スペルの確認/辞書引き

娘が日記を書き始めた頃、「単語のスペルがわからないとき、子供自身で調べるにはどうしたらいいんだろう?」とずっと思っていました。娘は「こんな文章を書きたい。発音はわかるけどスペルがわからない。」という場合が多かったんです。


大人だったら日本語から和英辞典を引いて調べることができますが、娘は日本語を英語に変換して文章を作っているわけではありませんし、子供自身で調べるときに何か他にいい方法はないのかなぁ、とずっと思っていました。


以前、こんな記事を書いたことがありますが、、、
単語の綴りを確認するときに使っているアプリ/辞書引き



その記事に書いた「自分で音を予測して"sound out"といってある程度のスペルを自分で考えて辞典を引く」というやり方が今、すごく役立っています。


娘はライティングのワークや英語の日記で綴りのわからない単語を調べるときは、この"sound out"をしながら辞書で調べているのですが、続けるうちに辞書を引くスピードも上がってきたし、綴りの確認以外にも例文を読んだり、意味を確認したり、辞書そのものに慣れてきたかんじ。


精読をするときにも分からない単語はいくつか辞書を見比べて調べているので、辞書が引けるようになって色々と幅が広がった気がします。


使っている辞書はこちらの2つ。




SCHOLASTIC Children's Dictionaryは有名ですね^^大きいし、単語の意味が簡単な英語で書かれているので子供でもわかりやすいようです。ハードカバーでしっかりしていて、重要単語には例文もあり、絵や写真も豊富なのが魅力!


LONGMAN ACTIVE STUDY DICTIONARYは、最近使い始めたのですが、こちらわたし個人的には上のSCHOLASTIC Children's Dictionaryよりも気に入っています。小振りで持ち歩きやすいこと、ハードカバーではないところがわたしには扱いやすいです。説明文もSCHOLASTIC Children's Dictionaryと同じくわかりやすいし、例文が多いのも良い!精読のときに単語の意味や例文を調べるのですが、そのときにLONGMANを参考に書き写すことが多いです。娘の場合、単語の説明文を読んでも理解できないときでも例文を読めば「あ〜、、」となんとなくわかることが多く役立っています。絵や写真もSCHOLASTIC Children's Dictionaryほどではありませんが載っています。



辞書は2つくらい持っていると比べられていいですね!

学校の宿題さまさまです

娘は小学校への入学に何の期待もありませんでした。
知っているお友達がいない小学校への入学、不安ばかりが大きく毎晩泣いていましたし、ランドセルを買うのもやっとでしたから。。。


そんな娘が一番楽しみにしていたのはなんと「宿題」



理由は「自分の部屋で一人で宿題をするって、なんかお姉さんみたいだから!!!」だそうです(笑)


初めて宿題をもらってきた日は、それはそれは嬉しそうでした。「ママ、ぜったい入ってこないでね!」と自分の部屋にこもり、一人で終わらせていました。我が家では娘の好きな宿題は後回し。まず家庭学習用のプリントを終わらせて、最後にやるのが「お楽しみ」の宿題です^^


まぁ、今の宿題は国語の教科書の音読、ひらがなのなぞり、算数は数の合成などですから^^ 量も少ないし「宿題が好き!」なんて言っていられるのいまだけでしょう。


それでも、楽しみにしていた宿題の威力はものすごいです。担任の先生が結構自由にやらせてくれるので、音読も自宅の音読プリントを読んでいっても良いし、変に周りの子と競争させないのもありがたい。


それとクラスのお友達の中には学校で初めてひらがなを習う子もいるんですね。そういうお子さんは宿題をやるのも精一杯のようなんです。そんなお友達を見て「自分が宿題を一人でできるのは今まで家で頑張っていたからなんだ!」と気づいたようで、家庭学習もよりやる意味を理解して頑張れるようになりました。


---


先月の運動会で徒競走がビリだった娘。それはそれは悔しかったようで、家では号泣。。。その後、家では縄跳び、ストレッチ、スクワット、スタートの練習、腕の振り方などなど、外に出る用事があるときだけですが、一緒に練習しています。


とにかく、かけっこも勉強もトップで目立つのは嫌、でもビリも嫌な娘なので(笑)、勉強も「自分だけできないのは嫌」みたいなんですね。なので程よく回りに刺激をもらって頑張っています。

運動なんてダイキライ!

娘は体育が嫌い。特別運動音痴というわけでもないのに、いつものごとく「自分の中の基準よりもできないから嫌い!」なんですって。


なので先日「今日明日の2日間はスポーツテストをするので授業はありません!」という先生の言葉に教室は「ウォー!」と盛り上がったようですが、娘一人「勉強の方が良かった、、、勉強のほうが好きなのに!」と言ったそうな。


腹筋のテストもあるというので家で練習したんですけどね。。。1度もできず。それでも本番では1回できたというので「すごいじゃない!!!本番に強いのね!!!」とすごーく褒めたのですが「ううん、皆は10回以上できてたから。。。」と言われちゃいました



---


娘があんまり運動が嫌い!と言うので、小さい頃体育大好きだったわたしの血が騒ぎました(笑)そんなに言うならこれから猛特訓よ!


でも運動は自己流でやると体を痛めることもあるのでこんな本を購入♪♪






「体幹バランストレーニング」の本には「ゴールデンエイジ(主に小学生にあたる年齢の子供たち)の時期に子供の運動神経が著しく成長するため、この間にどれくらい多くの神経回路をつくれるかで大人になったときのさまざまな動きに差が現れてくる」とあります。ストレッチ、体幹トレーニング、バランストレーニングが紹介されていて、インナーマッスルを強化するメニューなのですぐに見た目の筋肉の変化などはなさそうですが、1ヶ月もすると体のキレなどの変化が出てくるとのことどれも家の中でできるトレーニングなので毎日寝る前に15分やってみようと思います!


「子どもの足を速くする!」の本では、子供がイメージしやすいイラストと写真で「速く走るコツ」が紹介されています。小学2年生の子供を主に対象に書かれている本なので子供にも分かりやすい!ここでも「子供の成長過程で自分の身体を思い通りに動かす能力が最も身につきやすく、正しいフォームをマスターしやすいのが、7〜9歳くらいのゴールデンエイジです。」と書いてあります。ちょうど娘の年齢から始めるのが良さそうですね!



これらのトレーニングを続ける事で少しは自信が持てるようになるかな?来年の運動会を目指して頑張ろうと思います
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
7歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク