webレッスンの効果は?

昨年の夏休み明けからグンと増えたwebレッスン。
少しずつ増えていき、現在は毎日1コマ、週末には2コマレッスンを受けています。


最近は幼稚園へ行く前にレッスンを受けているので朝から調子もよく、生活リズムも崩れにくいのでとてもいいかんじ^^

ただ、webレッスンって効果あるのかな〜?とたまに考えてしまいます。


思い出すのはお友達が言っていた「1年間webレッスンを毎日がんばってみたけれど、スピーキングが伸びているか正直分からない。」という言葉。


webレッスンをしていることでスピーキングが伸びてきた!というお話って実はあまり聞いた事がないんですよね。娘を見ていてもプライベートレッスンは受ければ受けるほどグングン伸びていると感じられるけど、webレッスンは残念ながらそうでもないかなぁ。。。


先生とも慣れてきてとても楽しそうだし、沈黙したりすることはないんです。でも、「一応言いたい事は英語で話してます」っていうのかな〜。なんて表現したら良いのか分からないけれど、、、やっぱり対面の方が娘の言いたい事が伝わるし、先生にもフォローしてもらいやすい、だから話も盛り上がるのではないかな?と。


「それでも、うちはこういうレッスンをしたら効果が出てきましたよ」とか「webレッスンはフリートークでスピーキングを伸ばすというよりワークなどでレッスンを進める方が効果的ですよ」「小学生になるともっと話す幅が広がってくるのでプライベートレッスンと変わりませんよ。」などのお話があればぜひ教えて欲しいです。


webレッスンは隙間時間で効率的に英語の時間を作る事ができるので今後も上手に活用していきたいのですが、webレッスンをもう少し減らして他の事へ時間を回そうか、迷うところです^^








こども新聞始めました

先週から「読売KODOMO新聞」を読み始めました。
娘が伝記に興味を持ち始めたり、ニュースなどを聞いていても「なんで?なんで?」と興味を持つ事が多くなってきたので少し早いけれど「新聞」という活字の多いものに慣れるのもいいかな〜と思い始めてみることにしました。


こども新聞は最近はいろいろありますが、読売KODOMO新聞は毎週1回届く新聞なんです。毎日届いても今はまだわたしが読んであげなければならず、その時間が取れるか不安〜だったので、まずは週1回の読売KODOMO新聞からスタート♪


先週届いた新聞は、歴史、スポーツ、最近起きた事件や事故、音楽、一押しの本の紹介など、どのページも娘と一緒に楽しめました。


娘にとっては今まで読んできた絵本と違い「本当にあった事件、本当に存在する人たちの話」というのがなんとも不思議なようです。絵本では出てこない言葉もたくさん出てきて「戦国時代ってなに?AKBって幼稚園のお友達が話してた〜!本田って人はサッカー上手なんだね!」と興味津々。


小さい子供って何でも知りたいんですね。知らない事ばかりが載っている新聞でこんなに楽しめるなんて。。。娘は最近エジソンが大好きなので「知りたい知りたいって思う事はすごくいいことなんだよ。」と、娘の「なんでなんで?」攻撃に疲れた顔してるわたしに言ってきます(笑)


そうそう、もう少しじっくり読めそうな「毎日小学生新聞」も気になっています。一応お試し新聞を頼んでみようと思います〜^^




5歳1ヶ月 算数プリント、数遊びなど

「はじめてなぞぺー」が終わりました。これは4歳半ごろに始めて自分でも同じような類題を作ったりしながらのんびり進めていました。このプリントはただ進めるというよりも親子で数遊びを楽しみ、慣れてきたら類題を作って遊ぶ事が一番の目的と最初に書かれています。類題を作る事は問題作成者のポイントや仕掛け、意図を見抜く目を持つ事がワンランク上の学力に繋がるとのこと。問題作成の目を養う一番の方法は子供が自分で類題を作ることだそうです。

5歳になったばかりの娘にとって、この本がちょうど良いレベルでした。なので本の問題は全部解き終わりましたが、もうしばらく同じような類題を作って遊んでみたいと思います。


年中〜年長 考える力がつく算数脳パズル はじめてなぞぺー年中〜年長 考える力がつく算数脳パズル はじめてなぞぺー
(2007/02/24)
高濱 正伸

商品詳細を見る




算数といえば毎日やっている七田のプリントB(かず)。
数字の分解や合成などの問題が出てきていますが、今までは指を折って数えていたり、1つ1つ数を数えて答えをだしていたりしていたんです。それでも良いかな〜と思って見ていましたが、チョコレートやグミを使って数遊びをしていたら少しずつ頭の中に数をイメージしてそこから答えを導きだすようになってきました。3+7だったら10の成り立ちを考え「7は10より3つ少ない数だよね。だから3+7は10なんだね。」みたいな感じ。またリンゴが8こある絵をみて「いくつありますか?」という問題では「この絵は4と4と並んでいるから8こだね。8は1と7、2と6、3と5、4と4、、、などが集まった数字なんだよね」など。


1桁、2桁の足し算引き算なら数えたり指を使ったりすれば答えることはできるけれど、今はこうして数を集合数としてイメージできるかどうかを大切にゆっくり進めています。1桁などの足し算は覚えてしまいがちだけど、覚えて早く解けるよりもイメージできることが大事かなぁと思っています。


--


足し算とか引き算って先取りになりますよね。
先取りというと「子供を無理させて親が一生懸命やらせている」イメージが強く、周りに話してもあまり良い顔をされない気がします。でも、こうして「数遊び」をする時間ってとても大切だし、子供に「お勉強」と感じさせずに数に向き合うことって就学前だからこそ出来る事だと思うんですよね。

小学校に入って数が得意だったりするお子さんって就学前に家庭で意図的じゃなくても数遊びをたくさんしていたんじゃないかな?


就学前は家でたくさんプリントをさせて計算が早くできるようにする、というよりも、おやつや積み木などを使った数遊びをたくさんして数に親しみを持って欲しいなぁと思っています。


ずーっと前から参考にしている本はこれ。2歳でこの本の通りにできるお子さんはすごいな〜と思います。娘はいま5歳ですが、4〜5歳でやっと追いついた感じです(笑)


2才児のさんすう2才児のさんすう
(1996/09/05)
伊藤 恭

商品詳細を見る



---

(追記)

忘れていましたが、4歳3ヶ月から「算数脳ドリル 立体王 やさしいキューブ100」も続けています。一度娘が嫌がったので止めていましたが、4歳8ヶ月ごろからたま〜に出しては一緒に遊んでいます。今日久しぶりにやってみたらどんどん進む〜。一気に半分終わらせました。やっと立体も楽しめる年齢になったみたいです。立体といえば「賢人パズル」もたまに思い出しては遊んでいます。


算数脳ドリル立体王 入門編 やさしいキューブ100―花まる学習会式 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)算数脳ドリル立体王 入門編 やさしいキューブ100―花まる学習会式 (頭のいい子を育てるドリルシリーズ)
(2007/12/12)
高濱 正伸、平須賀 信洋 他

商品詳細を見る



賢人パズル賢人パズル
(2007/12/10)
エド・インター

商品詳細を見る




あと、頭の体操程度に数独も。
お友達が紹介してくれたこちらの↓本↓を使っています。webレッスンでもたまに先生とやってますよ〜。先生も好きみたいで娘が答えを出す前に自分で先に答えを出し、「ねぇ、合ってる?合ってる?」と聞いてくる(笑)こちらの本は4歳からできるとても簡単な数独です。数独はアメリカでも新聞に載っていたりと有名みたいですね。



More Kindergarten Sudoku: 4x4 Classic Sudoku Puzzles for KidsMore Kindergarten Sudoku: 4x4 Classic Sudoku Puzzles for Kids
(2008/01/30)
Peter Kattan、Nicola Kattan 他

商品詳細を見る

今週読んだ本(1/10〜1/16)

今週(1/10〜1/16)の読書記録です。
自分読みの本と読み聞かせの本、共に記録しておきます。



自分読み


Small Pig (I Can Read Book 2)Small Pig (I Can Read Book 2)
(1988/08/05)
Arnold Lobel

商品詳細を見る



Fancy Nancy at the Museum Book and CD (I Can Read Book 1)Fancy Nancy at the Museum Book and CD (I Can Read Book 1)
(2009/09/22)
Jane O'Connor

商品詳細を見る



Fancy Nancy and the Delectable Cupcakes (I Can Read Book 1)Fancy Nancy and the Delectable Cupcakes (I Can Read Book 1)
(2010/08/24)
Jane O'Connor

商品詳細を見る



Fancy Nancy Sees Stars Book and CD (I Can Read Book 1)Fancy Nancy Sees Stars Book and CD (I Can Read Book 1)
(2011/04/26)
Jane O'Connor

商品詳細を見る



Fancy Nancy - Bonjour ButterflyFancy Nancy - Bonjour Butterfly
(2009/06/30)
Jane O'Connor

商品詳細を見る



PinkaliciousPinkalicious
(2009/09/01)
Victoria Kann、Elizabeth Kann 他

商品詳細を見る


↓Folk & Fairy Tale Easy Readers 全15冊

Folk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young ReadersFolk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young Readers
(2009/02)
Violet Findley、Kama Einhorn 他

商品詳細を見る



↓ORT Stage6 Storybooks 6冊

STAGE 6 STORYBOOKS PACK (Oxford Reading Tree)STAGE 6 STORYBOOKS PACK (Oxford Reading Tree)
(2011/01)
Roderick Hunt

商品詳細を見る



読み聞かせ

↓レインボーマジックはかけ流しをしたら読んで欲しいと言われました。でもまだ難しかったようで途中で断念。

Ruby the Red Fairy (Rainbow Magic)Ruby the Red Fairy (Rainbow Magic)
(2005/05)
Daisy Meadows

商品詳細を見る



↓お借りしている本を1日1冊♪

Mr. Men: My Complete Collection (Mr. Men Classic Library)Mr. Men: My Complete Collection (Mr. Men Classic Library)
(2010/03/01)
Roger Hargreaves

商品詳細を見る



↓このシリーズが好きで特に野口英世は何度も借りて読み返しています。

野口英世 (伝記絵本ライブラリー)野口英世 (伝記絵本ライブラリー)
(2006/03/01)
こわせ たまみ

商品詳細を見る



決定版 心をそだてるはじめての伝記101人 (決定版101シリーズ)決定版 心をそだてるはじめての伝記101人 (決定版101シリーズ)
(2001/11/06)
講談社

商品詳細を見る



エジソン (伝記絵本ライブラリー)エジソン (伝記絵本ライブラリー)
(2006/03/01)
こわせ たまみ

商品詳細を見る



↓思い返せば2歳のころから読み続けている娘が今でも大好きな本。だからといって、数学が得意な様子はありません。

はじめてであう すうがくの絵本 (2)はじめてであう すうがくの絵本 (2)
(1982/11/20)
安野 光雅

商品詳細を見る



ふしぎな たね (美しい数学)ふしぎな たね (美しい数学)
(1992/08)
安野 光雅

商品詳細を見る



壷の中 (美しい数学 (4))壷の中 (美しい数学 (4))
(1982/10)
安野 雅一郎

商品詳細を見る



↓このシリーズは1巻〜10巻まで持っていて一度全部読み終えたのでまた最初から読み聞かせしています。

幼児のためのよみきかせおはなし集〈1〉幼児のためのよみきかせおはなし集〈1〉
(2000/10)
西本 鶏介

商品詳細を見る




考える力・知的好奇心を育てる 子どもに教えたいふしぎのお話365 オールカラー考える力・知的好奇心を育てる 子どもに教えたいふしぎのお話365 オールカラー
(2012/03/14)
篠原 菊紀

商品詳細を見る



もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻
(2010/05/12)
西村 敏雄

商品詳細を見る




以上です

webレッスンでConversation Questions

娘のwebレッスンはいつも何人か決まった先生にお願いしているのですが、娘は「自分のやりたいことしかやらない」主義なのでレッスン内容は大抵こちらが考えたものをお願いしています。


たとえば、ワークを送ったり、娘の描いた絵や日記を送って添削してもらったり。


でも、娘はわたしが提案したレッスンを毎回きちんとやってくれるわけでもなく、、、調子が悪い時はずっとフリートークになってしまいます。フリートークというかお人形ごっこをしているだけなんですが(汗)


それが、今週は少しレッスンに変化が出てきました。


実は少し前からFancy Nancyの絵本などを娘が朗読し、その後質疑応答みたいなレッスンをしていただいているのですが(娘が何の前触れもなく急に朗読し始めて偶然質疑応答レッスンが成立した、って感じですが)そんな朗読レッスンが続いたある日、フっとみると今日やるはずのワークも終わり、先生から送られてきたConversation Questionsのサイトを見ながら質問に答えている娘。先生は娘の返答を聞いて正しい英語(自然なフルセンテンス)で言い直し、タイプして送ってくれていました。


こんなレッスンができるとはーーー!
グラマーの改善にも役立つし、娘のライティングの良い練習にもなりますね。


今まで先生主体のレッスンは全くなかったので、今後どんなレッスンをお願いしたら良いのか少し悩んでいたのですが、先生との新たな可能性が見えた気がして嬉しかったです


もしかしたら、自由人の娘とのレッスンを先生もどう進めたら良いのかいろいろタイミングを見計らっていたのかもしれませんね。本を朗読してそれに対する質問に答えるレッスンができるようになったから、Conversation Questionsのサイトを使うようになったのかもしれません。


ちなみに今回のテーマはFood&Eatingでした。
料理は好き?とか、日本で有名な料理は何?とか、好きなデザートは何?とかそんなことを聞かれていました。


娘はレッスン中、先生の質問や自分の返答をノートに書き写し、あとでそれを切り取ってオリジナルのQuestions Bookを作っていました。今回のレッスン、娘も楽しかったようだし、今後も続けて欲しいな〜と思っています。


***追記
この質疑応答のレッスンをやることになった経緯は、どうやら娘が「本を作りたい」という発言をしたことによって始まったみたいです。先月レッスンでお絵描きブームがありましたが、その延長みたいなかんじかな。直近のレッスンでも「Birthday Surprise Book」とやらを一緒に作っていました。娘が「サプライズといったらキャンドルケーキだよ!」なんて言うと先生が一生懸命可愛いキャンドルの写真を探して送ってくれ、その絵に関する文章を先生と一緒に考えるて、娘が写すというレッスン。楽しそうだし、自由だけど実りあるレッスンという感じがしますね。さぁ、もうしばらく本作りブームが続くといいけれど。

会話、もう少し家で頑張りたいです

プライベートレッスンで、ごっご遊び以外にももう少し幼稚園のお友達の事やイベントごとの会話もして欲しいと思い、先生といろいろ試してみたのですが、、、全然のってこない娘。


ごっこ遊び以外はやりません。


たまにはパズル絵本で遊んだり、自分で本を読んだり、先生と日記を書いたりしています。でも基本はずっとごっこ遊びです。


いろいろ考えてみたのですが、大人だって「この話はこの人に聞いてもらいたい!」と思う事ってありますよね。たとえば幼稚園のことだったら同じ幼稚園のママに、英語育児のことだったら英語育児を同じように頑張っているママに話したい。相手が良く知らないだろうな〜、興味ないだろうな〜という話は自然と口から出てこないし、話したとしても適当な言葉しか思い浮かばなかったりします。


娘だって幼稚園のお友達の事などちょっと込み入った話は、自分の全てを分かってくれているママにしか話せないことなのかもしれませんね。



ということで。
絵本を使って会話を広げたり、娘の日々日常の出来事の話を引き出すのは、まだまだわたしの役目なのだなぁと改めて思ったのでした。特に絵本については上手に読み聞かせできるかどうかではなく、「とにかくママがいい」みたいで。。。そうですよね。絵本の時間は娘にとってわたしと寄り添って大好きな絵本が楽しめる寝る前のリラックスタイム!まだ小さな子供にとっては綺麗な英語で読んで欲しいとかそんなの関係ないのでしょうね。


英語ができないからとなまけてちゃイカン!もう少し、、、頑張ってみます。


プライベートレッスンでおままごと以外の事も!

プライベートレッスンでは色紙やビーズなどを使って制作をしたり、カードゲームをやってみたり、絵本を読んでみたり、ワークを用意してみたり、娘の会話を広げる為にいろいろ試してもらっているのですが、結局娘がやりたいことは「おままごと」なんです。


お人形と一緒にピクニックへ出かけたり、お人形を集めて動物園を作ったり、お買い物ごっこをしたり、ドーナツ屋さんごっこをしたり、郵便屋さんごっこをしたり。。。とにかく「ごっこあそび」が好きなんですね。


楽しいならそれでいいと思い、ここ半年くらいは自由に遊ばせていました。自由に遊ぶといっても毎回同じ遊びをしているわけじゃないから店員さん役をやったり、お客さん役をやったり、ママ役や子供の役を演じる事で毎回違った会話が飛び出していましたから


でも先日今年の目標を立てたときスピーキングに対しては何のアイディアも浮かんでこなかったわたし。楽しいのは良いけれど、もう少し何かできることがないかな〜?と考えて、さっそく今週のレッスンで先生に新しい取り組みをしてもらいました。


先生にお願いした事は、、、


一番大切な事は楽しく会話をすること。だから娘が嫌がるならいつも通り自由にごっこ遊びをしていただいて構わない。


もっと自分の気持ちを英語で表せるようになって欲しいので、例えば今日の幼稚園の出来事、クリスマスのこと、英語のお友達と遊んだことなどを上手に聞き出してほしい。


絵本を読み聞かせしてその感想を言い合ったり、どんな話だったか、どうして主人公はその行動をとったのか、など話し合ってほしい。





最近のレッスンでは本当に1時間でも2時間でもずーっとごっこ遊びなので、たまには違うことをしてみたらどうかな?と思ったのですが、日本語でもわたし以外の人とじっくり幼稚園のことや本の内容についてなどを話す機会ってないのでもしかしたらまだ難しいのかもしれません。


でも、わたしとは落ち着いて日々の出来事で自分が感じた事、絵本を読んだあとはどんな話だったのか、どうしてこういう展開になったのか、娘なりの意見を話してくれるんです。だから英語でも、、、と思ってしまうのだけれど、プライベートレッスンやwebレッスンで先生がそういう話を聞き出そうとしてくれるとすごく嫌がります。全然答えないし自分がやりたいことばかりをやりたがる!


娘に取って英語で表現することは難しいのかな?とも思いますが、少しずつごっこ遊びをしながらも先生達と落ち着いて会話する時間を作っていけたらいいなぁと思っています。


いつもは読み聞かせが大好きな娘ですが先生方に本を読んでもらうことでさえすごく嫌がるので(もっと遊びたい!)、先生といるときは特別な思いがあるのかもしれないな〜。


プライベートレッスン、今後もいろいろ試してみようと思います!



冬休みの様子



12月はwebレッスン27コマ、プライベートレッスン10時間、ウィンタースクール2日、そしてお友達と2日間遊びました。ほぼ毎日わたし以外の誰かと英語を話す時間が取れたのはありがたかったですね。1月は3日からwebレッスン開始しました♪


冬休み前半は習い事もお休みに入り少しのんびりできていたのですが、クリスマスあたりはパーティーやらお友達と遊ぶ予定やらで結局バタバタ


楽しんだけれど、英語のワークや読み聞かせの時間は減っていました〜


年が明けてからは少し落ち着いてのんびりした日々を送れたかな。

そんな感じで冬休みは案の定あっという間に終了唯一Diaryだけは続けていましたよ。実家へ帰省中も持参して書いていました。えらいぞ〜!


あぁ、長期休みのあとは日常に戻るのがつらい〜!!子供と一緒にずーっと過ごすのも大変なときがあるけれど(ご飯の用意とか。汗)、やっぱり休みは自由で良いですね。がんばりましょうー。

今年の目標 

あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします



さっそくですが、去年立てた目標を振り返ってみます^^

会話力を磨きたい。英語で会話する機会をたくさん作っていきたい。今はとりあえず言いたい事を言えるレベルだからもっと自分の気持ちを掘り下げて表現できるようにしていきたい。


海外で生の英語に触れる機会を作ってあげたい


自分読みが少し始まったので、読みの取り組みを毎日続けたい。


ワークに取り組む習慣をつける(できれば朝食後)




最初の3つはある程度目標達成できたかなと思います。
会話する機会は英語で遊ぶお友達を始め、サマースクール、ウィンタースクール、プライベートレッスン、webレッスン、グアム旅行などがありました。特に去年は夏休み明けから本格的にwebレッスンを始めたのも大きかったし、英語で遊ぶお友達も少しずつ増えてきて遊ぶ機会が大幅にUPしました。みなさんお付き合いいただき本当にありがとうございました。


自分読みは1年前から始まったんですよね〜。去年1年間は自分読みが大きく成長したとは言い難いですが、それでも自分で読む事に抵抗がなくなり、読みたいものは自分で読む姿が良くみられるようになりました。読んでいる本のレベルは300〜500語程度のものが多くそこからなかなか成長しないのですが、今の娘にはちょうどいいレベルじゃないかと思っています。あとは中身が成長するにつれて読むものも変わってくるんじゃないかな〜と期待^^


ワークは残念ながら取り組むことが習慣にはなりませんでした。机においてあればやるけれど、毎日ではないかな。2〜3日に1回ペースでわたしも付き添いながら続けています。ワークは英語育児のおまけ程度でいいかな〜と思ってます。そんなんだから軌道にのらないのかも?(笑)


そして目標にはありませんでしたが、ちょうど1年前から書きにも力を入れ始めたんですよね。毎日何かしら書こうと思って細々と続けていました。が!!夏休み明けに先生にプレゼントいただいた日記帳が娘の中で大ヒットで、実は自分読みよりも書きのほうが伸びた1年だったんですね。今では日記はすっかり定着し、スペル間違えはありますが自分で書いています。



ではでは今年の目標は〜?



娘に聞いたら「ことしはDiaryをたくさんかきたい」と言っていました。ということで、ライティングは日記頼りです^^絵も字も書くのは好きみたいだからもしかしたらこの1年、意外と伸びるかも!?


自分読みは今まで通り自分が読みたいと思った本を読み、素敵な本にたくさん出会ってほしい。チャプターブックに進んで欲しいとか、そういうことよりももっともっと自分で読む事を楽しんで欲しいです。なので今まで以上に娘の興味のあるものや好きなものにアンテナを張り巡らせていかなきゃですね。


スピーキングは、、、目標といえるような目標はなく、とにかく出来る事を続けるってことですね。プライベートレッスン、webレッスン、英語のお友達と遊ぶ時間、これらはただの娯楽だから頑張らなきゃと思う事はなに1つないのですが、時間がある限り今できることをやっていきたいですね。スピーキングってとにかくたくさんの人と話すに限ると思っているわたし。去年1年はレッスンで特に対策をとる事もなく、ただただ遊んでたくさん話をする時間を作ってきました。プライベートレッスンの先生には娘の言いたい事を正しい英語で言い直してもらったり、発音で聞きづらいものがあれば直してもらったりお願いしましたが、あとはずっと自由遊び!毎回テーマを決めてレッスンをするのも良いけれど、娘の興味がなければその場限りになってしまう。たまには良いんですけどね〜、でも今は自分の言いたい事を自由に話す時間のほうが大事かなと思うし、今年も引き続き自由に遊んでもらえればと思います。放っておいてもおままごとして、制作して、絵本を読んで、日記を書いて、先生とめいいっぱい遊びますからね!!お友達のみなさん、今年もたくさん遊びましょう!!!

※追記
スピーキングについて特に対策はないと書きましたが、大事な事を忘れていました。いまのプライベートレッスンの先生は娘の間違えをサラッと訂正し、それを細かくメモしてわたしに伝えてくれるのですが、実際これが出来る先生がなかなかいないんですよね。友達みたいに話相手になってくれる先生はたくさんいるけれど、相性が良く、英語ネイティブで、文法にも強く、日本語もできる先生っていない。日本語ができる先生というのはわたしにとって必要なことです。先生のメモには娘の間違えの指摘とともに、わたしに分かりやすく日本語でも説明が書いてあります。分かりにくい語彙などには例文まで付けてくれているし、本当に親切。先生がいるからこそ、スピーキングに対してはノー対策でいけるし、webレッスンでは「ただ話し相手になってくれるだけで良い」と気楽に思えるのですね。先生には感謝してもしきれないなぁ。そして先生がいなくなった後の娘の英語、やっぱり不安です。。。


ということで、みなさま今年もどうぞよろしくお願いいたします


みなさまにとっても良い一年となりますように♡
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク