FC2ブログ

英語育児は低学年まで。


我が家は英語育児にそこそこ熱心な方だったと思っています。


小さい頃から読み聞かせも、かけ流しも、動画の視聴も、多読も、とにかく効果がありそうだなと思うことは何でも試してきました。


小さい頃は、小学生になったら英語をどうやって伸ばしていこうとか、中学受験をするならば英語に力を入れている学校へ行かせたいとか、その後もずーっと英語中心の生活をしていくイメージをしていたのですが、


実際は、小学生になると親も子供もどんどん視野が広がって英語以外のことにも興味がでてきますから、いつまでも英語英語と言っているわけにはいかなくなるんですよね。


娘は英語をどんどん吸収して英語力を伸ばしていきましたから、それはそれは楽しい英語育児でしたが、そんな我が家であっても小学4年生になった今では英語育児から少し離れつつあります。


英語は今でも続けていますよ〜!
それは、もう娘の日常になっていますからから。


本を読んだり、朗読CDを聞いたり、洋画をみたりするのは娘一人でいくらでもできますし、ここまできたら、もう娘の中で英語が消えることは無いんじゃないかな?と思います。


スピーキングだけは娘だけではどうにも鍛えられませんから、webレッスン等で話す機会を作るようにしていますけどね。


ただ、いつまでも英語英語いっていられなくなるっていうのはどこのご家庭をみても同じように思いますね〜。


我が家は親が一緒になって英語育児をしていられたのは低学年まででした。


いつの間にか、わたしの手から離れていたというか、もう手助けを必要としなくなっていましたね。


わたしも徐々に娘の発音や話すスピードとか、読んでいる本などに関心が薄れていきました。


あとは娘次第だからもう見守るしかないな、といい意味で諦めがついた感じ。


親がどうこうできる時期は終わったんですよね。


寂しいけれど、気づかぬうちに卒業していました。


もし、このブログを読んでいるまだ低学年以下のお子さんをお持ちの方がいらっしゃいましたら、小学3年生くらいまでを目安に英語育児の計画を立てられることをお勧めします。


ご家庭によってどこまで英語力を伸ばすかは方針が異なるかと思いますが、低学年までに多読やライティングを身につけておくと親の手が離れたあとでも子供は苦労しないで済むと思いますよ♪


それには、就学前に多読とライティングの基礎を学んでおくともっと楽です。


多読だったら薄いチャプターブック(Magic tree houseなど)が楽しめるようになっているか、ライティングならサンタさんへ自分の言葉で100字程度のお手紙が書けるくらいまでになっているかどうかが目安になると思います。(就学前までに、です)


参考にしていただけると嬉しいです。


新たにハマっているシリーズ♪(洋書)

最近ハマっているシリーズをご紹介♡



「シークレットシリーズ」と「ウォーリアーズシリーズ」です。



ものすんごく面白いと言っていますが、買えば勉強が疎かになるのが目に見えていますから、敢えて続きは買わずにお預けとなっております(笑)






フッと思ったこと

中学受験を意識するようになって、受験の道のりは英語と似ているなと思うことが多々あります。


現時点で御三家を目指すような6年生のお子さん/親御さんのお話を伺うと、共通していることが1つ。


それは、お子さんたちはやるべきことを淡々とこなす力があり、親御さんたちは敢えて無機質に子供と向き合っている方が多い、ということ。


子供たちに勉強を強制することなく、あたかも子供が全ての主導権を握っているかのように導いているというか、仕向けているというか。


だからこそ、子供たちも「やらされている」のではなく「自ら望んで取り組む」ものとして、努力を続けられるのでしょうね。


ほんの一部の天才を除いて、やっぱりトップを突っ走る子というのはただただ努力を続けられる子だと思う。


親にできることは、子供の努力の邪魔をしないこと。


子供が甘えてしまような状況を敢えて作らない強い意志も親には必要なのですね。


目標があるのなら、親も覚悟を決めなければいけません。

ハリーポッターを日本語で?!

娘が今読んでいる本はこれ!



今までハリーポッターは全て英語で読み進めてきましたが、「ハリー・ポッターと呪いの子」は日本語版を読んでいます。


深い意味はないのですけどね〜


このごろは本が読めれば英語でも日本語でもどちらでも良いという娘なので、それじゃぁ「ハリー・ポッターと呪いの子」はママも読んでみたいし、日本語で読んでみよう〜という話になったのでした♪


最初は「ハリーポッターは英語の方が読みやすいかな〜。」と言っていた娘ですが、読み始めてしまえば英語も日本語も関係ないですね。


面白ければ読む!
ただそれだけです。

約2年ぶりのwebレッスンの評価

久しぶりにwebレッスンを再開しました。
調べてみたら約2年ぶり!


以前お世話になっていた先生にはもちろん、新しい先生のレッスンも取ってみたりして娘も楽しんでいます。


先日は受験仲間に教えてもらった新しい会社のレッスンも試してみました。


2年前は、発音のチェックをしてもらったりグラマーのワークを一緒にやったり、エッセイや日記のチェック、本の精読などなど、アカデミックな英語レッスンが多かったのですが、


今は娘がレッスンしている間はわたしもテレビドラマを見たりして(笑)完全に受験勉強の合間の気晴らしのレッスンとなっています。


回数的には月に3〜4回。


フリートークですから、ネイティブの先生でもフィリピンの先生でもとにかく娘の話し相手になってくれる先生なら誰でもOK!


webレッスンは、英語の口の筋肉が衰えない様に筋トレすることが一番の目的です。



昨日は2年前にお世話になっていた先生からレッスン後にとても嬉しいメッセージをいただきました。ずっと娘の成長を見守ってくださってる先生。2年前にもよく相談にのってもらったな〜!



お久しぶりです!お会いできてうれしかったです♪大きくなりましたね。しかも英語のレベルがかなり上がってます。前に比べて、詳細な説明(説明するための必要なボキャブラリーが増えたことも含め)が上手になったのと、1つ1つの文が長くなり、文法も上手になって、とぎれることなく川の流れのようになめらかになったと思います。接続詞も上手に使えてるので、さらに会話的になってスムーズになってます!どんどん質問をしても答えが早く、リスニングももちろん、考えて答える瞬発力がすごくなってます。1,2回過去形なとなるところが現在形になったかな?というところはありますが、会話に支障はありません。あと、日本人生徒のみんなに共通することですが、YesとNoが日本語仕様になっていました。詳しくは下記のサイトを御覧ください。すごく楽しくお話ができました。将来が楽しみですね♪またよろしくおねがいします。暑いので体調にお気をつけください。



最近は英語に触れる時間が激減していましたが、とりあえず最低限の英語力はキープできているようでホッとしました!


お友達からの「娘ちゃんの英語、普通だよ〜」のコメントもお世辞じゃなかったのね(笑)よかった〜!
プロフィール

ルロ

Author:ルロ
9歳の娘の成長記録を綴っています♡

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FCカウンター
検索フォーム
リンク