日本語の絵本

英語の時間が増えるに連れて気になるのは日本語です。
最近はプライベートレッスンやwebレッスンの時間が増えたので、家での会話は日本語を強化しています。幼稚園へ向かう道や家で一緒にお料理するときにはいろいろな言葉を織り交ぜて話すように、また娘からの質問には丁寧に答えるように心がけています。


最近読み聞かせした本


エルマーのぼうけん 3冊セット (世界傑作童話シリーズ)エルマーのぼうけん 3冊セット (世界傑作童話シリーズ)
(1993/12/01)
ルース・スタイルス・ガネット

商品詳細を見る



ヘレン・ケラー (伝記絵本ライブラリー)ヘレン・ケラー (伝記絵本ライブラリー)
(2006/03/01)
武鹿 悦子

商品詳細を見る



たんたのたんけん (新しい日本の幼年童話 1)たんたのたんけん (新しい日本の幼年童話 1)
(1971/04/13)
中川 李枝子

商品詳細を見る



おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)
(1974/11/01)
古田 足日

商品詳細を見る



もりのへなそうる (福音館創作童話シリーズ)もりのへなそうる (福音館創作童話シリーズ)
(1971/12/01)
わたなべ しげお

商品詳細を見る



100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
(1977/10/19)
佐野 洋子

商品詳細を見る




娘が自分で読んだ本


おばけなんてないさ (せなけいこのえ・ほ・ん)おばけなんてないさ (せなけいこのえ・ほ・ん)
(2009/07)
槇 みのり、峯 陽 他

商品詳細を見る



りんごがたべたいねずみくん (ねずみくんの小さな絵本)りんごがたべたいねずみくん (ねずみくんの小さな絵本)
(2004/03)
なかえ よしを

商品詳細を見る




ころわんは おにいちゃんころわんは おにいちゃん
(1986/03/01)
間所 ひさこ

商品詳細を見る




日本語の本だとずいぶん難易度の高いものまで楽しめるようになってきました。同い年の子がどのくらいの本を読んでいるのか知らないのですが(そういえば幼稚園のママと子供が読んでいる本の話なんてしたことないな〜^^;)年相応なかんじでしょうか。日本語の絵本だとわたしも娘の質問に答えてあげることができるし、理解しやすいのでしょうね。


逆に自分で読む本だと英語の方がスラスラ読むし、読む体力もついてきたように思えます。日本語の本についてはまだ自然に任せておこうかなそのかわり、読み聞かせは今まで通り頑張ります


その他、日本語のことで気になるのは会話の中に英単語が混ざる事です。お友達と会話しているときに英語が混ざる事はないのですが、わたしと会話しているときはときどき混ざります。例えばエアコンのことを「エアーコンディショナー」、家族のことを「ファミリー」、コップを「グラス」、辞書を「ディクショナリー」、妖精を「フェアリー」、お姫様を「プリンセス」など。これは日本語の中で使っても通じるかな?これはさすがに通じないだろう、などいろいろ考えながら正しい日本語で言い返して訂正しています。



スピーキングが伸びる時期

いま、娘のスピーキングがすごく伸びている気がします。
周りのママからも嬉しいお言葉をいただくことが増えてきたので、わたしの勘違いではないはず。。


キッカケはなに?やっぱりサマースクール?と言われるけれど、サマースクール+夏休み中の海外旅行+英語のお友達と遊んだ+読みが始まったなどの相乗効果じゃないかな〜と思います。


サマースクールも海外旅行も大きな刺激があったに違いないけれど、残念ながら会話する機会はほとんどなかったのでソコで鍛えられたわけじゃないんですよね。でもこれらの刺激が良かったのかもしれないな〜とぼんやり思っています。


スピーキングって伸ばそうと思ってもなかなか伸ばせるものじゃないので、伸びている時期に思いきりやってみようと思い、11月はプライベートレッスン週2+webレッスン週3でお願いする事にしました。


プライベートレッスンもwebレッスンも「スピーキングが落ちているから何とかしてほしい!」というときに限って先生とスケジュールが合わないものなんですよね。どちらもレッスンがいつ取れなくなるかは分からないし、だからといって新しい先生もそう簡単には見つからない。


だから、先生のスケジュールが空いている「今」がやりどきだ〜!ということで、ちょっと頑張っちゃいます。


伸びている時にトコトンやってみて、その後落ちてくる事は想定内なのでどこまでそれを食い止められるか、作戦です〜〜〜



---



娘が英語を話す機会として、プライベートレッスン、webレッスン、家での会話(わたしは相づち程度ですが)、英語のお友達と遊ぶ事があるのですが、一番鍛えられるのはお友達と話す事だと思います。今日もインターに通うお友達と遊んだのですが、いつもの1/3くらいの会話量でした。先生方は娘の事を良く分かってくれているし合わせてくれる。だから何でも言いたい事が言えるんですよね。でもお友達とは、何かを交渉したりお友達の様子を伺ったりいろいろ葛藤しながらの会話になる。自分の思った通りにならないことも多いし、いつもとは違うことばかり起きる。そんな中での会話ってそう簡単なものではないし良い訓練になるなぁと思いました。ただでさえ、新しいお友達がいると積極的になれない娘ですが、今日はインターの他のお友達もたくさん公園にいてちょっと戸惑っていたようでした。


そんな娘といつも楽しく遊んでくれるお友達に感謝〜。お友達の通うインターには外国人のお友達も多いからか、その子の英語もまさにネイティブレベル。インターで流行っている子供同士の言葉とか意味のないかけ声とか(笑)娘はときどき理解できなかったようで意地けていました。でもそういうものもインターに通っている子供達だからこそ出てくる言葉。これらは日本語の幼稚園に通いつつ英語教育を受けている子供同士で集まっている時には聞く事のない言葉だったり雰囲気だったりするんですよね。そしてそれを柔軟に深く考えず受け入れる事ができるのは今の娘の年齢がギリギリかもしれない。


ちなみに、今日はわたしもネイティブのパパやママと会話する機会があったのですが撃沈でした。すっごい簡単な内容だっただろうけれど、それでもよく聞き取れなかった。あ〜。。。


でも、よく考えたらこういう機会があるってありがたい。子供と英語を始めたことでわたしも世界もどんどん広がっていく。おもしろいな〜。

webレッスン 娘のフリートークの様子

今日お会いしたお友達に娘のwebレッスンでのフリートークの様子について聞かれました。


webレッスンを始めたのは今年の春?だったかな?
なかなか起動にのらず(恥ずかしがって話さない、相性の良い先生と出会えない、など)やっと楽しくレッスンできるようになったのは夏休み明けから。


現在は週2回(各25分)受けていて、娘が先生とワークをやるのが好きなので2〜3枚会話を盛り上げるレベルの簡単なプリントをこちらで用意してやってもらっています。簡単なプリントなのでプリントを解くのは数分で終わってしまうのですが、先生がそのプリントの絵から会話を盛り上げてくださるのがありがたい^^


レッスンの様子ですが、娘は空気が読めないというかグイグイ自分のペースで進めてしまいます。今日も「weather」をテーマにプリントをしている最中に突然「knock,knock.」という娘。先生もピンっときたのか「Who's there?」とお決まりのセリフを言ってくれたのですがニコニコしながら「Nothing♪」とそっけない返事をする。そしてそのままWhere is Maisy?の仕掛け絵本を読み出し「Is Maisy in the house?」などの質問にさんざん答えさせたあと、本を読み終わったら「Water break time! Cheers!」と勝手に一息つくという、なんとも娘ペースのレッスンになるわけです。このスタイルのレッスンでイイなと思うのは、子供が主体のレッスンになるのでよく喋ること。今はスピーキングを鍛えたいので良いけれど、人としてもう少し相手の気持ちも考えて会話できるようになってほしいです(汗)


なので、テキストを順に進めるのが好きな先生などとは相性が悪いんですね。わたしはそういうまじめな先生が好きですが、娘は自分の小ネタにもほどよく付き合ってくれ、けれど自分の自由にもなりすぎず(ここがポイント!)対等でいられる先生を好みます。優し過ぎる先生はダメなんです。いくら空気が読めない娘とはいえ、娘の強引な性格を心底楽しんでくれる先生(あまり気にしない先生)とのレッスンがやはり楽しいみたいです。


娘もレッスンをとても楽しんでいるしレッスンの準備もわたしが慣れてきたので、来月はもう少し増やす予定。試しにやってみてスケジュール的に大丈夫そうなら継続してみようかなと思います。


発音をなんとかしたい!CD付き絵本を音読しよう!

最近気になっている発音。実は過去にもいろいろ試しているのですが、そのたびにスピーキングが落ちてきたり、読みに興味を持ち出して本読みを優先したくなったり、いつも中途半端で終わっていたんです。肝心なスピーキングが落ちてきたら発音どころじゃないですから(笑)

前回歌を歌ってみようという記事を書きましたが、それと平行して取り組んでいるのがCD付き絵本を使った朗読。以前は音に合わせてページをめくり絵を眺めるだけだったのが、今は自力読みができるのできちんと目で字を追いながらCDを聞くことができます。文字を見ながら正しい発音を聞き、それをマネしようとするのはすごく良い刺激になると思うんですよね。CDと同じタイミングで朗読するのはまだ難しそうですが、CDを聞いた後自分のペースで真似て読む事はできる。試しに500〜600語の絵本のCDを3〜4回かけ流して、1〜2回本を見ながら聞き読みしたあと読んでもらいました。CDと全く同じ綺麗な発音とまではいきませんが、やっぱりリズムやイントネーションが綺麗になりますね。

CD付き絵本ならどれでも良い気がしますが、できれば男性の朗読よりも女性の朗読を。そして作者が朗読しているものも雰囲気があって良いけれど、今回はきちんとプロが読んでくれているものを選んでいます。あとはあまり赤ちゃん向けの短い本ではなく、ある程度長さがあり(500〜800語)今の年齢で楽しめる本を選びました。発音強化のためなので1冊ずつじっくり取り組むつもりです。

今読んでいるのはこちら。

The Berenstain Bears' New Kitten Book and CD (I Can Read Book 1)The Berenstain Bears' New Kitten Book and CD (I Can Read Book 1)
(2011/10/25)
Jan Berenstain、Mike Berenstain 他

商品詳細を見る



この「I Can Read! 」のシリーズの朗読がわたしの好みです。レベルは1のものがだいたい7〜8分の朗読でちょうど良いです。


上のNew Kittenがしっかりリピートできるようになったら、これらのものも挑戦してみようかなと思っています。

Fancy Nancy Sees Stars Book and CD (I Can Read Book 1)Fancy Nancy Sees Stars Book and CD (I Can Read Book 1)
(2011/04/26)
Jane O'Connor

商品詳細を見る



Fancy Nancy at the Museum Book and CD (I Can Read Book 1)Fancy Nancy at the Museum Book and CD (I Can Read Book 1)
(2009/09/22)
Jane O'Connor

商品詳細を見る



そういえば、以前発音のプロの先生から「イントネーションとリズムを鍛えると1つ1つの単語の発音が多少曖昧でも綺麗に聞こえる」と教えてもらったことがあります。本の朗読が2〜3冊終えた頃、何か変化が出てくると良いなぁと思うのですけど。。。


あと自分のメモとしてこちらにも書いておきますが、先生から発音を注意された単語についてはそれらを使って文章を作り、それを読む練習をしようかな。毎回先生にチェックしてもらえば少しは直ってくるでしょう。


また報告します♪

発音をなんとかしたい!歌を歌おう!

娘の発音はわたしよりも流暢です。でも、2歳からの英語育児だからか?わたしの語りかけの影響か?耳がそんなに良くないのか?理由は分かりませんが発音がすごーく綺麗なわけではありません。


人の言った言葉をコピーすることが得意だし、お気に入りのアニメをかけ流ししているとTVを見ているのと同じくらい集中して聞いて楽しめたりするので、耳がすごく悪いというわけでもないと思うんですけどね。


プライベートレッスンの先生やwebレッスンの先生に聞くと「発音は悪くない。でも少し日本語英語かな。」なんて言われます


すごく良いわけじゃないけど、決して悪いわけじゃない。でも欲張りなわたしはせっかく小さい頃から英語を始めているのだし、もう少し発音をなんとかしたいなぁと思ってしまいます。発音はわたしの中では結構重要なんですよね。


で、いままでもいろいろ試してきました。音の出るカードやペンを買ってリピートして遊んでみたり、ジャズチャンツなど歌のCDをたくさんかけ流ししてみたり、わたしの語りかけを減らしてみたり、はたまたわたしの発音も指導してもらったり。


効果はあったのかな?うーん、正直あまり変化はなかった気がします


でもやっぱりまだ諦められないわたしが最近考えた作戦はこれ 歌を一緒に歌おうというもの。


歌のCDは今までもたくさんかけ流ししてきましたが、慣れ親しむことが出来れば良いという程度で「しっかり歌ってみよう!」という取り組みはしたことがありませんでした。それに自由に会話できることが最優先だったので歌よりも会話(お気に入りのアニメ)の音源をかけ流ししてきました。歌をたくさんかけ流ししたとしても娘自身が歌にどっぷりハマることはなかったんです。


でも今回「CDと一緒に(同じタイミングで)歌を歌おうよ!そうしたらもっと発音綺麗になるよ〜(ってハッキリ言っちゃった^^)」と提案するとすんなり乗ってきました。そして「わたし歌えるよ!」と楽しそうに披露してくれたんです。それで始めてわかったのですが、今まで声に出して歌っていなかっただけで結構歌えてるーー!!なんだ、歌に興味ないと思っていたけれどやっぱり耳には入っているのね  口に出して歌う事で何か変化はでてくるかな〜?ちょっと楽しみ。


娘の声を録音して聞かせてあげるのも良いかもしれない。何か気付いてくれるかしら



ちなみに、プライベートレッスンの先生に最近注意された発音。
whale
ring
chocolate
hurry
because
but
tulip

「先生の発音を真似て言ってみて」というとちゃんとマネできるみたいですけどね。「chocolate」の発音は特になかなか直りません。子供の発音はどんどん変わるから心配ないという話を良く聞くけれど、それでも一度悪くなったものがまた良くなったという話はなかなか聞かないので注意してみていきたいと思います。


絵本の音源を聞いてコピーしたり、好きなDVDのセリフをコピーしたり、そういうのも良いなぁと思うんですけどね。まだ難しいかなぁ。


そして、、、やっぱり一番効果があるのはわたしの語りかけをやめること。なんだろうな〜^^;

聞く、話す、読む、書く

今の娘は 聞く > 話す > 読む > 書く の順に成長しています。
webレッスンでも先生の評価は「聞く」が一番良く、「話す」「読む」が次、そしてまだほとんど評価が付かないのが「書く」です。

実際、「書く」については文字を写す事はできるけれど、自分で発音からイメージして書いたりすることはできません。今やっているワークでも問題文に「○○の文字を書きましょう」と指示があるものや、フォニックスを使って最初の文字を書く問題しかありません。日記を書く時も娘が文章を作ったものをわたしが文字にして、それを写して完成させています。

でも「cat」とか「dog」とか本当に良く出てくる単語についてはそろそろ書けるんじゃないかな?今は日記を付けることで「書く」ということが定着しつつあるだけで十分かなぁと思っています。


「書く」についてはお友達と遊ぶたびに皆が文字をサラサラ書いているのでそれも良い刺激になっていますね〜。お友達と一緒のときは皆に教えてもらいながら何か書いています。


皆、もう物語とか書いちゃってるし、自分で書きたい事をどんどん文章にできるのですごいな〜と感心するばかり。そんなすごいお友達に囲まれていても、あまり引け目を感じていないというか、気付いていない(?)能天気な娘です

Diary 台風

数日前から日記を書き始めました。
もう2週間くらい続いているかな?

内容は娘が考えていますが、まだ自分で書ける単語はごくわずか。なので娘の言葉をわたしが紙に書き、それを娘が日記帳に写しています。


幼稚園や習い事へ行っただけの日などは何も書きませんが、お友達と遊んだ日、お出かけした日などは日記をつけています。娘自身、「今日楽しかった事を忘れたくない」という思いが強いんですよね。


せっかくいろいろなところへ出かけてもわたしは特に記録していないので、あとで親子の良い思い出になると良いなぁと思っています


最近の日記はこちら。台風の日の様子です。
Dear Diary,
My friends and I were not going to school today. I was watching television with Daddy. There was a storm today. When the storm was gone, I went to the Doctor. Because I had a cold.

October 16th, 2013





日記を書き始めたとき、スペースを上手に空ける事ができませんでした。これは良く使われている方法ですが次の単語を書くときに指を一本置いてスペースを空けるように教えてあげたらすぐに直りました。あと気になったのは字の汚さ 小文字の「h」と「n」が分かりづらかったり、「t」がちょっと角度がズレて「×」のように見えたりと、日記を書くたびにどんどん汚くなってる???


文法が間違えていたりするのはそのうち直ると思うんですよね。でも字を上手に書くことはできれば早い時期から意識して欲しい。字の癖ってなかなか直らないですから


だからといって書くたびに注意すると嫌がられるので考えたのが「どちらが綺麗?どちらが正しい字?ゲーム」。ルールは簡単。「n」と「h」を書いてどちらが「h?」と当てさせたりするだけなんですが、子供自身に自分の間違えや似ている単語に気付かせることができて、結構効果がありました ぜひお試しを^^

(4歳10ヶ月)スピーキング

夏休み前にガクンと落ちたスピーキング、夏休み中にサマースクールの効果などで少し上がったものの、夏休みが終わったらプライベートレッスンも1ヶ月お休みに入ってしまい、また少しずつ落ち始めたんですよね。。。

ところが、今月プライベートレッスンが復活して娘の英語を聞いてみたら、あら??思ったよりもキープできているかも!!娘のスピーキングがどんなときに上がるのか、上がった後どうすればキープできるのかを今までイマイチ把握できていなかったのだけれど、今回は何が効果的だったのかちゃんと記録しておこうと思いますー。


わたしが思うスピーキングがキープできている理由は、


DVDの時間を増やした事。
webレッスンを週2回入れた事。


かなぁと思っています。
幼稚園が始まるとDVDの時間がなかなか取れなかったのですが、夏休み後は意識して朝、午後、夜と15〜30分ずつ見せるようにしました。そして、今までwebレッスンと言ってもただ25分こなすのに精一杯だったのだけれど、このごろは最初から集中してワーク、その後フリートークもできるようになり、本当の意味で起動にのってきたのも良かったと思いますこれならプライベートレッスンにはもちろん劣るけれど十分やる意味がある


あとは今月はお友達と遊ぶ時間も多かったこと、プライベートレッスンが再開したことなど、やっぱり英語を口にする時間がたくさんあった事がよかったんでしょうね〜。


いやいや、わたしだってスピーキングを鍛えるには話す機会をたくさん作るのが大事っていうのはよ〜く分かっているつもりです。家ではわたしもできるだけ話し相手になれるように頑張っていたんですよ。でも、そろそろわたしじゃぁ力不足だし、プライベートレッスンも週1回で十分と思っていたけれど、これだけじゃ足りないのかもしれません。週に何回か、英語をじっくり口にする機会がわたし以外に必要なんじゃないかな〜?webレッスン、週2回から週3回くらいにしてみようかしら??


この辺りは英語ができるパパママとは違うかもしれませんね。英語ができたらもっと会話を膨らませる事ができるだろうし、今必要な英語も会話の中で組み込んであげれるかもしれませんが、わたしは返事をしたりいつも同じ会話しかできません。


ふぅ〜。どんなに頑張っても全然娘に追いつかない 努力が足りないのね〜きっと



どのくらいスピーキング力を身につけて欲しいか、これは各家庭で求めるレベルが違いますよね。わたしは周りのお友達が基準です。インター小に進む事が決まっていて英語が優位なお友達、日本語の幼稚園に通っていても家庭で英語環境をきちんと整えているためとても流暢に英語を話すお友達と今仲良くさせていただいているのですが、そのお友達とこれからもずっと仲良くしていけるだけのスピーキング力をつけてあげたいなぁと思っています。



お友達には読み書きの面でも本当に良い影響をもらっています。周りのお友達が読み書きを自然にしている姿を見て「これが普通、できて普通」という感覚が娘の中に芽生えていると思うんですよね〜。だから自分ももっと書いたり読めたりできるようにないりたい!と言います。頑張れがんばれ〜

Clifford Phonics Fun Pack5

昨日、今日と天気が悪くてずっと家にこもりっぱなしでした
DVDを見たり、アイロンビーンズで遊んだり、本を読んだり。。。
せっかく気持ちのいい季節なのだしもっと外で遊ばせてあげたいんですけどねお友達との予定が入っている日に限って雨が降り延期になってしまいます。


こういう日の英語の取り組みはワーク、DVD、絵本の読みが中心になりますね〜
娘は半年前から少しずつ自分で絵本を読むようになってきたのですが、ここ1〜2ヶ月で更に読みがスムーズになってきたように思います。


というのも、今日「Clifford Phonics FunのPack5(12冊)」を一気読みしたのですが、実はこの本1ヶ月前には全然読めなかったんです。知らない単語も多かったし、それを推測して読む事もできなかった。そして文章が長くなるので(250〜300語)その見た目にも圧倒されてしまっていた気がします。


それが急に読めるようになっていて驚きました。


同じ300語程度の絵本でもORTとかだと読みやすい気がしますが、娘にとってClifford Phonics FunのPack5はちょっとした壁でしたね〜 これ以上先に進むのは厳しいなぁと思ったのでRaz-Kids(現在レベルF)、ORT(現在ステージ6)も先に進むのはやめて過去に何度も読んだ簡単な絵本を本棚に並べておきました。


そうするうちにいつの間にかpack5が読めるようになっていたんです。「読み」「書き」は目に見えて成長が分かるので嬉しいですね〜。


そうそう、読みが始まるとスピーキングが落ちる、発音が悪くなる、という話を聞いた事があるのですが、娘にはまだそれは感じません。今月は何回か英語のお友達と遊ぶ機会があったのですが、その様子を見る限りは会話で不自由をしていたようには見えなかったし、お友達の影響で話すスピードも少し上がってきたんじゃないかなぁそして、本を読む事とお友達と遊ぶ事の相乗効果で語彙も増えてきている気がします。


「英語で楽しく話せる」ことが一番の目標なので読み書きも進めつつ、特に「話す」機会はたくさん作ってあげたいなぁと思っています






はじめまして

はじめまして。

ルロです。
娘が2歳のころから英語育児をはじめました。

2歳から3歳までは絵本の読み聞かせ、英語のDVD、語りかけ、かけ流しを中心に。
4歳から自力読みが始まり、ワークブックやwebレッスンも始めました。

少しずつ過去も振り返りながら娘の成長を記録していけたら良いなぁと思っています。
よろしくお願いします^^
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク