解けないようでペースがかなり落ちてきたんです。なので次の6に入る前にもう一度パッチワーク3からやり直すことにしました。そうしたら、やっぱり楽しそう♪ 「ずーっと続けてるから前のときより簡単!上手にできるようになった!」と自信にも繋がったようです。



---


ちなみに、毎日取り組むプリントの中で娘が一番好きなのは「しちだプリント」です。ちょっと考えれば一人で解けるレベルで今の娘にピッタリ!


「一人で取り組めるかどうか」は娘のワークを選ぶときのバロメーターになっています。

webレッスンで新しい先生探し

娘は現在プライベートレッスンを週1回(たまに2回)、webレッスンを週3コマ取っています。娘の発話の機会はそれらのレッスンと、月1〜2回遊ぶお友達との会話のみですが、それでも娘のスピーキング力は順調に伸びていて日本語とのバランスもとれていると感じています。


小学生になってもこの英語力を(向上とまではいかなくても)キープできたらなと思っていますが、そのためにはスピーキングの機会は現在と同じく1日平均20〜30分必要だと思うんですよね。ところが、実は元々分かっていたことなのですが、今お願いしているプライベートレッスンは先生のご都合で来年の3月で終了してしまうのです


新しいプライベートレッスンの先生を捜すか、全レッスンをwebレッスンに移行して頑張ってみるか、、、迷いますー。


プライベートレッスンでもwebレッスンでも娘はよく喋るし、どちらもカリキュラムを組んでいるわけでもなくフリートークしているだけなんです。お絵描きしたり、学校ごっこをしたり、お人形ごっこしたり、ただそれだけ。

こうしてブログで改めて比べてみると、今の娘にとっては対面レッスンでもwebレッスンでもたいして変わりはないのかもしれないな〜〜


あ、webレッスンだと架空の友達は登場しにくいですけどね(笑)対面でもどちらにしても見えない友達ではあるのだけど。。。(爆)


あぁ、来年からどうしよう、と素直に娘に相談してみました。
すると娘はあっさり「じゃぁ、webレッスンで新しい先生見つけようよ。」と言うので、さっそく何人か試してみることに


数名新しい先生とレッスンしてみたのですが、フィリピン人の先生と、ネイティブの先生で1名づつ良さそうな先生が見つかりました。


フィリピン人の先生の良い所はマジメでちゃんとレッスンを進めようとしてくれるところ。体験ではサイエンスのテキストを使ってもらったのですが、娘が脱線しても適度に付き合いつつ、またちゃんと話を戻して最後まで進めてくれました。テキストは娘が自信をもって読んだり自分の意見を言えるものでちょうど良いレベルだったし、フリートークはありませんでしたが、娘も自分の知識を披露できて楽しかったようです。この先生なら毎回テーマを決めて、今読んでいる本に関連したレッスンをしていただくことも可能かもしれません。


ネイティブの先生とは最近娘が読んだ本の話をしました。本を見せながらあれこれフリートークしたのですが、フリートークはやっぱりネイティブの先生のほうが盛り上がる気がします。先生が小さい頃読んだことのある共通の本の話題で一緒に盛り上がれるし、語彙も豊富。少し落ち着いた雰囲気の先生なので、こちらの先生にもフリートーク以外でテキストを使ったレッスンなどもお願いできるんじゃないかな〜と思っています。

ネイティブの先生にいただいたコメントです。
(娘の名前) has a very good foundation of the English language. She wasn't very responsive during the first three minutes or so, but when I asked her to show me her books, she got excited and just chatted away. Her grammar is almost flawless and she used perfect intonation. She is very smart for her age. I can't believe she's only five years old.



---


新しい先生にレッスンしていただくと、新たなレッスンイメージが湧いて良い刺激になりますね!今までは娘が楽しくお喋りできればずっとフリートークでもいいかな、と思っていましたが、最近本をたくさん読むので、そこに出てきた話題を掘り下げて一緒に話をしてもらっても楽しそう!


実験も好きなので、先生に実験結果を披露しつつ、話を広げてもらったり。


新しい先生でレッスンを開始するなら、初めから「この先生とはテキストを使って話す」と決めておいたほうが良いかもしれません。


レッスンの幅が広がっていくといいな〜。

こんな朝の時間を過ごせたら、、、

娘は毎朝6:30ごろ自分の目覚まし時計で起きてくるのですが、この日はなぜか5:30に起床。せっかくなので朝食前に朝の取組みを提案してみました。こんなふうに朝の時間を使えたら有意義だし、小学校へ行っても余裕を持って出かけられるなぁと思いメモしておくことにしました。


5:30 起床 目が覚めるまで30分DVD鑑賞
6:00 朝の取組み(七田3枚/そろばん1ページ/英語ワーク3ページ)
7:00 朝食
7:50 着替え
8:00 DVD
8:40 ピアノ練習
9:00 幼稚園へ出発



朝の取組みは一人でやってもらってます。たま〜に「これ分からない」と呼ばれるけれど、ダラダラではありますが一人で出来るようになってきました。お喋りしたりトイレに行ったりするのでこの量で毎日1時間はかかってしまいますー。


小学生になったら7:45には家を出ることになるのですが、朝食、着替え、出掛け前のDVD鑑賞などはもっと短縮もできると思うし、なんとかなりそう


それにしても、朝食前に朝の取組みを終わらすことができたら親は気が楽ですね〜。朝が苦手な娘は滅多にこんな時間には起きてこれないでしょうが、この時間帯ならパパが起きてきてプリント中断ということもないし、朝の支度に時間を押されて取組みができなかった、ということもない。


毎朝プリントをやる時間はあるはずなのに、朝食を食べた後だとスムーズに取り組みできないこと多し!!気持ちは分かりますよね。なんか眠くなりますよね〜〜


5:30に起きると目が覚めるまでDVDを見る余裕があるのも娘には合っていると思います♡小学校入学までに朝食前に朝の取組み習慣がついたらいいですよね〜







語りかけ、読み聞かせ、いつのまにか卒業

娘への語りかけ、もう少し続けよう!!と意気込んでいたにも関わらず(関連記事→)、実はここ数ヶ月まったく語りかけできていません。娘のレッスン中や英語のお友達と遊んでいるときには指示する言葉やあいづちなど必要最低限の英語は話しますが、たぶん今後そういう場面以外で娘に英語で話しかけることはもうないだろうな、と感じています。


一番の理由は、娘の英語についていけなくなったこと。言っていることが分からないし、分かったとしてもなんて返事をしていいのかすぐに英語がでてこない。簡単な英語でどうにか会話を繋ぐことくらいはできるんです。でも娘はもうすぐ6歳。そういう薄っぺらい会話じゃ満足しないし、いくら娘の発話を引き出すためとはいえそれって価値があるのかな?とフッと疑問に思うことが増えたんですよね〜。


4歳前半くらいまではわたしの語りかけは大きな影響力を持っていました。わたしの語りかけが減れば娘のスピーキング力もグンと下がるため、毎晩必死で語りかけ集を覚える日々でした。


でも子供って5歳くらいから随分いろいろなことに興味を持ち始め、会話も複雑になり、今まで以上に鋭い質問が増えてくるんですよね。それに対してやっぱり日本語じゃないと応えられないことが増えてきてしまい、もう潮時かなぁと思うようになりました。


また、webレッスンが定着してきて週3コマ程度ですが、今は定期的に英語を話す機会があること、そしてここ数ヶ月わたしの語りかけが激減したにもかかわらず娘のスピーキング力は落ちるどころか上がっていて、語りかけが無くなっても娘には何の影響も出ないことが分かったことも理由の1つです。もう必要性が感じられないんですよね。


英語の取組みの中で一番大変だったのが語りかけです。自分の片言の英語が娘に悪影響なんじゃないかと悩むことも多々あったし、早く語りかけしなくても娘の英語がキープできるようになれば良いのにとずっと思っていました。でもあっという間に卒業なんですね〜。約2年間くらいで語りかけ期間は終わってしまいました。ちょっと寂しい気もしますが今後は語りかけ以外でサポートを頑張りたいと思います



---



タイトルにもありますが、実は読み聞かせも同じで、いつのまにか英語の本を娘に読み聞かせることはなくなっていました。


理由はやっぱり娘が読むような本をわたしには難し過ぎること、また娘もそれを分かっているためわたしに読んで欲しいと言わなくなったことです。


娘は読み聞かせをしてもらうのは大好きなので、毎日寝る前は何かしら本を持ってきますが、ここ半年は日本語の本ばかりですね〜。


日本語の本は娘が自分で読める読めない関係なく、寝る前の儀式としてわたしにほんで欲しいと言います。なので、これはできるだけ続けたいとは思っているのですが、英語の本はもうわたしが読むことはないだろうな。。。


語りかけも読み聞かせも本当に大変でしたが娘への影響力はものすごく、英語の取組みの中で特に力を入れて取り組んできました。それが、5歳を過ぎて自分でも気付かないうちにいつのまにか卒業していて。。。そのことに自分でも驚いています。



---



語りかけと読み聞かせをしなくなったら、わたしの英語の成長は止まってしまいました。いや、スピーキング力はかなり落ちましたね〜。もう全然英語が出てこないし、娘の英語も更に理解できなくなってしまいました。


今はいろいろ思うことがあり自分自身のことは一時中断していますが、またしばらくしたらわたしの英語の勉強も再開したいと思っています。









暇さえあれば読書/今度はFLAT STANLEY

娘は暇さえあれば読書をしています。
いや、読書かおままごとです。


朝幼稚園に行く前、電車移動中、幼稚園から帰って着替える前に、ご飯の前と後、お風呂後、それぞれ15〜20分ですが、1日で合計1時間〜2時間は読書しているんじゃないかな。


読書時間が増えるのはとても良いことだと思うのですが、自由に制作したりお絵描きしたりする時間が減ったのと、何よりワークをする時間も減っちゃいました


ワークについては、コツコツ机に向かう習慣づけのためにもちゃんと時間を決めて取り組みたいのですが、それがいつのまにか読書時間に変わっていたりして、これで良いのか、悪いのか


本読みについては、お友達との本の貸し借りがすごく良い刺激になっています。「お友達から借りた本=友達が好きな本=わたしも好きになるはず」と思っているようで優先して読むし、そこでハマったら同じシリーズの本を家にあるだけ一気に読み続けます。


あと読んだ本の記録をつけるのもすごく励みになるようです。本の一覧が増えるのが嬉しいからもっと読みたくなるんですって今は多読王国やブクログなど便利なサイトがたくさんありますよね。我が家の場合はわたしが記録を見返して娘の好みや現在のレベルを考え直すのにも役立っています。




--




先日読み始めたMagic school busのチャプターブックは、現在図書館で続きを予約している最中でまだ手元に届かないのですが、その間に読み始めたのがFLAT STANLEYです。

<ここ数日で読んだFlat Stanley。1日1冊>


Flat Stanley: His Original Adventure!Flat Stanley: His Original Adventure!
(2013/12/23)
Jeff Brown

商品詳細を見る



Stanley, Flat Again! (Flat Stanley)Stanley, Flat Again! (Flat Stanley)
(2009/04/07)
Jeff Brown

商品詳細を見る



Invisible Stanley (Flat Stanley)Invisible Stanley (Flat Stanley)
(2003/08/14)
Jeff Brown

商品詳細を見る




Stanley in Space (Flat Stanley)Stanley in Space (Flat Stanley)
(2003/05/06)
Jeff Brown

商品詳細を見る


これもいつか読む日の為に、と古本屋で見つけては買い集めていたのですが、読んでみたらすごく分かりやすいし、語数も4,000語とちょうど良い。


シリーズでたくさん出ているのも嬉しいです。
朗読CDも持っているので、読んだ後聞かせてみよう〜

Magic school bus

サイエンス好きな娘は小さい頃からMagic School BusのDVDが大好きでした。

Magic School Bus: Creepy Crawly Fun [DVD] [Import]Magic School Bus: Creepy Crawly Fun [DVD] [Import]
(2012/09/04)
Magic School Bus

商品詳細を見る



4歳ごろから絵本の読み聞かせでもMagic School Busを読んであげていたのですが、最近はそれらの絵本も自分で読めるようになり、先日とうとうチャプターブックを読み始めました娘は気に入ったシリーズがあると一気に読んでしまうのですが、この一週間もちょうどMagic school bus週間でして、絵本8冊を一気読みした後、いつの間にかチャプターブックも読んでいました。


娘に難しくないの?ちゃんと分かってる?と聞くと「難しくない。面白いよ〜。レベルはCaptain Underpantsと同じくらい」と言うのですが、、、え、、同じレベルなの??


同じ日にちょうどCaptain UnderpantsとMagic School Busを読んだのでちょっと比較してみると、、、うん。たしかに語数も読みやすさレベル(YL)もそんなに変わらないんですね。



Captain Underpants and the Big, Bad Battle of the Bionic Booger Boy, Part 2: The Revenge of the Ridiculous Robo-boogersCaptain Underpants and the Big, Bad Battle of the Bionic Booger Boy, Part 2: The Revenge of the Ridiculous Robo-boogers
(2003/08)
Dav Pilkey

商品詳細を見る
語数:7,582 YL:2.8〜4.5



The Truth About Bats (Magic School Bus Chapter Book)The Truth About Bats (Magic School Bus Chapter Book)
(2000/01)
Eva Moore、Joanna Cole 他

商品詳細を見る
語数:6,498 YL:3.5



Magic school busは絵本がものすごーくハードル高いイメージがあったのでチャプターブックは小学生になってからかな、と思っていましたが、いろいろ調べてみるとMagic tree houseが読めるようになったらそろそろMagic school busもイケル!とありますね。今回は1冊をだいたい50〜60分前後で読み終えてしまっていたので、確かにそんなに苦戦していた様子でもない。(あ、すみません。読んでいた時間は適当です。何回かに分けて読んでいたけれど、朝と夜のちょっとした読書時間で読んでしまいました。)


CD付き絵本やDVDで慣れ親しんでいたからチャプターブックもとっつきやすかったのかもしれません。日本人からするとまず登場人物の名前が読めなかったりしませんか?登場人物の名前や性格が頭に入っているだけでもぐっと読みやすく感じると思います。


---


子供の本選びって楽しいけれど、いろいろ考えさせられます。
まだ小学校に上がっていない娘には学校生活色の強い話は理解しづらく、最後まで読めたとしても「良く分からなかった、面白くない」と言います。


例えばArthurのチャプターブック。絵本が大好きでそのうちチャプターブックも読むようになり、すでに3〜4冊読了しているのですが、やはり学校での出来事は良く分からないようです。


Arthur and the No-Brainer: A Marc Brown Arthur Chapter Book 26 (Arthur Chapter Books)Arthur and the No-Brainer: A Marc Brown Arthur Chapter Book 26 (Arthur Chapter Books)
(2002/09/01)
Marc Brown

商品詳細を見る




子供が最後まで本を読んだからと言って本当に楽しめているかはまた別の話なんですね。わたしが英語ができず、もう娘の読むチャプターブックはお手上げなので娘から素直な感想を聞かせてもらえるとホッとします。でも、実際内容が理解できていなくても子供が「(本の世界観が)好き!」と言ってどんどん読むならそれもアリですよね。というのは、今理解できていなくても後々繋がるってこと、今までも絵本でなんども経験してきているので。娘にとってMagic school busはその部類かな?と思っています。


レベルが全然あってないのに「ちゃんと理解できてる!」とか言われると困りますが(汗)分からない部分もあるけど「なんか好き!もっと読みたい!」っていうのはアリかなぁ、と。もちろん、分からない単語はほぼない状態で飛ばし読みなどはせず、最後までちゃんと文字を追って読み終えることができるのが前提ですよ。みなさんは本選び、どうしてますか?


今がっつりハマっているRainbow Magic、Captain Underpants、Mr.Menなどをもっと買いたそうかな〜とも思うけれど、新しいシリーズの本にも挑戦して欲しいし。うーん、悩みます



まずは図書館の本を読み尽くしてから、かな〜^^
チャプターブックを読むようになると有名どころは図書館で揃っていることが多いので助かります。


小学生になったら楽しめる本が一気に増えそうですね!!


--


(追記)
後日、Magic school bus、どこまで内容を理解できているのか、ちょっと心配になって音読させてみました。単語は1〜2ページに1つくらい意味が分からない単語があるようです。それでも知らない単語も飛ばすことなくフォニックスをたよりに音読していました。ただ、1つ1つの単語の意味は分かるし読めるけれど、全体を通して書かれていることをイメージしたり、自分の言葉で説明できるかといったらそうではありませんね。まぁこれは今後いろいろな経験を通して「あ、これMagic school busの本にも書いてあった!」と繋がる日がくるのだと思います。Magic school busなどで出てきた内容を図鑑などで調べてみたり、レッスンで関連する資料を読んでもらったりしても面白いかもしれません。探偵ものやフェアリー系は楽しく読んで終わりですが、サイエンス系は興味を広げられそうでいいですね〜。

Rhyme が好き

最近言葉遊びが好きな娘。日本語でもリズムにのって歌を作ったり、しりとり、反対言葉を見つけたりするのが好きなんですよね〜。


先日、夜中にどうしても寝れないと起こされて「ちょっとRhymeが頭に浮かんじゃったから!」と紙にあれこれ書き始めたので、少しだけ一緒に遊んでみました。そのとき参考にしたのがOxford First Rhyming Dictionary。娘が書き出したものが正しいかどうかチェックのために使いました^^ Rhymingはライティングやリーディングにも役立ってくると思うのですがどうなのでしょう?



Oxford First Rhyming DictionaryOxford First Rhyming Dictionary
(2008/05/01)
John Foster

商品詳細を見る





次の日、こちらの本も久しぶりに再読してみました。マザーグーズの歌がCD付きでたくさん紹介されています。Rhymeを意識して読むと楽しいですね。


Listen, Read, and Learn With Classic Stories, Grade KListen, Read, and Learn With Classic Stories, Grade K
(2008/04/04)
School Specialty Publishing

商品詳細を見る




Rhymeといえば、Dr. Seuss Dr.Seussの本は小さいお子さん用に薦められることも多いですが、自分で読めるようになるとRhymeが生み出す英語独特のリズムを楽しめるようになり、更にハマると思います。いつもは黙読する娘ですがDr.Seussの本は音読したくなっちゃうみたい。リズムよく読むので聞いている方も気持ちがいいです。


The Cat in the HatThe Cat in the Hat
(1957/03/12)
Dr. Seuss

商品詳細を見る



One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fish Book & CD (Book and CD)One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fish Book & CD (Book and CD)
(2005/01/05)
Dr. Seuss

商品詳細を見る


Rhymeとは関係ないけどサイエンス好きの娘は、Dr.SeussのDVDもめちゃくちゃ好きです。

Cat in the Hat: Cat 3pack Wings/Up/Tales [DVD] [Import]Cat in the Hat: Cat 3pack Wings/Up/Tales [DVD] [Import]
(2011/07/12)
Cat in the Hat 3pak

商品詳細を見る





最後にDVDのご紹介。娘のRhyme好きはこのDVDがきっかけだったと思います。赤ちゃん向けのDVDなのだけどRhymeやPhonics、手遊び歌など盛りだくさんの内容で実は5歳になった今でも楽しく見ています(笑)

CatChat for BABIES 0歳からの聞き流し英語 [DVD]CatChat for BABIES 0歳からの聞き流し英語 [DVD]
(2004/09/29)
城生佰太郎

商品詳細を見る



CatChat for BABIES+(プラス!) [DVD]CatChat for BABIES+(プラス!) [DVD]
(2010/03/17)
チャット、チャティ 他

商品詳細を見る



DVDでマザーグーズと言ったらこちらも有名ですね〜。

Barney - Barney's Rhyme Time Rhythm [DVD] [Import]Barney - Barney's Rhyme Time Rhythm [DVD] [Import]
(2000/03/21)
Barney

商品詳細を見る




---



おまけ
Rhyme遊びをしていて娘が作った文章を載せておきます。


Look at the book with a piece of cooked cake!


The cat was in the hat and a hat was surrounded by bats!


5歳の夏はサイエンス!

夏休み中、わたしなりに娘とたくさん遊んだつもりです^^


上野動物園、科学館のエジプト展、六本木アートアクアリウム(金魚)、麻布十番祭り、神宮花火大会、日本武道館でパパのお仕事見学、オーケストラコンサート、サンリオピューロランド、絵画コンクールへ応募、お家でプール遊び、川遊び、家族旅行で箱根温泉、ドラえもん映画、田舎の畑でひまわりを育てる、など。


でも夏休み最後の週に娘からきつーいひと言。
「なつやすみに、ママぜんぜん遊んでくれなかったね!」


ええええーーー?
お友達と公園にも行ったし、たくさん遊んで笑って楽しそうにしてましたけど??どうしても行きたいといっていたサマースクールにも急遽申し込み、毎日送迎がんばりましたけど?


娘からそんなことを言われてショック



じゃぁ、ママと何して遊びたかったのかな〜?と聞くと「一緒に実験とかしたかった」とのこと。




娘の喜ぶ笑顔にあんなに癒された日々はなんだったのでしょうか。子供は次の日には忘れちゃうんでしょうね。悲しい。。。



---



ということで(?)娘のリクエストにお応えして、夏休み最後の週は1日1つと決めていくつかなんちゃって実験をして一緒に遊びました。



みずたまつぶし
ロウをぬった画用紙に水をたらすとコロコロした丸い水玉ができるんです。この水玉に洗剤をつけるとぺちゃんこにつぶれてしまう、という実験です。洗剤は水の内側からのひっぱる力を弱めるので水の重さで水玉が潰れてしまうようです。


コロコロの水玉とぺちゃんこになった水玉が分かりますか?絵の具で水に色を付けて可愛い水玉をたくさん作りました。
10641089_526754927470482_9157703303543389609_n.jpg
10636091_526754957470479_2308835946649706074_n.jpg



磁石のパワー
磁石の鉄を引きつける「磁力」をためす実験です。小さい頃よくやりましたよね〜。磁石で花を咲かせたり、花火をあげてみたり、クリップをどれだけ長くつなげることができるか、水の中ではどうなるのか試してみたり。磁石遊びは楽しいです〜^^


中にはり金が入っているラッピングタイを細かく切りそれを磁石にくっつけて遊びました。
10614136_526755087470466_556224738463131913_n.jpg
10672334_526755187470456_6152241268949693108_n.jpg



ひまわりの種
実験でもなんでもありませんが、娘が植えたひまわりの種を全部取り出してどれだけ種があるのか数えてみました。娘の希望で普通の黒い種と黒く成長しなかった白い種を分けてそれぞれ数えることに。種がどのように並んでいるのか、成長しなかった白い種はどの当たりに集まっているのかなど観察し、最後に今までの成長記録をまとめてみました。このあと、種を炒めておやつにしました〜^^


10354163_526755327470442_8375693696189454577_n.jpg
10570256_526755490803759_696127312290408841_n.jpg




実験ってわたしも好きなんですよね。でも付き合う時間がなかなか取れないのですけど。夏休み明けも少し継続していろいろな実験を試してみようと思っています。また面白い実験があれば紹介したいと思います^^
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク