やり抜く力

娘は少し難しいことにぶつかったとき、すぐに自信をなくして「できない。。。」となってしまいます。やり抜く事ができず、諦めてしまうんですね。


できない、できないと言うようになったのは3歳ごろから。そのころ参加していた親子サークルでママと子供がボールを投げ合う遊びをしていたとき、1度でもボールを取り損ねると大騒ぎでした。泣いてその後はもう絶対にやらない。また、たとえ上手にボールをキャッチできていたとしても自分の思うようにできなかったときも大激怒していました。


公園で遊んでいても「ブランコ自分でこいでごらん〜!あ、出来そうだね!上手にできてるよ〜。」と褒めても「違う!!できてない!」と怒ってしまうし、時にはわざとブランコから転げ落ちたりして「ブランコに座る事も一人でできない!!」と大騒ぎします。



「できない」と言ってショボンと落ち込んだり、「ママ手伝って〜」と助けを求めたり、または失敗自体をあまり気にしないとかではなく、とにかく怒るんですよね。本人は「自分自身に頭にきて自分に怒ってるの。」と言いますが、一緒にいるとやはり良い気分ではありません。


それに大抵は自分で「ママ、わたしこれやってみたい。(鉄棒とかお友達に手紙を書くとか)」と娘が言い出した事をわたしが応援しているだけなのに、「やってみたら出来なかった!」と言って怒るので「ママがやりなさいって言ったわけじゃないよ。そんなに怒るならやらなきゃよかったんじゃない?」とわたしも怒ってしまいます。


本人は上手にやりたい気持ちが強く、上手にできる自分の姿を思い浮かべているのでしょうね。それが思い通りにいかないのが悔しいのだと思います。こういうときは「できなくても良いんだよ。ママだってできないことたくさんある。上手にできるようになりたいなら練習する?嫌なら今日は止めてもいいんだよ。」といくら優しく言っても聞く耳を持ってくれません。


再度挑戦したり練習してみたり、清く諦めるわけでもなく、とにかく怒るので、見ていると本当に疲れます。。。こういうときどうしたら良いのか未だに良く分からないし、今後やり抜く子に育てていくにはどうしたら良いのか悩みます。


本当に自信がないんですよね。小さい頃、できるだけ褒めて育ててきたつもりなんですけどね〜。でもどこかで周りと比べることをわたしがしていたのかもしれません。わたしが見る限りは娘は何でもそこそこできているんですよ。だから、多少思った通りにできないことがあっても、もう少し妥協したり諦めたりしても良いのにな、、、と思ってしまいます。


---


マイナスなことばかりズラズラ書いてしまいましたが、最近「なるほどなー」と思ったのは、娘はすぐに投げ出しがちですが、実はできるようになるときは急にできるようになるんですね。まるでどこかで隠れて練習でもしていたかのよう^^


先日も「ピアノが両手で弾けない」と怒り、全く練習をしなくなってしまったのですが、1週間後急に夜10時に電子ピアノを弾き始めたかと思ったら最後まで完璧に弾けるようになっていました。ひらがなもそう。今まであんなに字を書く事を嫌がっていたのに急にわたしの助けなくお友達に手紙を書けるようになっていました。


親はもっと大らかな気持ちで子供を見守っていかなければいけませんね。今後は「これやってみたら?」などとすすめる事は極力控えようと思います。本人がやりたくなるのを待つ!!


出来なくて泣いたり怒ったりしていてもあまり口出しせず、悔しいね〜と共感したあとは放っておいても良いのかもしれない。でも、出来るようになったときに大いに褒めてあげて自信を持たせてあげたいです。挑戦して成功する事の楽しさを知ってほしいな〜。


もう少し成長して「頑張って皆に褒めてもらいたい!」「○○なりたいから頑張りたい」など良い目標ができるとより頑張れると思うのだけれど、今の娘は回りが見えていないので自分自身との戦いってかんじです^^


来週は幼稚園の面談があります。
良い話が聞けるといいな〜。

今週読んだ本(11/25〜12/1)

11/25〜12/1の一週間で読んだ本です。



↓こちら↓から10冊読み、先週の分と合わせて全15冊読み終えました。Folk & Fairy Tale Easy Readersの本はいつの間にかスラスラ読めるようになっていました。300語前後の本ばかりですが、適度に同じフレーズの繰り返しもあるので読みやすいです。CDもお借りしてかけ流ししています。

Folk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young ReadersFolk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young Readers
(2009/02)
Violet Findley、Kama Einhorn 他

商品詳細を見る




D.W.'s Perfect Present (Arthur)D.W.'s Perfect Present (Arthur)
(2004/10/06)
Marc Brown

商品詳細を見る



My Visit with Periwinkle (Blue's Clues Ready-To-Read)My Visit with Periwinkle (Blue's Clues Ready-To-Read)
(2003/03/01)
Alison Inches

商品詳細を見る



Glasses for D.W. (Step into Reading)Glasses for D.W. (Step into Reading)
(1996/06/11)
Marc Brown

商品詳細を見る



Diego Saves the Tree Frogs (Go, Diego, Go! Ready-to-Read)Diego Saves the Tree Frogs (Go, Diego, Go! Ready-to-Read)
(2006/08/29)
不明

商品詳細を見る



Go, Baby Jaguar! (Go, Diego, Go! Ready-to-Read)Go, Baby Jaguar! (Go, Diego, Go! Ready-to-Read)
(2007/01/09)
不明

商品詳細を見る



I Can Do It! (Sesame Street) (Step into Reading)I Can Do It! (Sesame Street) (Step into Reading)
(2011/07/26)
Sarah Albee

商品詳細を見る




この一週間ははあまり背伸びせずスラスラ読める本ばかりをチョイスしました!

発話記録&11月のレッスン ※追記あり

今日、先生に娘の発音が綺麗になった事、発話がスムーズになったことを褒めていただきました。また、先日お友達とスカイプで遊んだ時も、尊敬するママさんから「娘さんの英語はわたしも使わない言い回しを使う事もあって、『あ、この言い方ドラマで聞いた事ある!』と思うフレーズもあったわ。プライベートレッスンの効果が出ているわね!」と褒めていただけたのもとても嬉しかったです。


たしかに短いフレーズでもなんとなくその場に合った英語がサッと出るようになった気もする。webレッスンの先生から先日いただいたコメントでも「○○ did a great job this lesson. Her English level is so advanced that she is able to make jokes, which is very high skilled for her age. 」と言っていただけたし、正直わたしには良く分からないのだけれど、いま発話が伸びている時期なのだと思います。


わたしも「おっ!」と思った発話をたま〜に記録しています。「1、2回使っただけだし、これだけじゃ本当に使いこなせているとは限らないわ。」と思う事もありますが、あとでブログを読み返してみると意外とその場限りではなく、子供はその後も小難しい言い方を自分のものにしていたりするんですよね。大人でもそうですが、聞いて理解できる言葉でも、それら全てを自分のものとして使いこなせるわけじゃない。さまざまな場面でそれらの言葉に出会い、自分のものになったときに口から出るものだと思うんです。ましてや4歳の子供なんて頭に浮かんだ言葉をそのまま口に出しているだけだろうから、口から出た言葉というのはそれだけ理解も深まっていると思っています。


間違えも多々あるのですが、娘の言った言葉をそのまま書きます。この言い回しはわたしはサラッと言えないな〜と思った英語をメモしてみました。(正)の英文は先生に訂正していただいたものです。参考までに^^


力を合わせよう
Let's team work.(正 Let's practice team work.)

このコアラ、プレゼント持ってるよ。
Koara who has a present.(正 The Koara has a present.)
 
まだ終わってないけどね。
Not quite finished yet.(正 I'm not quite finished with it yet.)

本物のナッツじゃないよ。
They are pretend nuts.

たぶんそんな感じかな。
Maybe kind of like that.(正 Maybe I said it kind of like that.)

ルルちゃんのこと、どんなに好きか分かる?
Do you know how much I love LuLu-chan?

先生も「ないしょ」って言ってたよ。
Even my teacher said "secret".(正 Even my teacher said it was a secret.)

これちょうど欲しかったの!大切にするわ!
This is just what I wanted.
I'll keep it forever.

わたしは虫歯ないもん。
I haven't had a single less of cavity.(正 I haven't had a single cavity.)

だからプリキュア好きなんだ〜!
I like プリキュア. That's why!

ジャズダンスのエネルギーを保つ為に寝るわ!
I'm sleeping to save energy for Jazz practice.

(怒っている時になげやりな感じで)どうでもいいよ。。。
Whatever.

(この絵センス良いね!と言ったら)うーん、そうかな^^
Well...kind of.

これ、わたしのお気に入りのバックだったんだ〜!
This used to be my favorite bag.

カナダへ行った事ないよ。
I've never been to Canada.

(DVDで虹が出てきたとき)わたしは本物の虹を見た事あるんだから!
I’ve seen a real rainbow.



---



11月のレッスンは少し多めに取りました。
娘がwebレッスンが楽しくなり「毎日先生と話したい!」と主人に交渉して了解をもらったこと、また発話が伸びていると感じた時期だったのでプライベートレッスンも多めにしていただきました。


合計すると
webレッスン20コマ
プライベートレッスン10時間

、、、でした。


毎日とはいきませんが、今月は何日かお友達とも遊んだので(スカイプ/お出かけ)それらも入れると結構英語率が高い月でしたね〜。


発話を伸ばしたい!と思った時にお気に入りの先生のレッスんが取れるかどうか分からないし、お友達との予定も合わない事もある。だから伸ばせる時に、また先生やお友達と予定の合う時に、たまにはこうして強化月間を設けていきたいと思います。


来月は初のウィンタースクールへ参加する予定


相性が良ければ、来年のサマースクールもそちらでお世話になろうと思っています。今回はその下見も兼ねての参加です

最近読んだ本

あぁ〜、ここ1ヶ月、Raz-kidsの存在を忘れていました(汗)今日は忘れずに読んでもらおう〜と「Raz-Kids」と書いたメモをパソコンに貼っていたら、娘が自分でメモを見つけて久しぶりに遊んでいました^^字が読めて良かった瞬間


Raz-kidsはサボりぎみでしたが自力読みをまったくしていなかったわけではなく、一応本は毎日少なからず読んでいました。本人自ら読む事もありましたが、大抵はわたしに「ねぇねぇ、ちょっと読んでみて〜」と言われて読んでいましたねぇ。まだまだ自分で読むのが楽しくて仕方がない!というわけではなさそうです。


読みに関しては、「この本、面白くて読みだしたら止まらない!」という本にいつか出会えたら良いなぁと思っています。でもその前に自分である程度読めるようになっていないと楽しめないと思うので、それまでは何とかアレコレ工夫して読む練習をしていかなきゃなぁと思ってて。子供が「練習させられてる!」と感じてしまうと拒否反応が出るだろうから、そうならぬよう楽しく盛り上げていけたらいいんですけどね。今は新しい本、何度も読んでるお気に入りの本、簡単な本、少し長い本など、子供の興味のある本を中心に手の届く所に常に置いておくように心がけています。


読み聞かせが好きな子は自分で本を読むのも好きになる、と先輩ママさんが言っていたので、小さい頃は頑張ってたくさん読み聞かせしていたし、こんなに毎日読み聞かせしているのだから我が娘ももれなく自分でたくさん本を読む子になるだろうと安心していましたが、そんなに甘くないですね(笑)


最近は読み聞かせと自力読みって別物のように感じています。


読み聞かせさえしていれば自然に読めるようになるわけではないんですよね。まずはある程度自分で文字を読めるようにしてあげなきゃいけない。その後、本を読むのが好きになるかどうかは「本との出会い」次第なんじゃないでしょうか。こんなに本が楽しいならもっと読みたい!自分の好きなときに好きなだけ読みたい!そう思える本との出会いがあるかどうか。特別好きな世界観があったり、好奇心が強いかどうかも関係しているかもしれません。


出会い方によっては漫画しか読まなくなるだろうし、たくさん読むように競争させたりするとサササッと目を通すだけでじっくり本と向き合わなくなることだってあると思います。


たくさん読む方が「なんかスゴイ!カッコいい!」って思ってしまうけれど、ただの時間つぶしに流し読みするのであれば、1つの本をじっくり読み、その後いろいろなことを感じて考えてくれたほうが嬉しいな。


---


この1週間で娘が自分で読んだ本を記録しておきます。

Clifford Phonics Fun 6から1冊

Clifford's Phonics Fun 6Clifford's Phonics Fun 6
(2003/08)
不明

商品詳細を見る


Folk & Fairy Tale Easy Readersより4冊

Folk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young ReadersFolk & Fairy Tale Easy Readers: 15 Classic Stories That Are Just Right for Young Readers
(2009/02)
Violet Findley、Kama Einhorn 他

商品詳細を見る




My Visit with Periwinkle (Blue's Clues Ready-To-Read)My Visit with Periwinkle (Blue's Clues Ready-To-Read)
(2003/03/01)
Alison Inches

商品詳細を見る



Dear ZooDear Zoo
(2012/11/08)
Rod Campbell

商品詳細を見る




See You Later, Alligator! (Activity Books)See You Later, Alligator! (Activity Books)
(2004/09)
Annie Kubler

商品詳細を見る


Amelia BedeliaのFirst〜シリーズは800語くらいあるのかな?結構長かったです。

Amelia Bedelia's First Apple PieAmelia Bedelia's First Apple Pie
(2010/07/27)
Herman Parish

商品詳細を見る


同じ本が見つからなかったのだけれどSnow whiteのもっと簡単な本だと思います^^

Snow White and the Seven Dwarfs (Disney Princess) (Little Golden Book)Snow White and the Seven Dwarfs (Disney Princess) (Little Golden Book)
(2003/09/23)
RH Disney

商品詳細を見る




The Great Toy Escape (Disney/Pixar Toy Story) (Step into Reading)The Great Toy Escape (Disney/Pixar Toy Story) (Step into Reading)
(2010/05/04)
Kitty Richards

商品詳細を見る




Me Too, Woody! (Step into Reading)Me Too, Woody! (Step into Reading)
(2002/01/22)
RH Disney、Heidi Kilgras 他

商品詳細を見る




これらのレベルの本を1日2〜3冊読みました。

18日、19日、20日の取り組み

毎日平日はバタバタして「はぁ、今日は何をしてたんだろう。」と思う毎日。今からこんなんで娘が小学生になったらどうなっちゃうのかしら。


18日の取り組み
娘8時起床。9時に幼稚園へ行き、15時少し前に帰宅。
パズル、レゴ、ボール、ピアノの練習、料理、日本語ワークなどをやる。

かけ流し  Doc McStuffins(DVDの音源)、Fancy Nancy(朗読)
DVD    Care Bere(15分)
読み聞かせ Pinkalicious(5冊)、他2冊
自力読み  300語のものを1冊

22時就寝



19日の取り組み
娘8時起床。9時に幼稚園へ行き、14時に帰宅。
お絵描き、日本語ワーク、日記を書く、プライベートレッスン2時間。

かけ流し  昨日読んだ本の朗読CDかけ流し
DVD     Peep and the big wide world(30分)
読み聞かせ Curious George、他3冊
自力読み  300語のものを3冊

22時就寝


20日の取り組み
娘8時起床。9時に幼稚園へ行き、12時半に帰宅。14時から16時までお友達と遊ぶ約束だったのでその前に本2冊読み聞かせ。プライベートレッスン2時間。夕飯後にwebレッスン25分。(プライベートレッスン、webレッスン共に先生が先週お休みだったので少し多めの1週間でした)

かけ流し  Doc McStuffins(DVDの音源)、昨日読んだ本の朗読CD
DVD     なし
読み聞かせ 4冊
自力読み  300語のものを1冊

22時就寝


我が家は幼稚園から帰宅して着替え片付けおやつタイムに1時間、夕ご飯に1時間、お風呂に1時間、時間が必要になるので夜はあっという間です。あと寝る前の読み聞かせに30分は必須になります。娘は夜にものすごく強くて、寝かしつけしなければいつまででも起きていられます。とにかく寝るのが嫌いみたいです。。。

わたしが「時間が足りない!」と思う理由って何だろう?と考えてみたのですが、娘と一緒に読みたい本がたくさんあるのにそれらをゆっくり見ている時間がない、というのが一番の理由かな。子供がゆっくり本を眺める時間だって欲しい。

もっとゆったりした気持ちで思う存分本に触れる時間が欲しいです。
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク